CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

3月29日(木)   曇り時々晴れ

f0042370_057477.jpg昨晩はStade de FranceでFrance/Autriche親善試合を観戦してきました。先週の土曜日のリトアニアでのEuroの予選ではとりあえず勝ったものの、かなりヤバイ試合をしてくれて、「ちょっと、大丈夫?」って感じだったので昨晩も「どうかなぁ?」とファンというよりふあ~んな気持ちでStadeに向かいました。あくまで親善試合だし、相手がオーストリアなので(ごめんなさい。)スタメンからたくさんの若手が。なんだかバタバタした試合で、ちっともチャンスをモノに出来なくて、けっこう苛々させられた場面もあったけど、初めて代表に選ばれた20歳のMF、Nasri(OM-マルセイユ所属)が安定したとても良いプレーをしていたのが印象的でした。彼なんかが順調に育ってくれたら、Les Bleusの未来も明るい気がする! それから私が個人的にうれしかったのは、昨晩、元Auxerre所属の若手選手が3人も一緒にピッチに立っていたこと。Cisse、Mexes、Diaby…(Cisseは最悪だったけど、まあ…。)これで私の愛するBoumsongが戻ってきてくれたら、「将来のLes Bleusで元Auxerre組4人か一緒にピッチに立つことも夢では無い!」そう思ったら、新たにLes Bleusへの愛情がふつふつと湧き出てきた! とにかく頑張ってもらってEuroの出場権を手にしないことにはお話にならないもんね。Allez Les Bleus! Les supporters sont la!
[PR]
by chie_miko | 2007-03-30 00:59 | Foot | Comments(4)

3月28日(水)   晴れ

f0042370_1331574.jpgFaustinに頂いたチューリップを写真に撮ってアップしようと思い、「どういう角度で…。」と考えていたところ、その場に居合わせた写真家の善丈が突然、飲んでいたコーヒーを置いて立ち上がり、アングルを探し始めた。「カメラ貸して!」私なんていつだってオートのままで(ズーム以外はせいぜいフラッシュを外したりする程度の操作しかしない。)写真撮ってるのに、いろいろ操作し始めて。結局写真撮ってもらっちゃった。「たかが私のブログなんだから、とりあえず写真のっけとけば…。」と言うと、「いやぁ~、最近のブログの写真、いきなり綺麗なのがあったりするからね~。」本当に「たかが私のブログ」なのに、プロの手を煩わせてしまいました…。(使用カメラは私の素人用です。)
今夜はこれからStade de France。親善試合、フランス/オーストリアを観戦してきます。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-29 01:36 | Faustinとその仲間 | Comments(2)

3月26日(月)   晴れ

24日(土)、Scott宅で奥さんのSeverineのお誕生日Fete(パーティー)がありました。Scott宅でFeteというと立食でビュッフェ形式。まったくもってこちら風で、夜8時半開始と言っても結局は明け方まで、何時に行って何時に帰っても構わないパターン。みんな適当に飲み物を持ってきたりして延々と続く。私はいつも五目ちらしを適当にお重に入れて持っていくことにしてる。お重ってけっこう必殺ワザで、重箱自体の模様もさながら、風呂敷に包んで持って行ったりすると広げる時もそれなりのSpectacleだし、小さな場所でも重ねて置けるので場所も取りにくい。
Faustinと私がScott宅に着いたのが9時半過ぎ。FaustinはScottからのご要望でRhumベースのカクテルを3リットルくらい作って持って。Faustin、私の作った五目ちらしを見て「とっても綺麗…。でも僕、まだこれ作ってもらったこと無い…。」っていきなりスネるし。ずっと音楽がかかっていて、夜が更けるにつれてみんな踊るのがパターンなんだけど、まずはFaustinがひとりで踊りだした。彼って「こういう種類の曲はこういうステップ」みたいなことをすべて無視して好きに踊ってく。それがまたラテンでもロックでも、何でもAntilles音楽のリズム(ZoukとかBuguineとか…)の雰囲気があって不思議。ZoukのCDをいくつか持って行ったのだけど、結局流してもらえなかったのでZoukが踊れなかったのがちょっと残念。でもよく飲んでよく食べて、時間が夏時間に変わることもあって(日曜日にやらねばならないこともあったし。)、馬車がかぼちゃに変わる時間は過ぎていたものの、それなりの時間に退散しました。あれから来た連中もいたんだろうな。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-26 18:26 | Comments(0)

3月20日(火)   曇り

f0042370_254544.jpgDonbreの話を書いたばかりですが、再び食べ物の話。18日(日)はFaustin宅の庭で遅いお昼御飯のためにバーベキューをしました。朝から天気がイマイチで(お肉を焼いてる時だけは晴れた!)、「天気が良ければ善丈を呼ぼうか…。」って言ってたり、弟のOlivierも「また来る。」と言いながら来なくて、結局FaustinとRaphaelと私の三人だけ。羊の肉、Merguez、野菜(トマト、お茄子、ピーマン)をお庭で焼いて、キッチンに持ってきて食べた。f0042370_26857.jpg例によってFaustinなので、いざ料理をするとと~っても沢山作って、看護師の仕事が終わって夜遅く帰ってきてからチンをして食べられるように余ったぶんは冷蔵庫で保存。なんだかお昼からやたらといっぱい食べてしまった。だって美味しかったんだもん。あ~、飽食の日々…。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-21 02:09 | Faustinとその仲間 | Comments(2)

3月19日(月)   曇り

f0042370_20493879.jpg土曜日の夜、Faustin宅でAntilles料理「Donbre」(ドンブレ?)をご馳走になりました。メンバーはFaustin、長男のRaphael、Faustinの下の弟Olivierと私。Kolomboは既に2回ご馳走になってるけれど、Donbreは私、初めて。いろんなバリエーションがあるみたいだけど、この日は最も典型的な豚肉(しっぽの部分とか耳とか入ってる。)のDonbre。Donbre自体はスープに入れる小麦粉の小さなお団子の事らしい。(日本で言うすいとんみたいなもの?)f0042370_20495563.jpgスープは大きい小豆(日本のとは種類が違う。)がベース。水に漬け込んで煮て…って考えるとお汁粉? でも味は全然違って軽い塩味。お団子自体も軽い塩味。「小豆=甘い」っていう固定観念が日本人である私の頭の中にどうしてもあったみたいで、「塩味だよ。」って聞いていたにもかかわらず、食べ初めはなんだか変な感じだった。特別辛いもの以外はほとんどを美味しく頂いちゃう私なので、Faustinも「あれ? 味が合わないのかな?」って思ったらしく、物凄くがっかりした顔をされてしまった。嫌いなわけじゃなくて不思議だっただけなのに。Faustin自身はDonbreに対する思い入れが強くて、「看護師の仕事を引退したら、趣味で小さなDonbre専門レストランをやりたい。」って言ってるくらい。
しかし弟のOlivierも必殺料理人らしく、先日の「鮭のホイル焼き」にもコメントしてたし、この日のDonbreの豚肉の煮え具合にもいろいろ言ってた。(Faustinがクリスマスの時に作ったKolomboなんてボロのカス。)私もFaustinに和食をいろいろ作って食べさせてるし、これも一種の異文化交流?
写真はDonbre。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-19 20:50 | Faustinとその仲間 | Comments(0)

3月14日(水)   晴れ

f0042370_551127.jpgこの間の日曜日のアルメニア教会のミサにいらしていた、日本人ご夫婦(日本からです。)にご招待いただき、昼食をご一緒させていただきました。随分と世界中ご旅行されてて、その知識の量といったら…! それなりのお歳(すみません…。)でありながらお元気で、何といっても考えがお若い。どこにお連れしようかな?と悩んだ結果、我が家の近くの軽くて洗練されてるフランス料理「Le Hanger」に。ご満足いただけたみたいで良かった。
ここ数年はフランス国内のあらゆる地方のカテドラルを片っ端から訪問されてるそう。私が馴染みの(?)アルメニア・カトリック教会も過去2回訪ねられたのに、門が閉まっていて中に入れなかったそうで、3度目の正直?で今回はミサを狙って。私だっていつもミサに行くわけでもないのに、たまたまバッタリお会いした…という訳。観光客がたくさん立ち寄るような教会でもなく、ましてやミサなんてアルメニア人ばっかりしかいない中で私たち、目立つ目立つ!
お食事しながら実にたくさんのお話をしました。とても楽しかった。また是非是非お会いしたいです。
写真はお二人。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-15 05:05 | お食事 | Comments(2)

3月12日(月)    晴れ

昨晩はParc des PrincesにPSG/Auxerreを観に行ってきました。Auxerreに行って観戦するのとは逆に、今までParc des PrincesでPSG相手にAuxerreが勝つのを見たこと無かった私。とうとう勝ちましたね、今回は!
今シーズンのAuxerreもそうだけど、PSGこそどうしようもなく低迷中。2部リーグ(L2)に落ちる可能性大だったりするくらいどうしようもない。特にホームで勝ててない、っていう…。先日観戦した対St-Etienne戦だって、別に手の付けようもないような酷い試合をしたわけじゃないし、今回の対Auxerre戦も一緒。
例によってPSGのマフラーやユニを着ている連中の真っ只中に(それだってサポ席じゃないところを買ってるんだけど。)ひとりでAuxerreのユニを着て「100%Auxerrois」っていうマフラー巻いて陣取る。Auxerreのクラブマガジンの編集長Valentinがジャーナリスト席から携帯に電話してきて、「Chieko、ユニ着て来てる?」「もっちろん!」「雑誌に載せるためにChiekoの写真撮りたいんだけど、警備がきついしChiekoのところまで行けない。ちょっと近くの席の人にChiekoのユニ姿の写真を撮ってもらってメールで送って!」って。マガジンにせっかく載せてもらうんだもの、Auxerre勝ってくれて本当に良かった!!! 確かに試合の前日にValentinに電話した時に言ってたみたいに、チームの調子は秋よりずっと上向いてるみたい。これでやっと10位。シーズン終わりに6位以内…う~ん、8位以内でいいから入っていてくれたら…。秋の時点での様子では正直言ってどうなるかと、真剣にL2に降格したらどうしよう、って思ってしまった。これでもう多分降格って事も無いはず。(たとえ降格したところで私のAuxerreへの愛は変わりません!)
写真はParc des PrincesのPSGサポ連中。
f0042370_254596.jpg

[PR]
by chie_miko | 2007-03-13 02:55 | Foot | Comments(0)

3月10日(土)   晴れ

アルメニア教会でのお葬式のミサに、頼まれて歌いに行って来ました。別に特別知り合いではないけれど、何故か結婚式やお葬式には「空いてたら来て…。」って。普段のミサのための曲だけでなく、冠婚葬祭の時にはそのための特別な曲もあったりする。結婚式の時はアルメニア語のそれ用のミサ曲だけでなく、Ave Mariaも時々歌う。Ave Mariaっていろんな作曲家のものがあるけれど、ここのところよく頼まれて歌ってるのがCacciniのAve Maria。私の声にはなかなか難しくて、いつもなんだかうまくいかない…。今朝なんてお葬式なのに、昨晩9時半過ぎに神父さまからTELが来て、「Chieko、明日のお葬式のミサの後、下に降りて(コーラスはいつも上のオルガンの脇で歌ってる。)コンサートの時みたいに前に来てAve Mariaを歌ってもらえないかな? ご遺族からの要望なんだけど…。」って。「Ave Mariaってお葬式の時も歌うのか~…。」知らなかった…。でもカトリック教会なんだから、いつAve Mariaがあってもおかしくは無いよね。でも心の準備が無かったのでちょっと焦った。結局「Oui」って返事して歌ったけど、やっぱりイマイチ。ちゃんと練習しなきゃ!
明日はParc des PrincesにPSG/Auxerreを観に行きます。あっ、AuxerreにTELしなきゃ。「PSGサポの中にまみれても、私の心はAuxerreと共にあります!」って。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-11 02:28 | Comments(0)

3月7日(水)   晴れ

Ivoryさんから昨年の5月9日(火)の砂漠のバラについて書いたブログ
f0042370_613485.jpg
にコメントをいただきました。私、すっかり忘れてたんだけど、「Auxerreの100周年記念ボールの写真の後には砂漠のバラの写真をアップします。」と公約(?)していたのでした。という事で、写真をアップいたします。左がモロッコ、右がチュニジアからのものです。
[PR]
by chie_miko | 2007-03-08 06:24 | 砂漠 | Comments(2)

3月5日(月)   晴れ

この間からずっと万貴の滞在許可書、大学入試、卒業式、だとか、私の10年カードの更新だとかでなんとなく落ち着かない。万貴の方は大学入試が結果待ちというだけで、後の事は一段落着いたんだけど、私の10年カード更新の書類がまだ出せないでいる。大統領に立候補しているSarkozyが外国人に対する滞在許可書発行の法律をかなり変えたことで、(アラーキー、資料提供ありがとうございました。)ある意味では10年カードの更新も以前より楽なのかもしれない?けれど、私の場合、ここまでの10年間で離婚が成立したりして家族環境が変わっているので、そのための書類を法定翻訳して提出しなければならない。(私、自分の姓が結婚以前、以後、離婚後も変わってないんだけどな~…。)それがちょっと面倒かも。
10年カード、一度取ってしまえば更新はさほど難しい事ではない…って昔から言うんだけど、なんとな~く嫌な感じ。昔、毎年滞在許可書の更新をしていた頃、役所でさんざん嫌な思いをしたからかもしれない。この間なんて役所でずっと待たされている悪夢を見てしまった! 別に何も悪い事してないのに。
写真はFaustinシェフによる鮭のホイル焼き(下にfenouille-ウイキョウ-とトマトが敷いてある。)
f0042370_21252282.jpg

[PR]
by chie_miko | 2007-03-05 21:26 | Comments(4)