人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月24日(金)   曇り

金曜日。今シーズン最後の授業です。昨晩、Ensemble Musique d’Avanceと一緒のコンサートで丹波明氏の作品「ENNEA」を演奏したので、Bloisに泊まり。今はホテル。作曲家、丹波氏も昨日の午後のリハーサルから参加してくださり、演奏の最終チェックを。
しかし今週は地獄のような日程。20日(月)コンテンポラリーダンスの本番。21日(火)午前中Bloisで「ENNEA」のリハ(朝5時起きでBloisへ。)、午後、Bloisから帰ってきて駅からダンスのリハに直行。夜、弟子のレッスン。22日(水)午前、弟子のレッスン、夜ダンスの本番。23日(水)、午前中に家を出て午後、Bloisで「ENNEA」のリハ、18:00から丹波氏のコンサートのプレトークを聞き、コンサートは20:30より。「ENNEA」はプログラムの最後。
なんとかここまで切り抜けた。しかし、昨晩は本番で歌いながら、さすがに曲の最後の部分がつらくて。声がもう、うまくコントロールできない状態。それでもなんとか、なんとか切り抜けた。
そして、今日は午後から授業。頑張ります。
by chie_miko | 2016-06-24 17:21 | Spectacle | Comments(0)

6月18日(土)   晴れ時々曇り

昨日Bloisへの出勤の途中で書いた原稿を今アップします。

何が何だか分からなくなるくらいバタバタです。それでも13日(月)にBloisの生徒、EstherがBloisのConservatoireレベルの学校における、一番上のDiplome(DEM)を取れました。これは大変喜ばしいこと。Bloisの学校の歌のクラスは本当の先生、Anneの就任とともに始まって、やっと最初のDEMを取って卒業する生徒が現れた。先生としての経験の乏しい私だけれど、これでAnneに対しても多少顔向けができる。
そしてやっとSNCFのストが終わり、電車がノーマルに動くようになった。(ノーマル…あくまでフランスにおけるノーマルです。)こうなるとだんだんハードルが下がってきて、電車が遅れようがなんだろうが、動いてくれるだけでよい!と思えてきてしまう。
先週の金曜日は、いつものお昼過ぎからの授業のために、朝7:37発の電車に乗らねばならなかった。でも今日はもう大丈夫。9:26発の普段通りの電車に乗っています。
今日は普通授業ではなく、まずは早く来られる生徒の発声をみて、その後16:00から試験。一つ上のクラスに上がる試験なので、受験者は二人だけ。そのために外部から試験官を呼んで行われる。
その後は17:30からクラスの学年末の発表会。発表会の後は学校の玄関ホールでみんなで持ちよりアペリティフ。そして近くレストランでお食事会。今夜は伴奏助手のVeroniqueの家に泊めてもらいます。
by chie_miko | 2016-06-18 20:07 | 授業 | Comments(0)

6月8日(水)   晴れ

ストが続いている。明日もSNCFが間引き運転。このままだと明後日のBlois往復も大変になりそう。往きは仕方ない、早起きして行けばなんとかなるとしても、帰りがSt-Pierre des Corps経由でTGVに乗って帰ってくるしかなくなる。
3日のはずだったコンサートが23日(木)に延期になったというのも、ちょっと…。この週は、20日(月)と22日(水)がコンテンポラリーダンスとのコラボの本番。その間の21日(火)は朝5時起きでBloisに行きリハーサル。22日(水)にダンスの本番が終わり、23日(木)の再びBloisに午前中に出発して、午後のゲネプロに突入。そして夜コンサート。その晩Bloisに泊まって翌24日(金)に今シーズン最後の授業をして、夜遅くParisに帰ってくる…、という予定。信じられないような予定になってしまった。
24日の夜、どんな状態で家に帰ってくるのか自分の様子が全く想像できない…。
by chie_miko | 2016-06-09 04:07 | Comments(0)

6月3日(金)   曇り時々小雨

今日はBloisで本番のはずだった…本当は…。昨日の朝Blois入りしてリハをして泊まり、今日の朝ゲネ、今夜本番、再び泊まって明日の土曜日に、金曜日に本番でできなかったレッスンをしてParisに帰ってくるはずだった…本当は…。
昨日の朝、5時起きをしてストでも動くと表示されていた電車に乗ってBloisに出発。どちらにしても午前中のリハに間に合う電車はこれしかない。
ここのところ雨が降り続き、フランス国内のあちこちで河川が増水し、洪水になっているところがあるのは知っていたけれど、私はストのニュースにばかり気を取られていた。電車はAusterlitz駅から時間通りに出発。それはよかったのだけれど、すぐさま徐行運転。動いたり止まったり。
線路の下をくぐる通路が潅水しており、人や車に特別に線路を横断させていたらしい。その後、Orléansの近くのLes Aubraisを過ぎてBloisまでの間、Loire河の増水のためずっと徐行運転。結局予定より1時間遅れでBloisに着いた。
Conservatoireに行くと、学長のJean-Claudeが待ち構えていて、「Chieko、せっかくParisから来てもらって申し訳ないけど、今日の練習は中止で、明日のコンサートも延期することになった。」と。
Loire河の増水により、OrléansとBlois間の高速道路は潅水して通行止めだし、Loireに掛けられている橋は軒並み通行止めになっているそうな。県庁のほうから、「とりあえず来週の月曜日まで学校は閉鎖。」というお達しがあったという。たまたまJean-Claudeの家からConservatoireまでは大丈夫だけれど、先生方もほとんど来られないし、事務所のメンバーも半分だけだった。
Jean-Claudeと私の予定を合わせて延期するコンサートの日にちの候補をあげ、彼とクラリネットの先生のGhislainが手分けして、アンサンブルのメンバーに電話連絡。みんなの予定を合わせた結果、23日(木)と決まった。
さて、今度は果たして私がParisに帰れるのか ???という問題。Paris行の電車はストのせいで17時59分まで無い。Loire河の増水の様子によってはそれも動かなくなるかもしれない。
「もし、どうしても帰れないようだったら僕の両親の家に泊めてあげるから連絡して。」とGhislain。彼自身も家に帰れずに、学校のすぐ近くに住んでいるご両親のところにいる。
帰りの電車、少し遅れたけれどちゃんと帰ってこられました。
by chie_miko | 2016-06-04 04:56 | Comments(0)

6月1日(水)   曇り時々雨

スト、スト、スト…。ここのところBloisとの往復の多い日々で、かなり面倒くさい。既に先月19日にDortort氏の作品を歌った日もSNCFストだった。それでも昔と違って、前日にはどの電車が動くかがネットに情報がアップされるので、それなりに対策が立てられる。
明後日、3日(金)のコンサートのリハ―サルのため、明日の朝早くBloisに行く予定。乗るはずの7時37分の電車が動かないようなら、今夜のうちにBloisに入るつもりだった。でも電車が動いてくれるので明日の朝出発でOK。一安心。
いつまで続くのかわからないこのストライキ、原子力発電所まで出力を落とすと言っている。どこまで、どうなるんだろう…。
by chie_miko | 2016-06-02 05:48 | Comments(0)