人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

8月30日(月)  Futuroscope I  曇りのち晴れ

27日(金)~29日(日)、Poitierの近くにあるFuturoscope(www.futuroscope.com)に万貴と二人で行ってきました。万貴はトゥレーヌ甲南の中学の時に一度、学校行事として日帰りで行ったことがある。「また行きた~い!!!」と何度も申告されていた。私もとても興味があったので、「きちんと大学入学が決まったら…。」という約束のもと、今回は夏前の早い時期にたまたま「ホテル2泊+入場券2日分+ホテルでのディナー1回」という条件でのプロモーションを見つけた。
Futuroscopeとは簡単に言うと、最新科学技術を使った3Dなどの映像を中心としたテーマパーク。いわゆる遊園地の類とはちょっと違う。
27日は朝7時20分のTGVでPoitierまで。二日間バッチリかけて主要な部分を絶対に全部周ろう!と、早起きして出掛ける。FuturoscopeというTGVの駅もあるのだけれど、あまりに本数が少ないので、Poitierからバス(30分くらい。)で行くことに。10時前にはホテルに着いて、まだお部屋に入れないながらも、荷物だけ預けてすぐにFuturoscopeへ。
「さ~て。どこから?」「一番奥から。」時間ごとに入場が区切られている館の様子を見ながら、まずは今年新しい映像の、画家ゴッホをテーマにした映画(30分)を観に。丸くなった天井全体がスクリーンになっており、Auvers sur Oiseの麦畑などがとても綺麗。
それから別の館の、やはり大画面で、5年前にルイジアナ州を襲った大ハリケーンの話を中心に自然保護を訴える映画(25分)を観る。
f0042370_241997.jpg次に観た3Dでの世界の海の底の映像(25分)はとにかく美しくて。Filmが始まる前に観客が待っている部屋には小さなスクリーンがたくさんあって、3Dではないものの、深海にいる魚や生物の映像を音楽と共に流している。このFuturoscope、どの館に行っても、待っている間にお客さんを退屈させない工夫がいっぱい。展示があったり、科学技術を映像でわかりやすく説明したり。過激なものに関しては注意事項を何度も流す。
3Dのメガネを掛け、海中へ。透明な小さなクラゲがたくさん出てくると、思わず掴みたくなったり、口元に出てきた時には「フ~ッ」と吹きたくなったり。イカがえさを捕まえているところなどは、こちらに向いて、まさにイカロケットが飛んでくる感じ。これ、結構迫力。
お昼をゆっくり食べた後、今度はサンテグジュペリがやっていたAeropostaleという航空便の郵便会社での実話の映画(40分)。チリとアルゼンチンの間の高山地帯の映像が大画面で。
その後、今度は闇の世界を体験(20分)。目の不自由な人たちがここで、お客さんを闇の世界へ案内している。ここだけは寄付の意味で別にお金を払う。それなりの人数がそろったところで真っ暗な部屋へ。歩いて前に進みながら、それぞれの部屋で視覚以外の感覚を使う。ちゃんとガイドされているので危ない事が無いのはわかっているのだけれど、足を一歩踏み出すのに何と勇気のいること…。ここの入場料は、盲目の人たちに色を識別する機械を配るのに使われている。ここでの体験、なんだかとっても心に触れた。
まだまだ先は長いのですが、今回はここまで。また続きを書きます。
by chie_miko | 2010-08-31 02:05 | 旅行 | Comments(0)

8月24日(火)   晴れ時々曇り

22日(日)のお昼、RegisとLaika、そして3月に生まれたLorrisの新居で、Sarahと彼氏のFrederique(3歳の長女、Louiseはお祖母ちゃんのところに行っていて欠席。)、Faustinと長男のRaphael、私の計8人でお食事会をしました。
子供が生まれてから初めてのVacancesをToulouseのLaikaの実家で過ごしたRegisたち。今回はToulouse地方の名物とも言える鴨料理でした。食べ物にしろ飲み物にしろ、やたらとこだわりまくるRegis。昼間だって言うのにアペリティフの白ワインから始まって、アントレのための白ワイン、メインの鴨料理のための赤ワイン、チーズのための赤ワイン…計4本を開けた。(そして空けた!)
お料理もワインも美味しかったです。Vacances前にはSarahの家に集まったし、今回はRegisの新居。次は我が家です。いつにするかはまだわからないけれど、我が家での場合は日本料理だし、それでもいつもはワインと合わせるのだけれど、今度は今回日本から持ってきた日本酒と焼酎、それにこちらの日本食料品店でエビスビールでも買ってきて、徹底して洋酒抜き!って言うのもいいかな、と考えています。
by chie_miko | 2010-08-25 04:47 | お食事 | Comments(0)

8月21日(土)   晴れ

19日(木)の夕方、1カ月ぶりにParisに帰ってきました。時差ぼけだ~。何故か日本に行く時にはほとんど感じないのに、こちらに戻ってくると駄目。Parisはずっと気温も低く、天気もすっきりしない日が続いていたらしいけれど、少なくとも木曜日からはずっと天気が良く、気温も今日は30度まで上がっている。私が熊谷から暑さを持ってきてしまった?
f0042370_5172055.jpg

こちらに帰ってくる直前、17日(火)に、「三鷹の森ジブリ美術館」に行ってきました。もちろんひとりで。何故? RegisとLaikaにまだ出産祝いをしてなくて。宮崎作品の大好きな彼らに何かプレゼントを見つけようと思ったからです。
夏休みのこんな時期、ものすごく混んでいるのに違いない…。わかってたけど、時間は限られているし…。とにかく人がいっぱいでゆっくり見学するどころではなかった。でも私が美術館に行った理由は「お買い物」。
f0042370_5181829.jpg
Regis家への贈り物と、ついでにSarahの娘、Louiseにもちっちゃなネコバスのぬいぐるみを買う。私もジブリが大好きだから、いつかまた、もっと空いていそうな時期にもう一度行きたいです。
by chie_miko | 2010-08-22 05:19 | Comments(0)

8月18日(水)   晴れ

8月16日、送り盆でお墓に行くついでに、夕方、ご先祖様の作品である、妻沼の聖天山歓喜院に行ってきました。国の重要文化財に指定されている本堂の、8年前から続いている修復工事もかなり進み、ほぼオリジナルの姿を見せている。
f0042370_22343875.jpg
修復工事のためのチャリティーコンサートなどもしていたので、修復の様子を毎夏、日本に来るたびに見学していたけれど、今は取り外されて別に修復されていた部分なども元に戻され、素晴らしくなっている。5月後半~6月初に日本にいた万貴も「日本で観に行ってごらんよ、凄いよ~。」と言っていたけれど、本当に。
f0042370_22352454.jpg
しかしまあ、暑くて暑くて。それでも、もう数日で裏側の囲いを作り始めてしまうので、ここを逃すともう外側の彫刻を上から下まで一気に眺めることができなくなってしまう。
今日も写真をアップするので見てください。
by chie_miko | 2010-08-18 22:37 | 熊谷 | Comments(2)

8月16日(月)   晴れ

例年8月の第二土曜日の夜は熊谷の花火大会。今年は14日でした。この日、日本ではNOVAの語学学生の私は、夕方池袋のNOVAへ。夜7時過ぎに熊谷駅に帰って来た。駅に着いて吃驚!前に着いた電車から降りた人たちがまだホームに溜まっている。電車から降りられないんじゃないかと思うくらいにいっぱい。
確か昨年も同じような時間に熊谷駅に帰って来たような。でもここまで混んではいなかった。花火大会は7時から。大混雑なホームの上では、近くの荒川で打ち上げられている花火の「ド~ン!!!」という音が響き渡っているのに、ホームの屋根と新幹線の高架線に遮られ、花火自体は全く見えず。なかなか前に進まない人の渦の中で、さぞかしみんなイライラしているんじゃないか、と。
やっとの思いで駅を出て家へ。帰ってみたら父親がいない。花火を観に河原までいっちゃった?携帯に電話すると、「もうすぐ着くゾ~!」お祭りやら、花火やらになると血が騒いでじっとしていられない父親。元気なのはなによりなのですが…。
私は家の、父親が気を利かせて簾をはずしていってくれた5階の窓から花火を眺めておりました。
by chie_miko | 2010-08-16 13:48 | 熊谷 | Comments(2)

8月12日(木)   雨のち曇り

一晩泊まりで軽井沢に住む、叔母の直子さんのところに行ってきました。過去3年間。コンサートをアレンジしてもらったり、公私ともにお世話になりっぱなし。彼女は軽井沢の追分で「ぎゃらりぃ青」を経営。冬は閉めてしまうけれど、シーズン中はいろいろな展示会をやっている。
f0042370_22224256.jpg
偶然昨年も今年も、ガラスを使ってオブジェや実際に使える器などを制作する佐藤万里子さんの展示会を拝見することになった。都内でも年に何度も展示会が行われるガラスのアーティスト。オブジェは、日常生活の中で誰でも普通に使っているようなものをモチーフにしたものが多い。器にはプラチナが焼きこんであったりして、もちろん実際に使えるものではあるけれど、あまりに綺麗なので飾っておきたいような…。(飾るにしても場所を選ぶよね…。)
f0042370_22253888.jpg
ガラスという素材と夏の軽井沢というイメージが重なって、とてもすがすがしく心地よい美しさ。万里子さんにお願いして作品の写真を撮らせていただいたので、ちょっとだけアップしてみました。
by chie_miko | 2010-08-12 22:28 | Comments(0)

8月7日(土)   晴れ

今日も美味しそうなお写真を。
f0042370_21515215.jpg

木曜日の夜はピアニストの明日香ちゃんと一緒に、原宿の八丈島料理のお店「はっとり」へ。
f0042370_21523166.jpg
ここの明日葉のてんぷらを「どうしても食べたい!!!」という明日香のリクエスト。
f0042370_2153863.jpg
前日の五反田「かづ」と同じく、おまかせコースで。
f0042370_21544420.jpg
二日間美食、飽食の世界…。いいんです。またしばらくは粗食で過ごすから。
by chie_miko | 2010-08-07 21:55 | お食事 | Comments(0)

8月6日(金)   晴れ

f0042370_2014428.jpg
一昨日は高校時代からの友人、薫子さんと五反田の割烹「かづ」へ。
f0042370_20152486.jpg
薫子さんとは日本に帰ってくると必ず会う。彼女は神楽坂に住んでいるので、食事をするのに良いお店は家の近くにたくさんある。
f0042370_20172475.jpg
いつもは薫子さんにお店を選んでもらうのだけれど、今回は我儘を言って五反田に呼び出した。
美味しかったよ~。
f0042370_20193723.jpg
今日は珍しく「かづ」のお料理の写真がいっぱいです。
f0042370_20203235.jpg

by chie_miko | 2010-08-06 20:22 | お食事 | Comments(0)

8月3日(火)   曇り時々晴れ

熊谷の家の居間のクーラーが10日ほど前からずっと壊れていて、昨日やっと直った。「この暑い熊谷で…。」それぞれの寝室にはクーラーがあるし、2階の事務所は当然日中は冷房をしている。でも居間でご飯を食べている時はめちゃ暑かった…。
ちょうど私が山根さんと合わせのため東京に行っており、熊谷で夕立が終わった後に帰ったとき、例によってひどい夕立だったようで、2度停電したそう。2度目に電気が消えた後、クーラーがフンともスンとも言わなくなった。てっきりクーラー自体が壊れたものと思い込み、月曜日の朝、知り合いの設備会社に父が電話をした。(父親は建築家なのでそっち方面の知り合いが多く、話が通じやすい。)この時期、みんなとても忙しいらしく、3日待たされ。やっとプロに来てもらい見てもらったところ、問題はクーラー自体ではなく、もっと中の配線だそうで。翌日別の会社の人が来たけれどそれでも駄目で、翌日また別のところから別の人が。やっとそこで駄目になった配線の方の部品?を注文することになり、そしてやっと昨日。
私は(父親も)てっきり、最初はクーラーが駄目になったと思って、かなり喜んだ。だって居間のクーラー、かなり古いものなので使い勝手も良くないし、電力の消費量だってとても多いに決まってる。「やった、これで新しくなる!」
結局のところ古いクーラーがそのまま、再び取りつけられた。とりあえず涼しく過ごせるけど…。
写真はありません。
by chie_miko | 2010-08-03 22:19 | 熊谷 | Comments(0)