人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:授業( 69 )

4月5日(金)   薄曇り

今日も、12時半の授業開始に間に合うように乗る925分の電車が無く(多分工事のため)、734分の電車に乗りこんだところ。

昨日午後、ベテラン声楽教師の友人Julieの教えているParisの南の郊外、PalaiseauConservatoireの試験の審査に行った。試験官は、常に学校の外から呼ばねばならず、試験期間になると、先生同士お互いに試験官探しの電話が飛び交う。

私自身は、まだあまり学校の試験に立ち会った経験は無く、これで3度目。(その割には、国際コンクールの審査員を2回やったことがある、というのも変な話…、)「他の先生のクラスの生徒の歌を聴く。」というもの、なかなか興味深いもの。何よりも、自分と違った、生徒に対するレパートリーの選び方に接することができる。

さて、私は明日の夜の飛行機で、23日まで日本に行きます。今回はいつものトルコ航空ではなく、ANA。溜まっていたマイルで往復します。


by chie_miko | 2019-04-05 16:17 | 授業 | Comments(0)

3月8日(金)   曇り

Bloisへ出勤する電車の中です。いつも乗るAusterlitz925分発のこの電車、どうやら来週、再来週と無いらしい。(その後はわからない。まだ見てない…。)その場合、8時25分発で、Orléans62分待つか、観念して734分発に乗って直通でBloisに行くか…。究極の選択。

来週の金曜日、15日は、328日(木)にあるEnsemble Musique d’Avanceのコンサートの練習が午前中にある。Jean-Claudeの話では、この日には私は練習に参加しなくても良いということだったけれど、「電車の時間の都合で早くBloisに着くから、私が必要ならOKcだよ~。」と彼の携帯の留守電に入れたところ。

今日は今のところ一人だけ病気で欠席届が出ている。先週は結局3人が病欠。1月末頃はParisでインフルエンザや風邪が流行っていて、Bloisは大丈夫だったけれど、今はBloisの方。日本ではインフルエンザも山場を過ぎたみたいだけれど、麻疹って話があった。その後あまり記事を見ないけれど、どうなっているのかしら?


by chie_miko | 2019-03-09 04:24 | 授業 | Comments(0)

1月31日(木)   曇り

先週の金曜日、18時30分から、BloisのConservatoireでクラスの一部の生徒によるフランス歌曲の発表会をした。10人の生徒のうち7人が参加し、それぞれの声とレベルに合わせて連作を(抜粋でなく全曲)演奏した。DebussyRavelFauréEnesco、Poulenc…さすがにEnesco7曲からなる連作は長いので、2曲抜いて5曲にしたけれど。
かなり大変なことなので、この発表会をやる!と決めて、みんなに課題を与えてみたものの、本当に実現できるのか、誰が発表会に参加できるのか(できないやつは出さないよ!とみんなに宣言してあった。)、私自身見当もつかなかったが、みんな本当によく頑張った。
伴奏員のVéroniqueも、「この発表会をChiekoが言い出した時には、はっきり言って『狂ってる!』って思った。でも、みんな頑張りきったね!」と。学長のJean-Claudeも途中から来てくれて、後から感想を言うためにわざわざ電話してくれた。
6月には、年度末の全員参加の発表会をするのだけれど、今のところまだテーマが思いつかないでいる…。

by chie_miko | 2019-01-31 18:21 | 授業 | Comments(0)

12月14日(金)   晴れ

突然のSNCFのストで、再び朝早い電車に乗っています。今日は、いつもの帰りの電車も動かないので、仕方なく、St-Pierre des corpsTours)側まで行って、それからTGVに乗り換えてParisまで帰ります。結果、19:30に来るMarie-Annick12:00からに切り替えて(私は朝からConservatoireに居るので。)、18:45に来るはずのPaulineの授業は止め。Paulineはその前の時間は学校なので、どうにも動かせず。彼女も状況を解って納得してくれた。

Parisのデモやら何やらのニュースが日本でも報道されているようで、日本の数人の友人から「大丈夫?」というメッセージをいただいている。限られた場所だけが「壊し屋」の被害にあっているけれど、私の家のあたりは全く問題なく、普通に暮らしています。大丈夫です。ご心配をいただき、ありがとうございます。

話は変わって…。10日(月)に叔母の直子さんが、お友達の万里子さんと黒川さんと一緒に1か月の予定でParisに到着。直子さんはもちろん我が家に宿泊して、お友達二人は、万里子さんのお友達宅に宿泊。

直子さんは、なんだかんだで8度目のParisなので、主な観光地はそこそこ回っている。ちょこっと家の周りを歩いたり、私がスーパーに行くのにくっ付いて来たり。今日は私が一日中居ないので、何をするのか…。

今日も一日、つつがなく無事に物事が運びますように…。
by chie_miko | 2018-12-15 06:21 | 授業 | Comments(0)

10月19日(金)   晴れ

明日からフランスの学校関係はToussaint(万聖節)のVacances。なので私は明日の夜のトルコ航空で日本に行きます。21日(夜)に着いて、117日まで。

今日はVacances前の最後の授業。今のところ誰からも欠席届が来ていない…。全員出席かなぁ…。12時半に授業を始めて、夜8時までノンストップかも…。

先週は遅い時間の生徒二人から欠席届が前もって出ていて、一人風邪で病欠というのがわかっていたため、1本早い電車に乗って帰れた。BloisからOrléansへの電車が遅れて、OrléansでのParis行きへの乗り換えの時に走りまくったけれど、1本早く帰れると2時間早く家に着くので、かなり疲れ方が違う。

う~ん、誰からもメッセージが来ないなぁ…。


by chie_miko | 2018-10-20 03:18 | 授業 | Comments(0)

9月28日(金)   晴れ

Bloisへの電車の中です。旅行計画の話はまた後日。風邪はほとんど治っているけれど、まだ声が鼻にかかり、歌うと特定の母音や音域がカサカサする。先週のぐちゃぐちゃな状態で授業に比べれば、はるかにマシになっている。

私が「風邪を引いた…。」と言うと、先週会った他の楽器の先生たちがみんな「え???」と。みんな私のことを「いつも絶対に元気!」と信じ込んでいる。「こんな状態、初めて見た…。」

それはいくらなんでも大げさだけれど、確かに数年前インフルエンザに罹った時も、丸二日でほとんど完治させて、ほとんど影響のない状態で授業をした。今回は、風邪の症状が見事に表に出ているけれど、すぐにBrunoに鍼を打ってもらったおかげか、身体自体は全然めげていない。

今年は、トイレ休憩がないほどきっちり生徒が詰まっているけれど、ほとんど毎週、誰かが休みでどこかに穴が開く。今日は一番最後の生徒がいないけれど、うまくはまる電車がないので、結局帰りの時間は変わらない。

今日は昨日より声が出るようになっているといいけど。
by chie_miko | 2018-09-29 06:41 | 授業 | Comments(0)

6月16日(土)   晴れ

昨晩はBloisの歌のクラスの年度末の発表会だった。いつもの925Austerlitz駅発の通勤列車が復活していたので、月曜日からParisに来ている万貴も一緒に二人でBloisまで。

日中はいつも通りのレッスンをして、1830から発表会。その間万貴は美術学校側にあるフルクサスの美術館をうろうろ。今年の課題は日本歌曲だったので、前半はそれぞれの生徒が一曲ずつ日本歌曲を歌い、それ以外にも基本的にもう一曲。後半がMozart「フィガロの結婚」の第一幕の第二場と第三場、第四場。

ちょっと面白いから、プログラムを載せてみます。

Programme (15juin 2018)

Louise Gourdeau

GabrielFauré : Mai

KosakuYamada : Nobara (La rose sauvage)

François Hatzfeld

GabrielFauré : Automne

RyutaroHirota : Hama-Chidori (L’oiseau au bord de la mer)

Sarah Bertran

GabrielFauré : Nell

AkiraMiyoshi : Wasurerareta Umi (La mer oubliée)

Extrait de « Yottsu no Aki noUta » (Quatre chansons d’automne)

Pauline Gehant

AkiraMiyoshi : Kare-Ha (les feuilles mortes)

Extrait de « Yottsu no Aki noUta » (Quatre chansons d’automne)

David Fricker

RentaroTaki : Kôjyô no Tsuki (Clair de lune aux ruines du chateâu)

Marie-Annick Lecomte

KosakuYamada : Karatachi noHana (Poncirus trifoliata)

Gaëlle Stéphan

FrancescoCilea : Io sono l’umileancella (Adriana)

Eatrait de l’opéra « Adriana Lecouvreur »

YoshinaoNakada : Kiri no Hana (La fleur de Paulownia)

Geneviève Emonet

CharlesGounod : Air desbijoux (Marguerite)

Extrait de l’opéra « Faust »

MareoIshiketa : Yûyake (L’embrasement du soleil couchant)

Extrait de « Aki no Hitomi » (La prunelle d’automne)

Aurore Boutin

VincenzoBellini : O quantevolte (Guilietta)

Extrait de l’opéra « I Capuleti ed i Montecchi »

Mareo Ishiketa : Aki no Sora (Le ciel d’automne)

Extrait de « Aki no Hitomi » (La prunelle d’automne)

Worfgang Amadeus Mozart : Le nozzedi Figaro

Extrait de 1er acte, scène 3, 4et 5

Marie-AnnickLecomte (Marcellina), Aurore Boutin(Susanna),

Pauline Gehant (Cherubino), DavidFricker (Bartolo)

レベルにバラつきがありながらも、みんなよくやったと思う。それと同時に、日本人と欧米人との絶対的な感性の違いを新たに思い知った。ただの地方の県立のConservatoireの歌のクラスの発表会だけれど、自分が歌うことと引き合わせて考えてみて、学ぶことはとっても多い。

今年度の授業はこれで終わり。これから私はVAEの面接の準備と夏のコンサートの準備に集中!


by chie_miko | 2018-06-16 21:33 | 授業 | Comments(0)

11月10日(金)   曇り

一昨日、8日(水)の朝Parisに帰ってきました。ふぅ。
来週15日(水)~17日(金)がYaëlの講座の集中講義で、17日(金)の午後が最終試験。とにかくフランス語が大変でみんなのテンポについて行けず、全然準備が間に合ってない…。
それでも今日はBloisです。今年度は12時30分から20時まで、全く休憩のないプランニングだったのが、仕事の都合で一人辞めたので16時から30分の空きができた。この間にトイレに行ける…。それ以外は今のところ欠席届が出ていないので、自分の勉強をする時間は無いかも。
日本では居間と廊下、トイレの工事が終わり、片付けもそこそこ済んだ。追い追い写真をアップします。
by chie_miko | 2017-11-10 18:58 | 授業 | Comments(0)

10月13日(金)   晴れ

今日は平常授業のため再びBloisへ。ここのところ比較的まともに電車が動いてくれているので助かっている。
昨日の試験の審査に関しては、クラリネットの先生もフルートの先生も結果に納得がいかなかったようで、特にフルートの先生、Sabineが審査員たちに「どういう見解で、どういう理由で通してもらえなかったのか、もう一度よく説明して欲しい。」と食い下がって(あまりよくない表現だけれど、他の日本語が思いつかない…。)いた。
今日は気を取り直してレッスン。
by chie_miko | 2017-10-13 17:43 | 授業 | Comments(0)

10月12日(木)   晴れ時々曇り

今日二回目の更新です。試験が終わって、午後の練習が終わって、帰りの電車の中です。
いやあ、試験の審査の厳しいのなんのって。おまけにDEMのクラスの終了試験の時には、それぞれの楽器の専門家が審査にあたるのに、入試はその地方のConservatoireの学長たちが集まって審査にあたるため、彼らの頭の中にある理想の音楽をもとにして審査をしてくれる。難しい。
結局歌のクラスの生徒は取ってもらえなかった。彼女の年齢的なものもあるが、テクニックはもちろん、ソルフェージュ的なことや音色のこと、それぞれの曲の特徴の捉え方の問題など、はっきり言って彼らの求めていることが出来ていたら、もうしっかりプロだろう!って感じ。
それでも、もう数年は勉強を続けるためにConservatoireに残れることになった。それを考えれば結果的にはオーライなんだけど。なんとなくスッキリしないでいます。
by chie_miko | 2017-10-13 03:23 | 授業 | Comments(0)