人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2007年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

8月30日(木)   晴れ

f0042370_18191486.jpg28日、無事Parisに戻りました。無事戻ったんだけど、乗り継ぎのコペンハーゲンの空港で面白い事が…?
私は日本との往復は基本的にスカンジナビア航空を使います。(直行便と大きな飛行機が嫌いな私なので。)コペンハーゲンの空港も清潔だし。今回は貯まっていたマイレッジを使って往復したので帰りのコペンハーゲン~Paris間の飛行機を遅い方にまわされ、空港での待ち時間が4時間あった。ちょっと長い。飛行機がコペンハーゲンに着いて、フランスの携帯にスイッチを入れようとしたら何故かブロf0042370_18195653.jpg ックされていて自分の暗証番号が入れられない!一度スイッチを切ってまた入れなおして…、と何度かやったけど結果は一緒。「え~っ、どうして?」私の携帯はNOKIA。そしてここは北欧。何かわかるかも!と空港内の携帯電話を売っているお店に入って、できない英語で効いてみた。「あ、これはNOKIAのお店に行かなきゃ駄目。」と売店のお兄ちゃん。「そんなぁ…。」気を取り直してもう一軒の方にトライ。「これは飛行機の中で何かに押されてスイッチが入ったのに、長時間暗証番号を入れなかったから、セキュリティのためにブロックされちゃってます。購入した国のお店に身分証明書を持って行ってブロックをはずしてもらって。」と。さっそく翌日、携帯電話の契約をしているSFRに。「この電話番号に電話してはずしてもらって。でもね、それまではもう、できるだけいじらないように。あまりいろんなコードを試しすぎると元のチップがセキュリティのために破壊されますから。そうなるともう、どうにもできない。」「も、もう触りません!」家に帰って電話して。もう大丈夫。
写真はFaustin家の庭。上がトマト、下が洋ナシ。さくらんぼの時のように、相変わらず鳥や虫と追いかけっこしてるみたい。
by chie_miko | 2007-08-30 18:22 | Faustinとその仲間 | Comments(3)

8月27日(月)   晴れ

f0042370_224061.jpgうっふ、やっと荷物の整理も終わり、あとは明日Parisに帰るだけ。しかし数々のテロ事件のせいで機内持ち込み荷物の規制が厳しくなって、荷物を作るのの面倒くさい事…。自分の都合とは全く関係の無いところで手荷物と大きなスーツケースと別けねばならず。思いのほか時間がかかってしまった。
土曜日、再びさおりちゃんと八丈島料理「はっとり」でデート。小さなお店なので平日は会社帰りのサラリーマンでいっぱい。でもこの日は土曜日ということで予約無しで。今回もお任せ料理を注文。前回も美味しいわ、量も多いわで大満足だったけど、この日は前回の比では無かった!お刺身、焼き物、煮物…という日本料理のコースで、なんとワラサ(鰤の小さいの)のカマの煮付けが出てしまった!たかが3000円弱のコースで!私たち、ここでもうお腹もいっぱいになるし、精神的にもと~っても満足しちゃった。それでも天婦羅、島寿司って続いて、おまけに明日葉のお味噌汁まで出てきちゃって。美味しすぎて最後はふたりとも言葉も無くうなるばかり。特に私にとっては、いつもFaustinやOlivierがカマを食べているのをおあずけを喰らって横目で観ているだけなので、うれしくてうれしくて。思わず「Faustin、ざまあみろ!」などと抜かしながら食べてしまいました。幸せな、幸せな、幸せ~な夕べでした。
写真はもう周りを食べちゃった後のワラサのカマ。
by chie_miko | 2007-08-27 22:41 | お食事 | Comments(0)

8月24日(金)   晴れ

f0042370_16411214.jpg21日~23日、東京でやっていたセミナーも終わり、真剣にParisに帰る準備をしなければ…。「早くParisに帰りたい~!」(おとうさん、ごめんなさいです。)早く帰りたいけど、荷物を作るのはキライ。今年は既に、万貴宛てに救援物資?の小包を二つ送っているし、Faustin家宛てにも頼まれ物を送ったにもかかわらず、なんでこんなに荷物が多いんだろう。郵便局で特大の郵パックの箱を買ってきて、とりあえず送る荷物は作った。スッゲー重いの。お金かかるけど、飛行機の超過料金の事を考えれば送った方がはるかに安い。これで多分また1年間日本には帰ってこないわけだから、荷物が多くなるのは仕方ない…かな?
万貴の方、17日にやっと電話がついてネットも使えるようになった。これであちらからの連絡手段もできたし、ここのところもっぱらSkypeで話してる。日本(熊谷?)はこんなに暑いのにParisはいまひとつ気温が上がらず天気も悪いみたい。(さっきWebcamでFaustinが空の色を見せてくれました。)万貴のいるMontpellierは南だからお天気は良いみたいだけど、夜はちゃんと布団を掛けて寝ないと明け方は寒いって言ってた。下手したら20度近くある熊谷~Paris間の温度差に私の身体は耐えられるのだろうか…。
写真は郵便局で押した「あついぞ 熊谷」の公式キャラクター「あつべえ」スタンプ。
PS:熊谷市のHPからカラー版「あつべえ」壁紙がダウンロードできます。
by chie_miko | 2007-08-24 16:42 | 熊谷 | Comments(2)

8月20日(月)   晴れ

しかしあきもせず暑い。誰だ、今週から気温が下がる!などという嘘を言ったのは!!! さすがに38度にはならないものの、結局熊谷は毎日35度を超えてるじゃないかぁ。確かに毎年35度を超える日はかなりあるし、数日は37度、38度を超えるけど、ここまで毎日連続で35度を超え続けるっていうのも珍しいと思う。
今日は健康診断で熊谷市の保険センターに行った。家からそう遠くないのだけれど歩いている間の日差しの強いこと!40.9度の時といい、今日といい、眩しくて目を開けているのが大変。海辺でも山でもないのにサングラスが必要かも。
私が日本に帰ってくると、とっても頻繁に津田沼からレッスンに通ってくるかさねちゃん。この暑い中「暑いです~。」「溶けます~。」とか言いながら頑張って我が家に現れる。「熊谷の人って凄いですね、この暑いのにみんな帽子を被ったり日傘を差したりしてない…。なんだかあんまり暑そうにしてないし…。」かさね言。そう言われてみて、私も外を歩いてる時に周りを観察してみると確かに。(そう言う私も帽子無し、日傘無し。)そして先日、真剣に彼女が驚いたのが私の父親。心筋梗塞から復活した81歳が35度の中散歩に出掛ける。レッスン中に父親が「ちょっと散歩に行ってくる。」と声を掛けた時の彼女といったら…。「え~っ?この暑いのに~?止めた方がいいんじゃないですかぁ?」「熊谷の人…強い…。」
「あついぞ!熊谷!」のオフィシャル?Tシャツを求めて本日市役所に行ってみましたが完売だそうで。
by chie_miko | 2007-08-20 22:22 | 熊谷 | Comments(5)

8月19日(日)   晴れ

NOVA話題。何かと問題が多発しているようで。先生たちも随分止めたんじゃないか?と思いきや、私の通っている池袋校は、少なくともドイツ語、フランス語の先生に限ってそう変化は無い。英語関係は全然知らないけど、ほとんどの生徒は英語を勉強しに来ていて、先生だって絶対的に英語が多い。
レベルにもよると思うのですが、フランス語、ドイツ語、授業内容はすごく良い。ここのところ仏語しか授業を受けてない私。(だって出来ないんだもん。いつまでたっても文法を間違える。)いつも会うドイツ語の先生に「こっち来ないの~?」と言われつつ…。
一度に数時間ずつ取るんだけど、毎時間先生が替わる。先生ひとりひとり個性があって、授業のやり方や内容もヴァリエーションに富んでいる。もちろんテキストはあるけど、私のレベルでは必ずしも1ページ1ページテキストに沿って授業をするわけではなく、前回の授業で何をやったか、弱点は何かをチェックしながら先生が授業内容を決める。法律が専門の男の先生、やはりそっち関係のヴォキャブラリーを使いながらの授業が多いし、ほとんど毎回フリートーキングの先生もいるし。(と言っても直されること、直されること…。)
今回の日本滞在で、やっぱりParisに住んでいて仏語をしゃべっていても、本当に進歩しようと思ったら、ちゃ~んと授業を受けなきゃ駄目だ!と再認識。ごく稀だけれど時々チャットで話すフランス人の友人で日本語勉強中のLaurentくんと、Parisに戻ったら各週くらいのペースで日本語、仏語の交換授業をすることになった。かれはドクター(法律史)の学生だから言葉はきちんとしてるし。在仏23年でやっと真剣に仏語を勉強する気になった私って何?
by chie_miko | 2007-08-19 10:29 | Comments(7)

8月17日(金)   晴れ

やりましたね、熊谷!日本一!!! しかし40.9度っていうのは驚いた。天気予報より実際の気温が少し上回るというのはよくあること。そして昨日の最高気温、予報が40度。昨日は一日中、何処へ出掛ける…という用事も無い日だったのですが、またこの物好きな私。わざわざ40度を体験しに一番暑そうな時間帯(2時前頃)に駅ビルに買い物に出掛けました。
いや~、暑かった。さすがに暑いと思った。前日も予報が38度で実際は39度を越えていて、それは肌でわかったけれど、昨日の暑さは真剣に体験した事の無かった暑さだった。海とか山とか、それこそ砂漠のように自然の中での暑さもそうだけれど、都市の中の暑さ(熊谷って都市?)は耐えがたいものがある。プラス湿気。ま、これもそうそう体験できない事だと思うと…。
Montpellierにいる万貴に電話した。「ゲ~ッ!!!!!」っと言ったきり絶句。フランス、Paris地方は今年は天気が悪くあまり気温が上がっていない。万貴のいるあたりは天気はいいけど、朝晩は相当涼しいらしい。窓をしっかり閉めてお布団を掛けて寝て、明け方は外に出している手が冷たくなってる…と言ってた。
今日も37度を越えるという予想が出てます。へっ、もう余裕だね!
by chie_miko | 2007-08-17 10:22 | 熊谷 | Comments(0)

8月16日(木)   晴れ

f0042370_1223898.jpg暑いです。熱いです。それでもここのところ館林の方が気温が高かったりして、バルタンから「どうした熊谷!暑くないぞ!」という冷やかしメールが来たりして。十分暑いんだけど…。
NOVAの後、一昨晩はクラリネットの山根さんと佳代ちゃん、それからやはりParisからの帰国組のチューバの橋本くんの4人で「おもろ」に。橋本くんとは本当に何年ぶりだろう…。元気そうでよかった。
昨晩はやはりNOVAの後、池袋で高校時代の友人がお盆中だというのに3人集まってくれた。こうやって夏日本にいるときに年に1回、会うか会わないかの友人。でもみんなそれぞれの分野で頑張ってお仕事してる。医学関係の出版の仕事をしている薫子は日本に来ると一番最初に電話をするメンバーのひとり。彼女があちこちに声をかけていつも友人を集めてくれる。コンサートの時にも都合が付きさえすれば来てくれる。お世話になりっぱなし。
そういえば昨日、池袋に行くのに駅まで歩いて行く途中、注文してあったオリジナルTシャツを取りに行った。漢字がプリントしてあるものがとても流行っているフランス。Faustinへのお土産に当て字で「保主単」ってバックプリントしてもらって。お店のおじさん、「暑いね~。今日は特に暑いね~。こんなに暑い日に来てもらってありがとね。」と、私にピンクのレディスのTシャツをプレゼントしてくれた。全然意味が解らないんだけど、これも暑いからかなぁ。
写真の保主単Tシャツ、文字の部分、本当は蛍光緑です。
by chie_miko | 2007-08-16 12:23 | 熊谷 | Comments(0)

8月12日(日)   晴れ

f0042370_18372043.jpg8日、八代ご夫妻を聖天様にご案内した後、1年ぶりにさおりちゃんとお食事するため、原宿の八丈島料理のお店、「はっとり」に行きました。メニューを見ながら、なにしろ食べたいものばっかりで何から頼んでよいのか分からない状態。結局ふたりで「おまかせ」を。上中下ではないけれど、値段が3種類ある中、とりあえず一番安い「おまかせ」を。しっかりお刺身、煮物、揚げ物、焼き物、そして最後に島寿司と出てきて、島焼酎を飲みながらじっくりと楽しんでしまいました。
昨晩はやはり日本に一時帰国中のStrasbourgの素子嬢と、池袋のいつもの沖縄料理「おもろ」でデート。最近、沖縄料理がブームだそうで、歩きながらもあちこちで看板を目にする。でも「おもろ」は同じ場所で3代目という老舗。美味しいよね、やっぱり。おやじさん、実に無愛想な人なんだけど(ごめんなさい…。)私がParis在住だと知ってるし、カウンターに座ると時々話をするのだけれど、昨晩はおじさんの方からテーブル席に座っている私たちところに来て、「お盆で帰ってきてるのかい?」って。帰りにはお土産にきぬかつぎまでいただいてしまった。
そして先ほど、話題の「あついぞ!熊谷!」Tシャツを買いに行ったら、なんと、あちこちの町内でデザインが違う!ということが判明。山根さんと佳代ちゃんの分を買ったけれど、はたしてこのデザインが彼らのイメージしていたものなのかどうか…。とにかくもう今シーズンは遅すぎるみたいで、あまり残ってない状態。来年は日本に着いたらすぐにTシャツを買いに走りたいと思います。
写真は私の部屋の窓から見た熊谷市役所と消防署。(何も面白くないけど。)
by chie_miko | 2007-08-12 18:37 | お食事 | Comments(4)

8月10日(金)   晴れ

数日前に戻って…。7日の熊谷のコンサート、クラリネット山根さんの応援もいただき、なんとか終わりました。軽井沢のリサイタルが3日で、プログラムを全部入れ替えて中3日で再び…というのは当然分かっていた事と言っても、やはりキツかったです。真剣に。声自体というよりも筋肉が。やっぱりまだまだ鍛え方が足りないんだぁ。Parisに帰ったら、またしっかり身体を作らないと。
そうそう、コンサートには、以前このブログに書いた八代ご夫妻(Parisのアルメニア教会で知り合った。)が、わざわざ平塚から熊谷くんだりまで泊りがけでいらしてくださいました。せっかく熊谷に泊まられるのだったら…と、8日、お二人を修復中の聖天様にお連れしました。父親と一緒だといつでも中を観られる。私も日本に戻る度に見学させてもらっているのだけれど、今回は現場の人にとても丁寧に解説してもらえてすっごく興味深かった。当初の予定だと来年の秋には修復が終わるはずだったのだけれど、なんだかんだで2年延びたそう。八代ご夫妻、とても喜んでくださって。よかった、よかった。
ここで“あついぞ!熊谷!”話題。熊谷の我が家の近くにインド人のやっているインド料理のお店があるのだけれど、今日偶然お店の前を通ったら、窓のところに“あつい! 熱い! 暑い! あついぞ!! 熊谷!!”と書いた紙が貼ってあった…。暑い時には暑いところの料理を食べる、というのは理に適っているのであろうけれど、何もここまで言ってくれなくてもいいじゃん! そういえばコンサートの譜めくりを手伝ってくれた佳代ちゃん、「あついぞ! 熊谷! Tシャツが欲しい。」って言ってた。何処で手に入るのかを調べなくっちゃ。
by chie_miko | 2007-08-10 19:01 | 熊谷 | Comments(2)

8月7日(火)   晴れ

全然更新してない…。ブログの存在を忘れているわけではありません。気にはなってるんだけど、なんとなくバタバタ…ではなくてジタバタしていて…。
8月3日(金)とりあえず軽井沢でのコンサートが終わりました。ひとつ、とっても可笑しい事があった。プログラム前半の真ん中くらい、Honeggerを演奏している最中の出来事。3曲からなる連作なので、普通は3曲続けて演奏する。ところが1曲目が終わったところでバルタンがいきなり客席に向かって「すみません、ちょっと…。」彼とはもう17年もデュオをやっているけれど、こんなこと初めて。「あの~、蜂が…。」私、びっくりしてピアノの鍵盤を見ると、高音の方の黒鍵の上にホント、おっきな蜂が止まってる。男性スタッフが慌てて走ってきて追い払ったんだけど、蜂はお客さまの頭の上を旋回。「大丈夫ですよ、刺さない蜂だから。」と言ったって…ねぇ。ひとしきり追いかけっこをして殺す。可愛そうに蜂さん、よりによってこんなところに来ちゃったから。殺してくれたスタッフの方に思わず拍手。
「いくら刺さないって言ったって、俺、蜂の上から弾きたく無いよ。」バルタン言。
とりあえずコンサートとしては大成功ということで、スタッフの方々、そして準備に一番活躍してくれた叔母の直子さんにはこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
今夜は熊谷でオペラアリアばっかりのコンサート。「あついぞ、熊谷!」一生懸命頑張ります。
by chie_miko | 2007-08-07 11:24 | Spectacle | Comments(4)