人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2月24日(金)  曇り

明日はバルタンとParis郊外でリサイタル。2005年はAndre Jolivetの生誕100年だったので、機会がある度にJolivet作品を演奏。8月の日本のコンサートでは全曲Jolivetなどという極端なメニューをやってしまった私たち。「さて、今年はどうする?」なんだかうまくピリッとくる作曲家が見つからなくて、「それでは詩人では?」結局見つけたのがPaul Verlaine。と言ったって、没後110年というかなりのこじつけ。明日のメニューはすべてVerlaineの詩に付けられた曲ばかりを集めたもの。オランダ人の作曲家Diepenbrockから始まって、Maxime Jacob(彼こそは今年が生誕100年。)Faureと続き、休憩後バルタンがMaxime Jacobのピアノ・ソナタ。その後ひたすらDebussy。作曲家が変わるだけで、同じVerlaineの詩が何度も繰り返される…。実にマニャック。Clair de Lune、En sourdineがそれぞれ3回ずつ!とかね。明日は17時からで、終わった後はオーガナイザーのMayumiさんの手料理のビュッフェ。そして私は明後日に3月5日のコンサートのために日本に飛びます。今回もお気に入りのSAS(スカンジナビア・エアライン)。コペンハーゲン経由。コペンハーゲンの空港は清潔感があるし、免税店にも北欧ならではものもたくさんあって、特別買い物をしなくても見ているだけで結構楽しかったりする。3月5日のコンサートはオケと一緒なので、日本に着いたら休む間もなくすぐに活動開始。いやいや、その前に飛行機の中でVerlaineからMahlerに頭の切り替えをしなくっちゃ!
by chie_miko | 2006-02-25 06:16 | Spectacle | Comments(2)

2月20日(月)  うす曇

昨晩は万貴と、ピアノの調律師アラーキーのお宅におじゃま、しっかりうさぎをご馳走になってきました。おいしかったぁ。練習量のせいか、歌っている曲のせいか、ここのところいつも欠食児童のようにお腹の空いてる私。(本当に凄い量食べてるの。でも体重は変わってないみたい…。)前菜のテリーヌからおかわりし、メインのうさぎさんも、まずは胴体の下半分を(多分腎臓じゃないかな?付いてました。美味しかった。)骨までしゃぶる勢いで食べ尽くし、これまたおかわりして、今度は胴体の上半分。食べましたよ~、しっかり。アラーキーご飯、美味しいんだもん。万貴は後ろ足食べてた。私が以前持っていったBioのワインがキープされていて、今回も偶然、全く同じ銘柄で年の違う(2001年と2003年)のワインを持っていったので、当然飲み比べ。全く、全く、ま~ったく同じワインなのに味が全然違う! こういうものなんだよね、ワインって。
こうやって万貴と一緒に友人宅に伺ったり、Spectacle、Footと出掛けておりますが、日中は25日のコンサートと3月5日のコンサートに向けて、かなり真面目にさらっております。今、BastilleでMartinuのオペラをやっていて、本来ならば観に行かねばならないのだけれど、とてもそんな気になれないでおります。自分のコンサート前になってしまうと、音楽を聴く気が失せてしまう。Footには行くくせに。Pomposoみたいに別ものだったらそれもありなんだけど。
そうそう、前回皆さんにお尋ねした私のHPの掲示板ですが、閉鎖しました。それから、千恵子お勧めのレストラン情報も更新しましたので興味のある方はご覧くださいませ。(製作者兼管理人のRyoくん、いつもありがとう。)
by chie_miko | 2006-02-20 19:59 | お食事 | Comments(5)

2月18日(土)  晴れ時々曇りにわか雨

今夜は万貴と一緒にFoot観戦。PSG×Le MansにPSG本拠地Parc des Princesに行ってきました。天気がイマイチだったぶん、あまり寒くなくて助かった…とは言っても、スタジアムの体感気温は実際より3度は確実に低いと信じている私。万貴もいい加減スタジアムの寒さに慣れてきたので、いろいろと考えて重ね着してました。今シーズンからL1に上がってきたLe Mansでしっかりレギュラー張ってる松井選手、初めて見ました。後半の途中で交代したけれど、なかなか良い動きをしていました。でも何と言っても日本人。身体のことを問題にすると苦しいところがありますね。自分のこともあるので、身体についてはあまりものを言いたくないのですが。身長だけ比べれば、彼よりも小さい選手なんて、こちらにだってたくさんいるのだけれど、とにかく華奢に見えてしまう。骨が細いというか、筋肉が無いと言うか…。いかにも軽そう。だから接触するとすぐに転んじゃう。実にもったいない。万貴も「松井さん、1日5本ずつ牛乳飲まなきゃ!」などと、訳のわからないこと?を脇で言ってました。PSGとしてはよくやってたと思います、今夜は。0-1で負けちゃったけどね。監督がGuy Lacombeになってから初めて観た試合ですが、以前よりパスでつなごうという意思は見える。でもまだ追いついていってない感じ。首都のチームで多少スター選手がいるからなのか、派手なプレーを追い求める傾向は相変わらず。結果として「穴だらけ」になってしまう。Le Mansは良いチームですね。Auxerreと同じタイプとは言えないけれど、全員でパスを回しながら攻めていく感じは私好み。今夜はAuxerreがアウェイでSochauxに負けちゃって4位に転落。5位に1ポイント差でLe Mans。う~、Auxerre頑張れ!
by chie_miko | 2006-02-19 07:51 | Foot | Comments(0)

2月17日(金)  曇り時々晴れにわか雨

昨夜、あんこう鍋をしました。メンバーは万貴とチェロの裕子ちゃん、それから17年来の友人で、Paris郊外の中学校のフランス語の先生(要するに国語の先生。)France。万貴がヴァカンスでParisに来ているときにフランス語の家庭教師をしてもらってる。本当はお金を払わねばならないのだけれど、彼女が受け取ってくれないので、その代わりに時々日本食を作ってご馳走したり、日本の食べ物や私愛用?の炭シャンプーなどをプレゼントしたり。昨日は夕方Franceに万貴の勉強をみてもらって、その間私が料理の下準備。まずはきゅうりの浅漬けと大根の梅わさび漬け、わかめのナムルを作って、それからお鍋用のあんこうやら野菜やらを切って…。チェロの裕子ちゃんは1年間だけの予定でParisに勉強に来てます。いろんな経緯があって、昨年9月半ばから10月半ばの1ヶ月間、私の家に住んでいました。せっかくお鍋をするのに3人というのもいまひとつなので、お鍋要員として昨晩は特別参加。フランス語がほとんど駄目な彼女、Franceとの会話はかなり大変だった…。でもFranceは、日本語は全く話さないにしても、もういい加減日本人には慣れてるし、フランス語ができない日本人と私のところで何度も出会っているので、脇で私たちが日本語でしゃべっていても全く問題無し。日本食は大好きだし、初めてのお鍋をやたらと感激しながら食べてたっけ。
そうそう、ここでこのブログを読んでくださっている皆さまにご相談です。このブログは以前私のHPにあった「日記」コーナーを独立させたものですが、ここがあればHPの掲示板はもういらないのではないか?と考えてます。閉じちゃおうかな?って。ご意見お聞かせくださいませ。
by chie_miko | 2006-02-18 02:18 | お食事 | Comments(4)

2月12日(日)  曇り

昨日は現地校が冬休みになった娘の万貴をToursまで迎えに行き、夜はParisでふたりでTheatre des Bouffes Parisiensに、有名なクラシック、ポップス、ロックなどあらゆる分野ごちゃ混ぜの音楽ギャグSpectacleに行ってきました。La Framboises Frivole-Pomposo-。Peter Hens(歌、チェロ、ギター、ピアノ)とBart van Caenegem(ピアノ、サックス、歌)というフラマン系ベルギー人のデュオ。確か2年前に2ヶ月間Paris公演をやって、その時にもまずは万貴と一緒に観に行き、「どうしよう!」って言うくらい大笑いしまくり、その後、私のピアニストのバルタンとも一緒に観に行った。今回再び万貴の休みと公演が重なり、「絶対に行く~!」という万貴のリクエストもあって、大笑いしてきました。凄いこと! 相変わらずどころか確実にパワーアップしてる! とても力のある音楽家がギャグをやってるので、音楽的にもテクニック的にも実に良くできてる。ちょっと説明のしようが無いんだけど、とにかく可笑しい。徹底的に可笑しい。音楽学校の伴奏ピアニストの場面があって、現在それを生業としているバルタン、前回観に行った時、その場面では堪えきれずにボロボロ泣いてましたよ、もう。可笑しすぎるんだもん。(今回も4月まで公演しているので、彼もまた絶対に観に行くと言ってます。)彼らの演奏してる曲を全部知ってる人が観客の中にどれだけいるのかわからないけど、そんなこと関係なく語りも十分に可笑しい。万貴なんて、今回も最初から全開で笑いどおし。あまりに笑いすぎて、帰り道にしゃっくりが出て止まらなかったくらい。私もかなり泣かせていただきました。バルタンが行く時にまた私もくっついて行きたいなぁ。これ、本当に何度観ても可笑しいし、笑いすぎて泣き崩れているバルタンを観ているともっと可笑しいんだもん。
by chie_miko | 2006-02-12 18:35 | Spectacle | Comments(0)

2月10日(金)  晴れ

エジプト×コート・ジボワール、決勝戦の名にふさわしい物凄い試合でした。(昨日のナイジェリア×セネガルは全く観られなかった…。残念。)CANって、どうしてここまで開催国に有利なんだろう。これっていつも言われてることだけれど、今回も今までの試合でいろいろとあったみたいだし、今日の決勝も延長に入ってから、絶対に、どう見てもファウルでないのにコート・ジボワールが反則を取られPKになった場面があった。(エジプト側がしっかり外してくれたんだけど。)もちろん審判だって人間なんだから完璧なんて絶対にありえない。でもね、あまりにも見え見えなのはどういうものか…。今日なんてDrogbaが徹底的にマークされてて、ほとんど羽交い絞め状態。まともにシュートを打たしてもらえず、本人、相当フラストレーションが溜まったんじゃないかな? 延長の後のPK戦で失敗しちゃった。(ほらね、いつもキャプテンとかポイントゲッターが外すでしょ?)審判の問題を別にしても、ただでさえフィジカルなアフリカサッカー、とても激しい当たりがたくさんあって、特にコート・ジボワールはこの試合、余計なイエローカードをいただいてたような気がする。これってWCの時まで生きてるんでしょう? WCの大事な試合の時に、必要な選手が出場停止にならなきゃいいんだけど。しかしAkaleの上手くなったこと! Auxerreでここ数年観ていてもそう思ってたけど、大きい大会でもここまでやれる、っていうのはなかなか頼もしい。でもこうやって育ってくると、彼も近々どこかのビッグチームに移籍しちゃうのかなぁ。それに比べてKalouがイマイチなのがちょっと気になる。Auxerreにいた時代はメッチャ良かったんだけど、今シーズンから移ったPSGではいまひとつ。そして今大会も…。ちょっと心配。L1からたくさん集まっていたコート・ジボワールだけど、エジプトはほとんどの選手がエジプト・リーグから、それもひとつのチームからたくさん出てるそうで、そのあたりもコンビネーションの問題に関わってくるのかも。やっとCANが終わったので、これでブログもFoot話題から少し離れられる?(少し…ね。)
by chie_miko | 2006-02-11 05:17 | Foot | Comments(0)

2月7日(火)  曇り時々小雨

エジプト×セネガル、大変な試合でした。後半だけ観たコート・ジボワール×ナイジェリア戦はそれなりに、「とりあえず、こんなもんかな?」でしたが。エジプトの応援も凄ければ、勢いも凄い。前回も書いたけど、セネガルは集中力に問題あり!だったと思う、絶対に。調子良く攻めてるときは素晴らしいけれど、時々、特にディフェンスに大穴が空く。ゴール前に信じられないような大穴。TVを観ながら、何度「あ~っ!」って大声を上げたことか。エジプトがノリノリで、ボールが止まってもすぐにフリーキックを蹴ってるのに、セネガルのDFはボーッっとしたままだったり。これって何なの? 気合の入り方の違い? それとも国民性の違いなの? 実力だけで比べたら、ひょっとしたらセネガルの方が上かもしれないのに。(エジプト・サポーターの方々、ごめんなさい。)まあ、勝負ってものは単純に実力だけで結果が出るわけじゃないのはどの世界も一緒? これで金曜日の決勝がエジプト×コート・ジボワール。コート・ジボワールはじわじわと来てますね。今回、常に1点差かPK戦で勝つパターンで、ましてやエジプト相手にはグループリーグの3戦目でしっかり負けてる。しかしたとえ1点差でも勝てばいいわけで、「負けても良い試合の場合は適当に負けておけるチームが、本当に強いチーム。」と、私のFoot観戦の先生が以前にのたまわっておられました。自分のブログだから書いちゃうけど、私、コート・ジボワールを応援します!Auxerre所属のAkale、元AuxerreのKalouには情が移ってる(何だ?)し、Drogbaの怖い三白眼が何とも言えず好きです。
by chie_miko | 2006-02-08 05:25 | Foot | Comments(0)

2月5日(日)  曇り

相変わらずCAN話題で申し訳ありません。(今週中には終わるからね。)準々決勝が終わり、準決勝がエジプト×セネガルとコート・ジボワール×ナイジェリアという組み合わせに。準々決勝、ナイジェリア×チュニジアとカメルーン×コート・ジボワールはちゃんと観られたんだけど、どちらも延長の末PK戦。特にカメルーン×コート・ジボワールはPKが11人一周して(それも、誰も外さずに)、最初に蹴ったEto’oとDrogbaが再び登場! TVの解説者が行ってたけどPK戦の世界記録だそうです。音楽上の戦友(ピアニスト)、バルタンと「試合を終わったらご飯食べに行こう。」「あ、延長戦突入!」「あと何分かかるの~?腹減った~。」とバルタン。「あと35分。」挙句の果てはPK戦で、それもなかなか終わらず。「まだ~?」うるさかったバルタンがいつの間にか静かになったと思ったら、めちゃくちゃ突っ込んで観てた。TVの解説者たちも、こうなってくると言いたい放題で、ふたりとも中立の立場を捨てて勝手に自分の贔屓の方を応援してるし。このカメルーンとコート・ジボワール、WC予選でも同じ組でPK戦になり、結果的にコート・ジボワールがドイツへの切符を手にしたという因縁どころか怨念の対決? 「凄すぎ!」とお腹が空いてるのも忘れて見入ってたら、写真家の善丈が荷物を置きに現れた。「下から見たら電気付いてるからさぁ。ご飯、もう食べたの?」「それどころじゃないってば!」「こういう時って、キャプテンか、一番のポイントゲッターが外すってパターンが良くあるよね。」と私が言ったとたん、リーガ・エスパニョーラの得点王Eto’oがミスってしまった…。しまった、余計な事言わなきゃ良かった。ま、これでやっとご飯食べに行けたわけだけど。ギニア×セネガルは後半戦だけ観ましたが、セネガルはけっこう波があるかも。ナイジェリアとかコート・ジボワールに比べたらちょっと弱いかな? エジプトは開催国だし、勢いに乗ってる感じ。次の試合は火曜日です。
by chie_miko | 2006-02-05 21:35 | Foot | Comments(0)

2月2日(木)  曇り

昨晩はCoupe de France、PSG/Auxerre観戦にPSGの本拠地、Parc des Princesに行ってきました。AJA(Auxerre)、どうもParc des Princesと相性が悪いみたいで(私とAJAとスタジアムの相性が悪いのかな?)、私がAuxerreに行けば連中は負けないのに、Parcに行くと何だか負けてくれる! ま、どちらにしても若くて内弁慶なチームなので、あのPSGサポの荒っぽい、やたらと声のデカイ応援に合うと何事も簡単ではないのでしょうね。いつもCoupe de Franceではそれなりに良いところまで行くAJAだけど、今シーズンは監督も替わったということで、これでリーグに集中して頑張って欲しい。今のところ3位につけてるけど、最終的には4位で終わってくれたら…と思ってます。4位ならUEFAカップに出場できるもんね。CL(チャンピオンズ・リーグ)に出場してビッグ・チームとやり合っていくほどの規模は持ってないし。でもフランス・リーグのチームが株式上場解禁になるそうで、そしたらAJAみたいな地元密着型の可愛い?チームにも何か変化があるのかしら。
しかしまあ、Parc des Princesに行き始めたおかげで、なんと汚いフランス語をたくさん覚えたこと…。最初の頃は、「スタジアムに行けばどこでもこんなもんなんだろう。」と思ってたけど、実は実はとんでもない! どこに行ったってここまで酷いところは他にはないです。Auxerreに至っては逆に品が良すぎて。あそこでParis流の言葉が口から出てしまうと、真剣に恥ずかしいです。ドイツでブンデス・リーガも何度か観に行ったけど、ドイツってどんなもんなのでしょうか? 私の語学力ではそこまではわからないので。(その方が幸せだったりして。)
by chie_miko | 2006-02-03 06:56 | Foot | Comments(3)

1月31日(火)  晴れ

CANのグループリーグが終わり、準々決勝はギニア×セネガル、エジプト×コンゴ、ナイジェリア×チュニジア、カメルーン×コート・ジボワールと決まった。WC出場国のうち、トーゴ、アンドラ、ガーナが敗退。WCの予選も含めて、本当に何が起こるのかわからないのがアフリカサッカー。政情だけでなく実力も安定しない。それでもレベルは確実にどんどん上がってると思う。放映時間が夕方なのでなかなかゆっくりTV観戦ともいかず。でもコート・ジボワール×エジプトとナイジェリア×セネガルはなんとか観戦できました。すでに準決勝進出を決めていたコート・ジボワールはDrogbaをはじめ、主力を次に備えて温存。コート・ジボワールの立ち上がりが何気にモタモタしているところに、地元開催国であるエジプトの応援がとにかく凄くて、プレーも応援も最初から敵を圧倒しまくり。エジプトからは、勝たないと裏でやっているリビア×モロッコの結果しだいで次に行けるかどうか…という瀬戸際だったこともあるにしろ、「絶対に勝つ!!!」という気合がビンビンに伝わってきました。そして今日のグループDのナイジェリア×セネガル。グループDは大混戦でナイジェリア以外は今日の結果次第。セネガルが先制したんだけれど、結局ナイジェリアが逆転。裏でのガーナ×ジンバブエでは、今まで全然駄目だったジンバブエが勝利。(やっとBenjaniが1点!)3チームが並んだ形で、最終的には得点差でセネガルが準決勝へ。観てて疲れましたよ。私はやっぱりどこかでセネガルを応援してるみたい。
フランスでは今日、明日とCoupe de France。今Eurosportでは、CANに続いて現在Rennes×Lensをライブ放映してますが、私は明日、PSGの本拠地Parc des PrincesにPSG×Auxerreを観戦に行きます。これもなかなかの因縁カード? 2003年の決勝もこの組み合わせで、同点で迎えた後半90分過ぎのロスタイムに(誰もが延長戦になると思った。)私の愛するBoumsong(DF)のシュートで優勝が決まった! Auxerreは昨年も優勝してるし。
今年も是非とも頑張ってもらわないと。
by chie_miko | 2006-02-01 05:37 | Foot | Comments(0)