人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:旅行( 138 )

6月2日(火)   晴れ

今、日本行き飛行機に乗るためにCDG空港にいます。今年は4月の時にANAの貯まったマイルで日本と往復したし、来年からは基本的に年2回の日本との往復になるし(2014年は5回、2015年以降は4回)、おまけに来年の2月も貯まったマイルで往復するし…、という理由で、人生初めてトルコ航空のビジネスクラスで往復します。
初めてCDG空港のラウンジに入った!はっきり言ってあまり面白くない。成田空港のANAのラウンジの方がずっといい感じ。それでも、ゲートの前でずっと待っているよりは飲み物、軽食…というほどのものではないけれど、サラダとか果物類、スイーツ、ハム・ソーセージ類などは取り放題。ワインは飛行機の中で美味しいトルコワインを飲むので、ここではシャンパンをいただいております。
今までのイスタンブールのアタティルク空港のラウンジは、世界的に豪華で設備が良くて世界的に有名だった。(入ったことないけど。)今回から初めて4月から国際線の発着に使われているイスタンブール空港のラウンジはどうかな?すごく楽しみ。でも日本に行くときは乗り換え時間にあまり余裕がないので、寄れるかどうかわかりませんが、8月末、日本からParisに帰るときには待ち合わせ時間がけっこうあるので、バッチリ楽しむつもり。
日本は豪雨で大変みたいだけど、私が成田に着く頃はどうかな…。

by chie_miko | 2019-07-03 01:41 | 旅行 | Comments(0)

2月28日(木)   薄曇り

昨日、例によってトルコ航空でParisに帰ってきた。今回の日本、BloisのConservatoireの採用試験のために送る書類と、予定外で新たに買ったPC、それから完全に予定外だった携帯電話の機種変更の騒ぎで、税金の申告は最優先で済ませたものの、それ以外の家の片づけは全くできなかった。次回の日本は4月。
さて、空港での話。
まずは成田で、トルコ航空の各チェックインカウンターに「本日はナッツアレルギーをお持ちの方が搭乗されます。…」と、日本語と英語で張り紙。要するに「ナッツアレルギーの人が飛行機に乗るので、ナッツ類を機内に持ち込む人は、機内で開封しないでほしい。」ということ。今まで何度も飛行機に乗ったけれど、こういうのは初めて。もちろん、カウンターでもう一度口頭で伝えられた。
飛行機に搭乗するときにも、何度か日本語、英語、トルコ語でアナウンス。機内に入ってからもまたアナウンス。ものすごい徹底ぶり。「そうか、世の中、こういうこともあるよね。
そして今回は、Istanbulで乗り換えの時に、やっと念願のトルコアイスを食べた。私がIstanbulの空港を通過するのがいつも夜中とか明け方なので、お店の前を通過しても閉まっていたり、開いているのを見て「あとで…。」と思っていると、今度は店番のお兄ちゃんがいなかったりで、いつもスカっていた。
熊谷のお祭りでも、最近は夜店でトルコアイスがあるけれど、やっぱり全然違う。美味しい…。
そして今回はフットマッサージまで受けてきちゃった!



by chie_miko | 2019-02-28 18:22 | 旅行 | Comments(0)

1月30日(水)  Tunisie2018 (VIII)  

チュニジア紀行、最終回です。


1231日(月)

Parisへ帰る朝715分のフライトに向けて、明け方315分に起床。5時半にRiadahが迎えに来て空港まで送ってくれる。昨晩のうちに荷物の整理はほとんど終えていたけれど、最終的な洗面道具やパジャマなどを入れたり、二つある大きなスーツケースの重さを調整したりで、結構大騒ぎ。

Maison d’HoteのオーナーBrigitteが、朝早く発つ私たちのために食堂のある母屋の鍵を渡してくれて、簡単に朝食をとれるようにスタッフに頼んで前の晩のうちに用意をしておいてくれた。

私たちの旅行に付き合ってくれた、運転手兼ガイドさんのRiadahに空港で心からのお礼を言う。直子さんが日本式にお辞儀をしながら、日本語で「ありがとう。」と言うと、Riadahも同じように「ありがとう。」(彼が今回唯一覚えた日本語。)と直子さんをハグ。

帰りの飛行機は遅れもせず、とても順調だった。窓からの日の出も美しくて。

今年201912月にも、直子さんにParisに来るように誘っている。そして今度はTunisie(チュニジア)の地中海側、Sousse(スース)あたりに1週間滞在して、そっこを足掛かりに近いところをウロウロする計画を心の中で立てている。砂漠大好き!チュニジア大好き!

全然意味は無いけれど、一緒に旅したラクダのうちの1頭。
f0042370_18592750.jpg
あまり正面からラクダの顔を見る機会は無いようなので。
f0042370_19002400.jpg
これはカメラ目線。
by chie_miko | 2019-01-30 19:01 | 旅行 | Comments(0)

1月23日(水)  Tunisie2018 (VII)

チュニジア紀行の続きです。

1230日(日)

Dar El Kobba(ダール・エル・コバ)での朝食の時にインド人のご夫婦、香港人の若いご夫婦、そしてやはり若いドイツ人のご夫婦と一緒になった。小さいお宿が満員!

朝食後、9時にタクシーを呼んでもらって、Tozeur(トズール)の旧市街から一歩出たところで土・日にあるバザールへ。食料品、衣類、日用雑貨…あらゆるものが売られていて、たくさんの人でごった返している。並べて盛られている香辛料の色のコントラストがとてもきれい。

タクシーで一度Médinaまで戻り、Médinaの真ん中の市場にもちょっと寄ってみた。今回のTozeurの最初の日にも覗いたけれど、お肉屋さんの前には相変わらずラクダの頭が下がっている。

f0042370_18392943.jpg
これは「今日は新鮮なラクダのお肉があります。若いラクダですよ。」ということらしい。(大人になったラクダは、お肉が固いので食べない!と、運転手兼ガイドさんのRiadahに聞いた。)Tozeurのあたり一帯はDatteが名物。Médina(メディナ)にはあちこちにDatteを専門に売っているお店がある。特に地元民がたくさん入っているお店を選んで、直子さんのご希望のDatte(ナツメヤシの実)を買った。

このあたりは、海側でたくさん売っているオリーブやオリーブオイルは、比較的種類が少ない。でも「せっかく来たのだからオリーブオイルが欲しい。」という直子さんのために、Médinaの外にあったフランス系のスーパーマーケットCarrefour(カルフール)に、再びタクシーで行ってみた。食料品コーナーがとても小さくて吃驚。地元の人たち、食料品はみんなMédinaで買うんだろうな。

オリーブオイルの250mlの小瓶をやっと見つけ、お買い上げ。その後は私と万貴だけで、ナツメヤシの博物館へ。

f0042370_18402246.jpg
Tunisie(チュニジア)はDatte(デーツって言うの?)の輸出が国の輸出物の16%を占めているという。
f0042370_18410177.jpg
ナツメヤシの歴史の詳しい解説があり、博物館の中にある研究所で開発された、ナツメヤシを使ったジャムやシロップ、チョコレートなどを味見させてもらった。


by chie_miko | 2019-01-23 18:42 | 旅行 | Comments(0)

1月20日(日)  Tunisie2018 (VI)

チュニジア紀行の続きです。


1229日(土)

砂漠のキャンプの夜は寒くてたまらなかったが、Ksar Ghilane(クサール・ギレン)4つ星Campementも、周り中が砂漠なので、暖房があるにもかかわらず寒かった。でも、Matmata(マトマタ)のホテルはとても快適。

今朝は朝5時起床。7時に出発するために身支度をして6時に朝食に行っても、まだ食堂が開いていない。6時から食堂は開いていると聞いていたのに、6時に従業員が出勤してくる…。当然、予想はしてたけど…。結局朝食が食べ始められたのは620分。それでも私たち日本人は頑張って遅れを取り戻し、710分には出発できた。一気にAlgérieの国境近くまで行き、山岳オアシス(Oasis des Montagnes)の村々を訪ね、Tozeur(トズール)に帰る予定。

Matmataから少し山を下りて行ったところで日の出を観る。それからは再び塩湖Chott El Jerid(ショット・エル・ジェリド)を渡り、一気にOassis des Montagnes(山岳オアシス)へ。

このあたりも私も万貴も3度目。でもどうしてもこの景色を直子さんに見せたかった。まずはChebika(シェビカ)

f0042370_21275673.jpg
Algérie(アルジェリア)の国境に近いこのあたりは、1969年の大雨で村が流されてしまい、廃墟に。廃墟を抜けたところから山を登った先にきれいな湧き水がある。そこから小川が流れて…。
f0042370_21283380.jpg
日本だったら「あら綺麗ね。」だけで終わってしまうかもしれないが、この砂漠の中に流れる小川というのは、あまりにも感動的。

同じ時に流されたTamerza(タメルザ)の廃墟を眺めながらMidèsへ。

f0042370_21291450.jpg
上からの雄大なスケールの渓谷を覗く。一度Tamerzaまで戻ってお昼。地元のレストランで食べた典型的なチュニジア料理のコースがとても美味しかった。この国、どこで食べても美味しいものが食べられる。素晴らしい。

食事の後は、Tamerzaの滝に。

f0042370_21301665.jpg
今まで2度は上の方から眺めるだけだったのが、3度目にしてようやく下の滝のところへ連れて行ってもらえた。

山岳オアシスの後は、砂漠の中をラリーのように突っ走りながら、やはりスターウォーズのロケに使われたOng El Jemel(オング・エル・ジュメル)に。

f0042370_21352692.jpg
ここは万貴も私も全く初めて。Tunisieにはスターウォーズのロケ場所がたくさんある。私はスターウォーズを一作も見ていないので、一度注意深くじっくりと観てみようと思った。

このあたりの観光コースに必ず入っているNefta(ネフタ)CorbeilleをまわってTozeurに戻る。着いた時と同じ、Dar El Kobba(ダール・エル・コバ)に泊まる。旧市街とナツメヤシ畑とのちょうど境目にあるこのMaison d’Hote、叔母の直子さんにとっては異国情緒満点で素敵であっても、水回りなど決して便利とは言えなかったのが、砂漠の方をまわって、過酷な自然や人々の暮らしをちらっと見てきただけで、「さすがにTozeurは大きな町で、このお宿も便利で快適ね~。」と。

この旅の最中、あらゆる場面で、日本の2018年流行語大賞にも選ばれた、NHKの「チコちゃんに叱られる」の「ボ~っと生きてんじゃね~よ!」の言葉が、お互いの間で連発された。「甘ったれて生きてんじゃね~よ!」とかも…。

明日は一日Tozeur


by chie_miko | 2019-01-20 21:37 | 旅行 | Comments(0)

1月14日(月)  Tunisie2018 (V)

続き、どんどん行きます!

1228日(金)

Tunisie(チュニジア)のような国に来ていると、食事には当然のように子羊の肉が出てくる。これまで全く子羊がダメだった万貴が、今回、もう既に2回ほど「美味しい!」と言って子羊を食べた。単に料理方法の違いか、子羊自体がフランスと違うのか(種類とか、食べさせているもの、育て方…)、彼女自身の味覚が変わったのか…。

昨晩泊まったCampement Yadis Ksar Ghilaneは、このあたりのCampementでは最高級で、各部屋にシャワーも暖房もある。自家発電で24時間電気が供給されて…。それでもシャワーの排水が悪かったりするのは、やっぱり砂のせいかも。エアコンも一定時間作動すると切れてしまったり。二日前にキャンプしたDouzのあたりは砂漠の砂の色が白っぽいのだけれど、このあたりは赤茶色がかった黄土色。日の出、日の入りの時には、砂丘が赤く見えてとても美しい。

今日は午前中に時間の余裕があったので、オアシスの中にあるCampementからすぐのところにある温泉(35度程度。軽い硫黄のようなにおいがする。)を歩いて見に行く。

f0042370_17563997.jpg
野外の温泉プールのような感じで、数人の人が泳いで遊んでいた。
f0042370_17571880.jpg
周りに何軒かお店があり、直子さんと私と、二人で数個ずつ砂漠のバラを買う。

Campementでお昼を食べてからMatmataに向けて出発。

f0042370_17580316.jpg
ここには映画スターウォーズのロケに使われている場所がある。途中の景色のよいところで写真休憩をしながらMatmataの穴居住宅(Maison trogrodite)を見学し、今夜はMaison trogrodite様式のホテルにお泊り。
f0042370_17584587.jpg

「泊り客が多いので、夕食は19時に。」と言われていたので、時間通りに食堂に行こうとしているところに、次々とたくさんのツアー客が入ってきた。Matmataの村自体は小さいものの、ベルベル人の穴居住宅が観光名所になっている。この場所を訪れるのが3度目に私、何とこの村に泊まるのは今回が初めて。Maison trogrodite様式のホテルがいくつかあるのは知っていたけれど、実際に岩をくりぬいた部屋に泊まれたのはちょっとうれしい。


by chie_miko | 2019-01-14 17:59 | 旅行 | Comments(0)

1月13日(日)  Tunisie2018 (IV)

旅の続きです。

1227日(木)

月が出るのが22時頃だったので、20時過ぎにはテントで寝る体制に入りながらも、満天の星を観ながら夜を過ごした。ラクダの寝言?がうるさかったのと、寒さで夜中に何度も目を覚ましてトイレのために外に出たが、満月から少しだけ欠け始めたばかりの大きな月の耀さで、懐中電灯はいらないくらい。朝は7時前には、日の出を観るためにみんなでテントの外へ出た。

f0042370_19060807.jpg

朝食は、再びラクダ使いのおじさんが小麦粉をこね、焚火の炭の下で焼いたパン(これは話には聞いていたし、TVなどでも何度も見たことがあったけれど、本物は初めて。)にイチジクのジャムとオリーブオイルをつけて食べて、お茶を飲む。

f0042370_19065051.jpg

直子さんが、彼がパンをこねているところをずっと見ていた間に、万貴と私はテントを畳んだ。どこもかしこも、テントの内側も、とにかく砂まみれ。中に置いてあった荷物も砂まみれ。ダウンを着たまま毛布を被って寝ていた私たちも、みごとに砂まみれ。

f0042370_19073206.jpg

朝食を食べて荷物をまとめてDouz(ドゥーズ)に向けて出発。再びラクダに乗るが、なんと!万貴が乗ろうとしている時に、普通だったら絶対動かないはずのラクダが急に動き、万貴はラクダのしっぽの方に落っこちた!下が砂だし、背負っていたリュックサックもクッションのような役目をしたし、ラクダのお尻を伝って落ちたので、あざがいくつかできた程度で済んだ。(よかった…。)ここで直子さん、笑いすぎ。万貴ちゃん、可愛そうに…。

Douz(ドゥーズ)に着く前にお昼。これもラクダ使いのおじさんが、典型的なSalade Tunisienne(チュニジア風サラダ)を作ってくれた。朝の残りのパンと一緒に食べる。現地産の野菜も元気でとてもおいしい。

再びラクダでDouz(ドゥーズ)に着いて、今度はRiadahの運転する四駆に乗り換え、一途、次のオアシス、Ksar Ghilane(クサール・ギレン)へ。Campement Yadis Ksar Ghilaneにチェックイン。ここは随分前、万貴と最初にTunisieへ来た時に泊まった、常設テントの高級キャンプ。

f0042370_19081186.jpg
敷地内に展望台のような塔が作ってあり、日の入りが観られる。


by chie_miko | 2019-01-13 19:12 | 旅行 | Comments(0)

1月10日(木)  Tunisie2018 (III)

昨日、叔母の直子さんが無事日本に帰って行きました。

で、続きです。


1226日(水)

9時半に、今回の旅行に付き合ってくれる四駆の運転手兼ガイドさん、Riadahが迎えに来てくれて、巨大な塩湖Chott El Jeridを通ってDouzに向かう。太古の時代には海だった北アフリカのこの一帯には、塩の湖がたくさんある。

f0042370_19362590.jpg
このあたりも私と万貴は3度目。
f0042370_19365783.jpg
全てが初めての経験の直子さんはTunisieという小さい国ながらも、アフリカ大陸のスケールを感じて吃驚。特にこの日は気象条件が良く、蜃気楼がとてもよく見えた。

時々止まって写真を撮りながらお昼にはDouzに着く。お昼を食べた後、ラクダ使いの人と出会い、それぞれラクダ3頭に分乗し砂漠へ出発。万貴と私も、日没を観るために1時間弱ラクダに乗ってそのあたりを一回りしたような経験は何度かあるけれど、それ以上のラクダの旅は初めて。ラクダもそうは乗り心地のよいものでもないので、なるべく身体に負担がかからないような体制を考えながら乗る。

2時間ほど歩いたところでキャンプ。

f0042370_19385067.jpg
砂と、ところどころに低木があるだけ。平らなところは全くない。低木の陰に私たちがテントを立てている間に、ラクダ使いの人が火をおこして料理をしてくれた。あのあたりの砂漠の民の典型的な料理。たき火の前でのブリックとクスクスそしてミントティー。満天の星空の下で美味しかった。

「寒さ対策を万全に!」とあらかじめ言われており、それなりのものを持っていったはずが、全然足りなかった。ラクダ使いのおじさんがマットレスと厚い毛布を用意してくれたけれど、やはり寝袋を旅行会社で借りて行くべきだった。これは完全なミス。3人で、3人用のテントで、荷物も詰め込んでギチギチになりながらくっ付き合って寝たけれど、寒かった…。

直子さん、81歳にしてラクダに乗せられるわ、テントで寝ることになるわ…。面白がってもらえてありがたいけど、可愛そうに…。


by chie_miko | 2019-01-10 19:39 | 旅行 | Comments(0)

1月9日(水)  Tunisie2018 (II)

旅の続きです。

1225日(火)

8時にお願いしておいた朝食の後、9時過ぎに出発。TozeurMédinaを散策。私にとってTozeurは3回目。でも今まで1度もじっくりと街の中を歩いたことがなかった。午前中のうちにそれぞれが目指していたものを買う。直子さんはラクダの革製のスリッパBaboucheを、万貴はウールのマントのようなもの、そして私もウール100%の上着を買った。

f0042370_18330271.jpg

この類の上着、前回Sousseに行ったときに買ったものをず~っと着ていて、それなりに貫録がついてきていた。それはそれで着続けるとして、また新しいものを買いたいと思っていた。気に入ったものがゲットできてご機嫌!それから直子さんは小さいオリーブの木でできた入れ物も5つ買った。私の得意な値段交渉で、かなり安い買い物をした。結果、Babouche2足と万貴のマントで56dinars。私の上着が60dinars。オリーブの木の入れ物はさすがに5つで40dinarsまでしか下げられなかったが、まずまずの出来。(自己満足!)

お昼は念願のラクダを食べに、宿のDar El Kobbaの人に教えてもらったレストラン、Dar Dedaに行った。

食べました!ラクダ!味はしっかりしているけれど、くせがなくて美味しい!ちなみに、お宿の人たちは、「ラクダは砂漠の中の、薬になるような植物ばかり食べて育っているので、お肉はとっても身体に良い。」と。夜は、クリスマスなので、音楽と踊りのFolkloriqueなディナーショーへ…、というはずが、結果、ショーというよりは地元の人々のお祭り騒ぎを観に行っただけのような気がしました…。

f0042370_18232440.jpg
食べました!ラクダ!味はしっかりしているけれど、くせがなくて美味しい!ちなみに、お宿の人たちは、「ラクダは砂漠の中の、薬になるような植物ばかり食べて育っているので、お肉はとっても身体に良い。」と。

夜は、クリスマスなので、音楽と踊りのFolkloriqueなディナーショーへ…、というはずが、結果、ショーというよりは地元の人々のお祭り騒ぎを観に行っただけのような気がしました…。


by chie_miko | 2019-01-09 19:11 | 旅行 | Comments(0)

1月6日(日)  Tunisie2018 (I)   

遅くなりましたが、順にTunisieの旅行記をアップします。


12月24日(月)

Tunisieへ出発の日。叔母の直子さんと万貴と私の3人で、Charles de Gaulle空港まで乗り合いタクシーで向かう。最初は「定刻」と書いてあったTunisair30分弱遅れて出発。まずはTunisie第2の都市Sfaxで一度降り、45分の待ち合わせで目的地のTozeurへ向かう予定だった。ところが…。

Sfaxでほとんどの人が降り、わずかに残った最終目的地のTozeurへ向かう人は、待ち合わせ時間中、飛行機の中に残るはずだった。ところが、何故か私たちまで降ろされた。周りの人に訊いたところ、どうやら操縦士さん、スチュワーデスさんが交代するはずが、引継ぎをするはずの操縦士さんとスチュワーデスさんが来ていない!と。「え~、どれくらい待つの?」「1時間か、遅くても1時間15分って言ってるけど、アラブの1時間は3時間だから…。」

東洋人なんて当然私たちだけなので、周り中の人が気を使ってくれた。「ごめんね、でも本当はTunisieっていいところなんだよ。」とか、「これも旅の一つの思い出だと思ってね。」とか。

だんだん日が暮れてきて、ひたすら開けている地平線に夕日が沈んでいく。「直子さん、とってもきれいだよ。」地平線への日没を見るのは難しい日本から来ている直子さん。待合室から外に出たとたん、いきなりずんずん夕日を観に歩き出した。「駄目!」私たちはまだTunisieに入国していない!ポリスは大騒ぎするし、周りの人も「Non, non, Madame!」やっとのことで呼び止めて連れ戻した。「Tozeurに行けば、いやでも毎日こういう風景がなんだから。」と現地の人。

3時間遅れでやっとTozeurの空港に着き、旅行会社から派遣された迎えの人に、予約してあるDar El Kobbaまで送ってもらう。このMaison d'HoteBrigitteさんというフランス人がオーナーで、素晴らしいクリスマスのディナーを用意してくれていた。

f0042370_21005108.jpg
これは翌朝撮った、私たちの泊まっていた部屋の上のテラスからの写真。



by chie_miko | 2019-01-06 21:06 | 旅行 | Comments(0)