CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:授業( 63 )

6月16日(土)   晴れ

昨晩はBloisの歌のクラスの年度末の発表会だった。いつもの925Austerlitz駅発の通勤列車が復活していたので、月曜日からParisに来ている万貴も一緒に二人でBloisまで。

日中はいつも通りのレッスンをして、1830から発表会。その間万貴は美術学校側にあるフルクサスの美術館をうろうろ。今年の課題は日本歌曲だったので、前半はそれぞれの生徒が一曲ずつ日本歌曲を歌い、それ以外にも基本的にもう一曲。後半がMozart「フィガロの結婚」の第一幕の第二場と第三場、第四場。

ちょっと面白いから、プログラムを載せてみます。

Programme (15juin 2018)

Louise Gourdeau

GabrielFauré : Mai

KosakuYamada : Nobara (La rose sauvage)

François Hatzfeld

GabrielFauré : Automne

RyutaroHirota : Hama-Chidori (L’oiseau au bord de la mer)

Sarah Bertran

GabrielFauré : Nell

AkiraMiyoshi : Wasurerareta Umi (La mer oubliée)

Extrait de « Yottsu no Aki noUta » (Quatre chansons d’automne)

Pauline Gehant

AkiraMiyoshi : Kare-Ha (les feuilles mortes)

Extrait de « Yottsu no Aki noUta » (Quatre chansons d’automne)

David Fricker

RentaroTaki : Kôjyô no Tsuki (Clair de lune aux ruines du chateâu)

Marie-Annick Lecomte

KosakuYamada : Karatachi noHana (Poncirus trifoliata)

Gaëlle Stéphan

FrancescoCilea : Io sono l’umileancella (Adriana)

Eatrait de l’opéra « Adriana Lecouvreur »

YoshinaoNakada : Kiri no Hana (La fleur de Paulownia)

Geneviève Emonet

CharlesGounod : Air desbijoux (Marguerite)

Extrait de l’opéra « Faust »

MareoIshiketa : Yûyake (L’embrasement du soleil couchant)

Extrait de « Aki no Hitomi » (La prunelle d’automne)

Aurore Boutin

VincenzoBellini : O quantevolte (Guilietta)

Extrait de l’opéra « I Capuleti ed i Montecchi »

Mareo Ishiketa : Aki no Sora (Le ciel d’automne)

Extrait de « Aki no Hitomi » (La prunelle d’automne)

Worfgang Amadeus Mozart : Le nozzedi Figaro

Extrait de 1er acte, scène 3, 4et 5

Marie-AnnickLecomte (Marcellina), Aurore Boutin(Susanna),

Pauline Gehant (Cherubino), DavidFricker (Bartolo)

レベルにバラつきがありながらも、みんなよくやったと思う。それと同時に、日本人と欧米人との絶対的な感性の違いを新たに思い知った。ただの地方の県立のConservatoireの歌のクラスの発表会だけれど、自分が歌うことと引き合わせて考えてみて、学ぶことはとっても多い。

今年度の授業はこれで終わり。これから私はVAEの面接の準備と夏のコンサートの準備に集中!


[PR]
by chie_miko | 2018-06-16 21:33 | 授業 | Comments(0)

11月10日(金)   曇り

一昨日、8日(水)の朝Parisに帰ってきました。ふぅ。
来週15日(水)~17日(金)がYaëlの講座の集中講義で、17日(金)の午後が最終試験。とにかくフランス語が大変でみんなのテンポについて行けず、全然準備が間に合ってない…。
それでも今日はBloisです。今年度は12時30分から20時まで、全く休憩のないプランニングだったのが、仕事の都合で一人辞めたので16時から30分の空きができた。この間にトイレに行ける…。それ以外は今のところ欠席届が出ていないので、自分の勉強をする時間は無いかも。
日本では居間と廊下、トイレの工事が終わり、片付けもそこそこ済んだ。追い追い写真をアップします。
[PR]
by chie_miko | 2017-11-10 18:58 | 授業 | Comments(0)

10月13日(金)   晴れ

今日は平常授業のため再びBloisへ。ここのところ比較的まともに電車が動いてくれているので助かっている。
昨日の試験の審査に関しては、クラリネットの先生もフルートの先生も結果に納得がいかなかったようで、特にフルートの先生、Sabineが審査員たちに「どういう見解で、どういう理由で通してもらえなかったのか、もう一度よく説明して欲しい。」と食い下がって(あまりよくない表現だけれど、他の日本語が思いつかない…。)いた。
今日は気を取り直してレッスン。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-13 17:43 | 授業 | Comments(0)

10月12日(木)   晴れ時々曇り

今日二回目の更新です。試験が終わって、午後の練習が終わって、帰りの電車の中です。
いやあ、試験の審査の厳しいのなんのって。おまけにDEMのクラスの終了試験の時には、それぞれの楽器の専門家が審査にあたるのに、入試はその地方のConservatoireの学長たちが集まって審査にあたるため、彼らの頭の中にある理想の音楽をもとにして審査をしてくれる。難しい。
結局歌のクラスの生徒は取ってもらえなかった。彼女の年齢的なものもあるが、テクニックはもちろん、ソルフェージュ的なことや音色のこと、それぞれの曲の特徴の捉え方の問題など、はっきり言って彼らの求めていることが出来ていたら、もうしっかりプロだろう!って感じ。
それでも、もう数年は勉強を続けるためにConservatoireに残れることになった。それを考えれば結果的にはオーライなんだけど。なんとなくスッキリしないでいます。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-13 03:23 | 授業 | Comments(0)

10月12日(木)   晴れ時々曇り

木曜日ですが、今日はBlois行き。朝5時に起きて、今7時38分発の電車の中。この電車は乗換えが無くBloisへ直通。
明日も平常授業でBloisに行きますが、今日は午前中にDEMのクラス(レベル3を終了した後に挑戦できるDiplômeを取るための準備クラス)の入試があり、歌のクラスから一人だけ受験するので、彼女のためにBlois行き。うまくいくといいんだけど。
そして私がBloisに行くというので、午後の早い時間に、12月21日の、Conservatoireの芝居のクラスとのコラボ企画(Brecht作品)の打ち合わせを入れてもらった。先週、既に何曲か楽譜をもらっているのだが、実は私、ちょっと風邪を引いていて全然勉強できていない…。
昨日は日本大使館に選挙に行ってきた。フランスの政治も日本の政治も…う~ん、わからん…。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-13 03:20 | 授業 | Comments(0)

10月6日(金)   晴れ

金曜日なのでBloisへ出勤です。昨日のBruxellesは細い雨が寒々と降っていて、(とてもベルギーらしい…。)季節が冬に向かっている感が強かったけれど、今朝のParisは日が差して、歩いて渡るセーヌ川の橋の上から思わず写真を撮ってしまった。
今日は、今のところ欠席届の出ているのが一人。おやつ、トイレ休憩も必要だけれど、事務的なこともあるので、一人でも欠席がいてくれるとかなり助かる!?
結局、2018年の6月末まではBloisで講師を続けることになったので、生徒一人一人に対する継続的なレッスン計画を何気に考えてます。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-06 17:47 | 授業 | Comments(0)

9月22日(金)   曇りのち晴れ

Bloisへ向かう電車の中です。今シーズン初レッスン。この電車、「出発が5分遅れる」という表示があったけれど、今、「10分遅れで出発します。」というアナウンスがあった。としてもこういう情報は全く信用できない。「40分遅れ」と表示されていても、いきなり35分遅れで出発することもあれば、「5分遅れ」が平気で20分遅れることも。フランス万歳。
先々週の入試では9人の応募のうち、二人だけ今年のクラスに入ってもらうことにした。だって空きが無いんだもん。結果、12:30に授業を開始して20:00までノンストップ。トイレ休憩もなし。生徒の入れ替えのときに「ごめん!」と言ってトイレに行くしかない。
出勤するときはお昼もOrléansからBloisへの電車の中で、Orléans駅で買ったサンドウィッチを食べるだけ。(Orléans駅のサンドウィッチは比較的マシなので。)帰りの電車がちゃんと動いたとしても、家に着くのは23 :30前なので、それまでもたせるために、いつも夕方Chocolatをかじる。今年はレッスンしながらかじるしか方法がない。
(ほ~ら、出発時刻よりもう15分遅れているのに、まだ出発してない。運転手が遅れてるんだってサ。)
私は真面目に出勤してレッスンします!
[PR]
by chie_miko | 2017-09-22 18:05 | 授業 | Comments(0)

9月8日(金)   曇りのち雨

Bloisに出勤する電車の中です。今日はまだ授業ではなく、新しくクラスの入りたい人のためのAudition、要するに入試です。なので、いつもより遅い時間の電車で出勤。Orléansでの乗り継ぎ時間が12分しかないので、遅れられると困るなあ…。

入試は入試なんだけど、今年はほとんど空きがない。昨年度末のレベルアップの試験で、一人が2から3に上がり、もう一人が3を終了し、10月半ばにあるDEMのクラスに入る試験を受けることになった。レベルが上がるにつれてレッスン時間が長くなるので、必然的に空いた時間が無くなる。

それでも昨年まで来ていたDEMのディプロムを取得している生徒が、今年は歌のクラスは止めて室内楽のクラスだけにするということで、少し時間の余裕ができた。それでも8人も入試を受けに来るらしく、そしてその中の数人は初心者ではないということ。誰を取るか、難しいことになりそう…。

このブログ、夜にParisに帰ってからアップします。
[PR]
by chie_miko | 2017-09-09 07:10 | 授業 | Comments(0)

6月23日(金)   曇り

Bloisへ向かう電車の中です。今日は15時30分から試験官にYaëlをお迎えして進級試験。そして18時30分からクラスの年度末の発表会。今日こそはきちんと時間通りに動いて欲しい。
平常授業ではないにしろ、試験の前に順番に生徒の発声練習に付き合う。試験を受ける3人は試験開始のすぐ前にできるように割り振った。なんだか私が緊張している。3人には是非とも受かって、上のクラスに進んでほしい。
[PR]
by chie_miko | 2017-06-23 18:02 | 授業 | Comments(0)

6月16日(金)   晴れ

金曜日でBloisに出勤です。今週に入ってからも目まぐるしくて。12日(月)の午前中は、日本に持って帰るための在留証明とサイン証明を再び申請するために、在仏フランス大使館へ。夜には月一回のYäelのCoaching Vocalの講座があり、翌13日(火)からは今年度の試験が終わった万貴がParisに来た。彼女は21日(水)に日本に行くまでParis。
昨日、15日(木)は朝いちで大使館に申請してあった書類を取りに行き、その後、万貴の服を買うのに付き合った。
Bloisの授業は今日も全員出席予定。来週は試験と、夕方から夜にかけてはクラスの発表会。さすがにみんな最後の追い込みで必死。伴奏員のVéroniqueも先週から歌のクラスに付きっ切りで頑張ってくれている。
私の方はまた7月1日にBloisでちょっとだけ歌わねばならない。今週は先週の疲れを引っ張っていたのと、溜まっていた雑用に追われたので、来週からは態勢を整えて練習しないといけない。頑張ります。

現在Orléansの手前。電車が止まってしまっている。『部品の不具合のため』というが、どれくらいの時間で出発するのか全くわからない。Véroniqueにメッセージを送った。場合によっては彼女に早くConservatoireに行ってもらい、授業を初めていてもらうかもしれない。
[PR]
by chie_miko | 2017-06-17 06:47 | 授業 | Comments(0)