人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1月30日(水)   曇り

Foot話題です。Auxerre、リーグ戦でとうとうレッドゾーンに入ってしまった…。でも今年のL1、上の方も下の方も大したポイント差が無く、一勝しただけでどうひっくり返るか判らない状態。もちろん他のチームの勝敗にもよるし。まったく、カップ戦で勝っていながら一番大切なリーグ戦でコケてるのもねぇ。Faustinなんてカップ戦で2度ともSt-EtienneがAuxerreに負けてるからって、「へっ、カップ戦二つとも優勝していながら二部リーグに落ちるって、前代未聞だろ?」と憎まれ口をきいている。(これ、「どうせカップ戦でも優勝できないんだから、さっさとリーグに集中したら?」という凄いイヤミ!)
それからここのところの話題では私の大好きなDF、BoumsongがLyonと3年間の契約にサイン。Auxerreを離れてスコットランド、イングランドを経て、ここ数年SerieのJuventusで飼い殺し状態だった。(試合には出してもらえないけれど、良い選手なので他所に移籍はさせたくない…こういう事ってよくあるらしいけど。)Lyonが必死でJuventusにアプローチしたらしくやっと移籍が実現。フランスに帰ってきた。この週末から試合に出るそうなので、またどこかで会えるかも。
先週からCAN(Coupe d’Afrique des Nations)も始まっていて、相変わらずCote d’Ivoire、Senegal、CamerounなどはL1在籍か以前L1に居り、今は他のヨーロッパのビッグチームに在籍中の選手が多いので、できるだけTV観戦してます。Cote d’Ivoireはグループリーグ突破。Senegalはちょっと駄目みたいだけど、Camerounは今日の試合にかかってる。(Senegalは結果が思わしくないので大会中に代表監督の首が飛んだ。)CANを放映しているeurosportのコマーシャルも楽しかったりして。CAN話題、また書くかもしれません。
by chie_miko | 2008-01-30 18:52 | Foot | Comments(0)

1月27日(日)   曇り

昨晩は「Parisの私のお母さん」と言っても良いくらいお世話になっていながら、ここ何年も(5年くらいかな?)ず~っとご無沙汰していた「なみさん」と久々に会い、一緒にいつものセネガル料理「Le Petit Dakar」でお食事しました。なみさん、Parisのパンテオンの近くで「My Room」という小さなスナックをやっていた。飲めるし食べられるお店。随分昔からあって、何度足を運んだことか…。Parisに私よりも以前からいる人たちに連れて行ってもらったり、音楽家の友人たちと一緒に行ったり…。悲しい事、辛い事があったときなど、いつもなみさんに叱咤激励されて。
お店にもしばらく行ってなくて、「なみさん、どうしてるかなぁ?」と思っていたところ、先週、突然なみさんから留守電にメッセージが。吃驚したぁ。すぐに折り返し電話した。「My Room」は去年の9月に閉めたそう。「もう歳だから…。」 ???なみさんが歳だなんてとんでもない !!! しかし何よりも驚いたのはなみさんの元のご主人、石井さん(料理人)がもう6年くらいGuadeloupeに住んでいて、日本レストランをやっているそう。「え~っ、何でGuadeloupeなの?」なみさん、石井さんと寄りを戻して(?)近々Guadeloupeに引っ越すそう。何てこと !!!!!
そんな話やら何やらで昨晩は女二人で、アルコール無しのまま思いっきり盛り上がりました。(彼女、飲まないのです。だから私も飲まなかった。)なみさんの事だもの、一度あちらに落ち着いたら、絶対また何かを始めるに間違い無し。(「歳だから…。」なんて嘘ばっかり!)全く、どういう巡り合わせなのか…。これだから世の中面白い。
by chie_miko | 2008-01-27 22:41 | Comments(0)

1月20日(日)   曇り

昨晩は再び荒木家に、今度はFaustinと長男のRaphaelと一緒にご招待いただきました。いやあ、美味しかった。前回、素晴らしい鴨料理をご馳走になったのですが、今回のメインはその改訂版。(前菜はトマトにサーモン入りタブレを詰めたようなもの…。きちんとした名前があるのかもしれないけれど、わからない…。ごめんなさい。)美味しい。Faustinも自分で料理をするのが好きなだけあって「美味しい!」っておかわりしてた。(日本人の繊細な感性、少しは感じてくれたかな?)好き嫌いがとても激しく、食べ物がいつもはとても難しいRaphaelが食べた !!! これには私は真剣に吃驚。最初はトマトを見て「NON !」。でもFaustinが「一口だけでもいいから食べなさい。」いつもはここで終わり。お魚だってマクドナルドのフィレオフィッシュ以外は食べない彼。「サーモンが入ってる…。」変な顔をしながら一口。「どう?美味いだろ?」「Oui。」鴨もそう。結局ちゃんと食べたよ。凄い。Bravoアラーキー !!!
荒木家の5歳のお嬢さん、朔子ちゃん。最初はちょっと恥ずかしがってたけど、そのうちRaphaelと一緒に遊びだした。(さすがにFaustinと話すのはちょっと気が引けてたみたい?)また、12歳になったばかりのRaphaelが年下の子の面倒を見るのがとっても上手で、途中から朔子嬢のお部屋に行ってずっと遊んであげてた。
私たちがお呼ばれしていた時間に遅れてしまったこともあるけれど、何だか時が経つのを忘れて盛り上がってしまって、おいとまするのがすっかり遅くなってしまいました。荒木家のみなさま、本当にいつもすみません。
あ、そうそう、アラーキーのお料理の写真はあえて載せません。アラーキーご本人が、ご自分のブログにアップされるでしょうから。
by chie_miko | 2008-01-21 01:02 | お食事 | Comments(2)

1月19日(土)   うす曇

f0042370_20551547.jpgアップが何気に遅れ気味ですが、16日、Auxerre/OM、Coupe de la Ligueの準々決勝のため、再びAuxerre詣をいたしました。L1で2部に落ちそうなギリギリラインにいるAuxerreですが、何故かカップ戦だけは勝ってる。「カップ戦は私が現れるから勝ってるけど、リーグ戦は私が姿を見せないから…。」と真剣に恨み言を言われておりますが。
OMメンバー11人のうちの3人が元Auxerreの選手。こちらとしては知り尽くしてる相手、と言えばそうだけど、OMはやはりビッグチーム。「どうかな?」と思っていたけど、Auxerreの選手たち、とても良い試合をしてくれました。「やればできるんじゃん!」
f0042370_20553383.jpg最後90分まで0-0できて、ロスタイムの1分、それも本当の最後にPedrettiがヘディングで決勝点。ドラマチックでした。誰もが「延長突入!」って思った矢先。OMの選手たちはもう頭が延長戦の方に行ってたんじゃないかな?
前週末、アウェイでBordeauxにボロ負けしたばかりで、監督も選手もとてもうれしかったみたい。例によってValentinの後をくっついてインタヴュー・ルームに居たら、監督のJean Fernandez、インタヴュー後、私の顔を見たとたんに「あ~、マスコットがいた~。チームの守り神。来てくれてありがとう。リーグ戦にも是非来てください。」と、握手をしながら何度も頭を下げて。恥ずかしかったですよ。まわりのジャーナリストもみんな私の事は知っているけど、いくらなんでも…ねぇ。
Coupe de la Ligueの準決勝は対PSG、それも敵の本拠地、Parc des Princes。徹底した内弁慶のAuxerre。それもParcでしょう?次はさすがに苦しいよね。
でもその前に、まずリーグ戦で勝たなきゃ…。マジでヤバイです。
写真はAuxerreとOMの選手たちと発炎筒を焚いているOMサポ。
by chie_miko | 2008-01-19 21:03 | Foot | Comments(0)

1月16日(水)   曇り

先日、Magali関係のつてでとてもインターナショナルに有名なZouk(Antilles系の音楽。)のグループ「Kassav」のイベントに行って来ました。Paris市が年の初めに催した公共機関にお勤めの人々を対照としたイベントで、全員ご招待。まずはParis市役所の中の職場の風景を映した短編映画から始まり、ドラノエ市長の挨拶、そして「Kassav」のミニ・コンサート…。招待客たち、もちろんオールカラー揃っていたけれど、東洋系が少なく、やはり絶対的にAntilles系が多かった。「Kassav」は私でさえ数枚CDを持っているくらいメジャーなグループ。日本ツアーも何度かしているはず。(日本ではフランス系Antillesはとってもマイナーだけれど、その中でほとんど唯一と言って良いくらいメジャー。)現在Antillesではそれぞれの島でCarnavalの真っ最中。連中も前日のコンサートを終えて飛行機の跳び乗り(8時間のフライトで5時間の時差。)、当日の朝Parisに着いたばかりだという。おまけにイベントが夜ではなく午後3時!という。ステージを見ていて、とってもプロフェッショナルなんだけど、やはり疲れは隠せない感あり。その晩はParis泊だったのかもしれないけれど、きっとすぐにAntillesにとんぼ返りでコンサートが続くんだろうな。大変。
「Kassav」は7月初めに今度は本当の彼らのコンサートでParisに来るけど、その時は行くかどうか…。(Gwo-kaの「Akiyo」とかだったら絶対に行きますよ。)でも、「Kassav」、一度聴けてよかった。いくら本調子ではなかったとはいえ、やたらと大きいBercyの体育館に発したエネルギーって凄かったもの。
そうそう、ステージの上、周りには鉢植えだったけど、トロピカルな森を再現する意味?で、バナナの木をはじめとしたトロピカルな植物がたくさん置いてありました。なかなか綺麗だった。
by chie_miko | 2008-01-16 19:25 | Spectacle | Comments(0)

1月13日(日)   うす曇

日本時間の金曜日の午後、母方の祖母(満105歳)が亡くなりました。2月3日の誕生日を迎えれば満106歳…、とういところでしたが。もう、どこが悪いというレベルではなくて、呼吸が苦しくなって酸素吸入して、点滴して…。自然に火が消えるように亡くなったようです。
小さい頃、両親の仕事がとても忙しい時は、熊谷市の郊外の方にある母親の実家にいつも預けられ、彼女が私の面倒をみていてくれました。(家にいても、いつも私と一緒にいてくれたのは父方の祖母でしたが。彼女は随分前に98歳で亡くなりました。)万貴が7歳前にほとんど日本語が出来ない状態で日本に行った時、この母方の祖母が万貴のために国語の教科書を読んでくれたり、昔話をしてくれたり…。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
by chie_miko | 2008-01-13 23:04 | Comments(4)

1月10日(木)   曇り

話が前後してしまいましたが、先日、久々に荒木家に万貴と一緒にお邪魔。グラン・シェフ、アラーキーのフランス料理をご馳走になりました。私の料理って、日本の田舎の家庭料理、それもかなり偏っていて、要するに私自身の食べたいものしか作らないわけだけど、アラーキーの料理って手をかけたフランス料理で、それも日本人特有の繊細な感性を生かした料理。いつもとても美味しい。
先日のメインで頂いた鴨料理なんて、すっご~く美味しかった。私が「これ美味しい!」と言おうと思った矢先、万貴が「すご~い!美味しくてほっぺたが落ちそう!」と。(万貴からこの表現が出たのにも吃驚したけど。)私としては「ちっ、先に言われてしまった…。」
Faustinの料理とか、Olivierの料理とか、みんなが美味しいものを作って食べさせてくれるのだけれど、この、余計なものをそぎ落としたような、シンプルでありながらもとても繊細で複雑な味って、アラーキーシェフ、素晴らしかったですよ。Faustinにはあえてこの話はしていません。余計な前触れ無しに、いきなりこういう味に遭遇したらどういう反応が出てくるか楽しみで。彼もあれだけこだわって、一生懸命に料理をする人だからこの味、絶対にわかると思う。
アラーキー、本当にご馳走さまでした。また次回もよろしく…ね。
by chie_miko | 2008-01-10 22:17 | お食事 | Comments(1)

1月8日(火)   曇り

f0042370_1571140.jpg珍しく娘と私、二人とも風邪を引き、熱を出していたりして更新が滞っていました。38度以上の熱でも一晩で下がるこの二人。万貴はまだちょっと咳が残っているものの、Lyon駅から電車に乗って、今日の午後Montpellierに帰っていきました。
さてさて5日(土)、話題のCoupe de France、Auxerre/St-Etienne観戦に行って来ました。(前日から軽く咳が始まっていたのに無理をして、いくら屋根の下だといっても寒くてジメジメしているStadeでの観戦で、一気に具合が悪くなったのは間違い無し。)今シーズン、リーグ戦では今のところどうしようもなく調子の悪いAuxerre。スタッフみんなが私を待ってました。
そしてもうひとつ!この試合、いつも私にご招待のチケットを取ってくれるチーム・マガジンの編集長ValentinがFrance3のTV放映の解説をすることに。前日に決まったそうで、本人もRadioの解説の経験はあるものの、TVは初めてでバタバタだったみたい。結局奥さまのPerrineが駅まで迎えに来てくれて、StadeではTVの解説者(Valentin)の隣で観戦してしまった…。当然、と~っても観やすい場所だし、おまけに脇にはカメラのモニター。本物のVIP待遇でした。
しかしまあ、みんなに「あ、来た~っ!今日は勝てる~っ!」と言われるのは真剣にプレッシャーですよ。揚句の果ては「もうParisに帰すな!Stadeの椅子に縛り付けておけ!」
勝ちましたよ、もちろん!延長戦だったけど。(へっ、へっ、へっ、Faustin残念だったね!)
今月16日はCoupe de la Ligueの準々決勝(対Marseille)。行く予定してます。もちろん勝ち続けて欲しいけど、リーグ戦も頑張らないと真剣に2部に落ちちゃうよ~。
by chie_miko | 2008-01-09 01:59 | Foot | Comments(0)

1月4日(金)   曇り

日本で叔父が亡くなりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
by chie_miko | 2008-01-04 21:00 | Comments(2)

1月2日(水)   晴れ

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


23日からParisに里帰りしているMakiが突然お腹をこわしたりして、けっこうドタバタな年末でしたが、年越しに招かれていたFaustinの弟のOlivier(叔父さんと一緒に住んでいる。)のところには無事に一緒に行く事ができました。
f0042370_21234872.jpg叔父さん自身はあまりお料理はしないらしいけど、OlivierはFaustinと競う素晴らしい料理人。どちらも「俺のほうが上手い!」と譲らない。Olivierの家もParisから一歩出た郊外だけれど、なんと、我が家の近くを通るバスに乗れば乗り換え無しで行けることを発見。道路が混むことを考えて早目に家を出たら、Olivierが仕事から戻る前に言えに着いてしまった…。Faustinも仕事だった(彼は元旦も仕事だった…病人は待ってくれない…。)けど、さすがに早く切り上げて夜8時くらいには現れた。島からちょうど出てきているFaustin兄弟の育ての親Michelleも、Faustinの長男Raphaelを連れて出掛けていて、少し遅れて現れた。
メニューはスモーク・サーモン、エスカルゴ、海老、フォワグラ、そしてメインはシャポン(食用として太らせる去勢鶏)。栗やプルーンを使ったソース。本当に良い料理人。(私はあえてFaustinとOlivierの腕の比較はしません。)万貴も立ち直ったばかりなのに美味しかったので、結構食べた!そのせいか、1日の朝は再び「お腹痛~い。」本来ならば元旦の昼食にもう一度Olivierのところに行くはずだったのに、結局お留守番。私は今度は羊料理を食べました。
写真はChapon。Olivierの作品。
by chie_miko | 2008-01-02 21:27 | お食事 | Comments(2)