CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 432 )

2月15日(木)   曇り時々雨

先週の金曜日、Parisの家を出た時には雪は降っていなかった。電車に乗って、ブログの原稿を書いて、例によって居眠り。ふと目を覚ましたら、外はものすごい雪。先週は月・火・水曜と雪で、ただでさえ道がぐちゃぐちゃ、ズルズルなのに、再び雪!20分ほどの遅れでOrléansの駅に着いた。
今度は乗り換えるはずの電車の中に、荷物の置き忘れがあったらしい。呼び出しの放送をガンガンしていたけれど、誰も一向に現れない。こういう場合、フランスではテロを警戒するため、荷物は強制爆破となる。兵隊さんたちも来て、ホームにはテープが張られ「近づくな!」と。雪で閑散としているOrléansの駅で爆弾ってことも無いとは思うけれど、とりあえず。
処理されて、結局10分遅れで電車が出発。最初に来るはずの生徒からは、予め欠席届けが出ていたので、遅れても大丈夫。しかし、こんな雪でみんな授業に来るのか???Parisだったらメトロは動くので問題はないけれど、Bloisのような地方だとみんなバスや車での移動になるので、どうなるのか?
Bloisに着いて、Conservatoireまで坂道をズルズル滑りながら下って、また上がって。学校に着いて事務局に行ったら「Chieko…来た…。」学校にはほとんど人がおらず、シ~ンとしている。Véroniqueも電話してきて、「雪で道が埋もれていて車が出せないので、駅までいけない…。」って。事務局のスタッフからも、「生徒たちに連絡して、来られる人たちにはできるだけ早く来てもらって、少しでも早い時間の電車で帰った方が安全じゃない?」と言われ、みんなに連絡を取った。
結局、徒歩で来られる3人が出席。午後3時過ぎには雪が止んだけれど、道がズルズルなのには変わりはない。みんなが早く来てくれたおかげで、いつもより1本早い電車で無事帰って来られた。めでたし、めでたし。

[PR]
by chie_miko | 2018-02-16 04:53 | Comments(0)

2月9日(金)   雪のち晴れ

先週末から突然気温が下がり、今週初めから3日間雪が降ったり止んだり。昨日は太陽が差していたにもかかわらず、ちっとも雪は解けていない。今、Bloisへ行くためにAusterlitz駅まで来たけれど、歩道も凍っていてズルズル。雪の前からセーヌ川が増水していて、川沿いの自動車専用道路が通行止めになっているために、車も多いうえにみんなが徐行運転している。交差点でお巡りさんが交通整理をしているのだが、慎重に走っている車に向かって「Allez! Vite! Roule, roule!」(おい!はやく行けよ!)と叫んでいた。いいのかな?

さて、先週の木曜日のアパートの水漏れ事件の続き。金曜日、Bloisの授業が終わって、いつものように23時過ぎに家に着き、寝室のシャッターを閉めに入ったところ、窓際の床にペンキのかけらが落ちていた。「何?」と思い天井を見ると、天井のペンキにひびが入り、一部が剥がれて落ちてきている。「え~っ?こっちまで水が来たの?」

もう夜中だったので、他は点検しなかったけれど、翌土曜日の朝もう一度よく家中見てみたら、脇の、みんなが泊まるVIP室?の天井にも染みが出来ていた。水漏れって本当に怖い。今週に入って保険会社から、水漏れを起こした方と、被害を受けた方で一緒に書き込む書類が送られてきたので、水曜日の夜、上の階にお邪魔して書き込んだ。昨日書留で送ったので、とりあえず今しなければならないことは終わったはず。

ちょうど寒くなったタイミングで、壊れていた居間の大きな窓のシャッターも直してもらえたし、これでもう少し、教師資格VAEの書類作りに集中できるかな?


[PR]
by chie_miko | 2018-02-10 05:50 | Comments(0)

2月2日(金)   うす曇り

Bloisへ出勤する電車の中です。この週末はNantesでFolles journéeがあり、生徒のうちの二人が参加するため(一人は合唱で、一人はビオラを弾くため)、既に欠席届が出ている。
昨日は、朝11時前からクラリネットのAlainに来てもらって、フランスの教師資格のVAEの2次審査の書類を作るのを手伝ってもらう約束をしていた。Alainが来て、お茶を入れて、「さあ、始めるぞ!」というときに、脇の、ピアノの置いてある居間の方から「カチッ、カチッ…」という音が規則的に聞こえてきた。
最初は無視しようとしていたけれど、どうも気になって、「何の音?」と居間に入ってみると、部屋の真ん中にある電気のところから水がもろに「ポタッ、ポタッ…」と垂れている。「わぁ、水漏れだ~!」バケツを置いた後、すぐに上の階のお宅へ。ちょうどMadameがいて、「あの~、居間の真ん中から水が垂れてきているんですけど~。」Madame曰く、「えっ?居間で?浴室から水滴の音がするので変だと思って、もう一時間以上前に管理のところへ電話したんだけど…。」「わかりました、すぐにセキュリティーに言いに行ってきます。」
我が家の正面の建物にある、この一角を管理しているセキュリティー事務所へ。訳を話して、一緒に私のところへ来てもらった。ポタポタと垂れている水滴を見て「オーララー。」浴室側の壁にも染みが出来ている。セキュリティーの人もすぐに上の階へ。しばらくしたら、少しずつ水滴の量も減ってきた。
夕方、再びセキュリティーの人が来てくれて、「もう止まってるよね。上の階の浴槽の下の配管の問題で水が漏れていたので、すぐに水道屋さんに来てもらって修理してもらったから、もう大丈夫。」浴槽の下で水が漏れて、それが居間の真ん中までつたってきたということは、その間の天井がすべて水で濡れた…ということ。乾くにつれて、天井のペンキがはがれて落ちてくるかもしれない。ピアノが濡れなくて不幸中の幸いだった。とりあえず、いつ天井がパラパラ落ちてきてもいいようにピアノの上にビニールの大きなごみ袋を何枚も広げて置いてある…。

[PR]
by chie_miko | 2018-02-02 18:51 | Comments(0)

1月31日(水)   雨

今日もまた雨。Brétignollesに行っていたときも雨ばっかりで、あまりあちこち行けなかったし…。日本の知り合いから「セーヌ川の水が溢れてるんだって?大丈夫?」というメールが何通か来た。川沿いの自動車専用道路は水に浸っているけれど、Paris市内は大丈夫です。
先日、アップし忘れていた写真を。
f0042370_23552709.jpg
Fifiが作ってくれたTarte Tatin(リンゴのパイ)。美味しかったよ~。

[PR]
by chie_miko | 2018-01-31 23:57 | Comments(0)

1月10日(水)   曇り

12月半ばに壊れて、閉まったままになっていた我が家の居間のシャッター。業者さんに電話しても修理に来てくれず、そのままクリスマスと新年のVacancesに入ってしまっていた。ただでさえカラッと晴れないこの季節。そしてこの冬は本当に天気が悪く、外がずっと薄暗い。窓一か所だけだったけれどシャッターが上がらず、日中もず~っと暗いままだった。

そして今朝、やっと修理の人が来てくれた。シャッターを開け閉めする部分を丸ごと交換せねばならず、パーツを注文しなければならないので、今すぐにはどうにもならない。でも閉まりきりだったシャッターを開けてくれた!部品が来て取り付けてもらえるまで、今度はシャッターが上がりっきり。でもこの方がいい!


[PR]
by chie_miko | 2018-01-10 23:06 | Comments(0)

1月8日(月)   曇り

年末にBruxellesのかおりちゃんのところへ行った時、航空会社の話になった。亮くんもかおりちゃんもよく日本と往復しているし、私もここ数年日本に行く機会が増えている。ヨーロッパ=日本間に限定された話だけれど、今まで利用したことのある航空会社について「ああだ、こうだ!」と。

もちろん飛行機会社の選択基準はみんな違い、特にかおりちゃんのように大きな楽器を持ち歩く人は、航空会社の楽器扱い方が基準になるのは当然。(みんな少しずつ違うらしい。)

12月にParisに来ていた友人が成田行きのAir Franceでロストバゲッジ。それも、フライト前日に3万円払ってエコノミークラスからプレミアムエコノミーにグレードアップしたというのに。結局三日遅れで荷物が届いたと聞いた。

AirFranceには私は全く乗るつもりはないけれど、いろいろと話は聞く。友人に、その時のAir Franceからの手紙(日本語)を見せてもらったけれど、私にはなんとなく高飛車なように感じられた。他からも、「Air Franceはロストバゲッジしても謝らない。」みたいのことを聞いたし。この友人、ロストバゲッジの話を周囲にしたら「Air Franceに乗る方が悪い!」と言われたそうな。可愛そうに…。


[PR]
by chie_miko | 2018-01-08 18:42 | Comments(0)

1月4日(木)   雨

2日(火)にはBloisConservatoireの伴奏員のVeroniqueとそのお友達、Stéphnieが来て、万貴を含めて4人で新年会。またお鍋をして、食べ終わった後はかおりちゃんのところから交換して借りてきた人生ゲーム。万貴と私でフランス語に訳しながら、女4人で大騒ぎ。いやいや、楽しかった。

そして今日は朝から、万貴と一緒に、暮れにできなかった大掃除を。終わった後、遅めのお昼に、太田真紀ちゃんにお土産に頂いた「日本全国もちくらべ」を味わった。これ、日本全国から5つの都道府県のもち米からできた、小さな丸餅が二つずつ入っていて、食べ比べできるもの。北海道、新潟県、京都府、岡山県、佐賀県。みんなちょっとずつ歯ごたえや味が違って、とっても興味深かった。私たちの好みでは北海道がトップだったかな?


[PR]
by chie_miko | 2018-01-05 01:21 | Comments(0)

1月1日(月)   雨

新年あけましておめでとうございます。本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

2017年は相変わらず日本の家の雑用に追われ、そしてYaëlCoaching vocalの講座やVAEの書類に追われる毎日でした。どれも今年、2018年も続くことですが、順調にいけばCoaching vocalの講座とVAEは秋までには片が付くし、日本の家の工事はすでに山場は過ぎて、今年の分が終わりさえすれば、来年はかなり楽になる予定。もう少しの辛抱です。

「今頑張らねばいつ頑張る!」

自分に言い聞かせながら、前に進んで行きたいと思います。

2018年が皆さまにとって素晴らしい年になりますように。


[PR]
by chie_miko | 2018-01-01 20:17 | Comments(0)

12月31日(日)   曇り

28日(木)は荒木家と万貴と私で、『CIRKAFRIKA 3』へ。午後3時からの公演。万貴と私は1も2も観ており、明るく楽しいSpectacleがとてもステキなので、今回は荒木家もお誘いした。

今年は過去の2回よりも短くコンパクトにまとまっていて(以前はとても長かった。)、観やすい形になっていた。いつもながら人間の身体の持つ可能性の素晴らしさに脱帽させられてしまう。

夜は我が家でお鍋大会。ピアニストの大瀧くんもやって来て、しっかり飲み食い。そしてその後は我が家の年末年始恒例「人生ゲーム」。メトロが無くなるような時間まで大騒ぎをしていた。

29日(金)は朝840分に家を出てGare du NordからBruxellesのかおりちゃんのところへ。これもほぼ毎年この時期の恒例。お昼をご馳走になった後、万貴とプラネタリウムに行った。

ちょうど旦那さまの亮くんもいて、お夕飯に美味しいシュウマイをたくさん作ってくれた。そしてここでも「人生ゲーム」。かおりちゃんのところのものと、我が家のものではバージョンが違うのだけれど、今年は私たちが我が家のものを持って行ったので、そちらを。「人生ゲーム」って、大人だけでもどうしてここまで盛り上がれるの?

昨日30日(土)は午前中からBruxellesの自然史博物館へ。興味深い史料がたくさんあって、万貴とふたりで半分も行きつかないうちに時間切れ。かおりちゃんのところへ戻って再び「人生ゲーム」。そして1年間の約束でゲームを交換することにして、Bruxellesバージョンの「人生ゲーム」を持って昨晩帰ってきた。

これで今年の忘年会は終わり。年が変わったら新年会。


[PR]
by chie_miko | 2017-12-31 23:48 | Comments(0)

12月15日(金)晴れ時々曇り時々雨

今日も先週の金曜日と同じく、朝7時29分発の電車でBloisに行きます。午前中は21日(木)のBrechtのSpectacleのためのリハーサル。先週はリハーサルが結局12時過ぎまで終わらず、12時半開始の授業の前に昼食を食べる時間が無くなった…。ラッキーなことに?13時半からの生徒が、子供が病気で欠席。大急ぎでサンドウィッチを買いに走った。
今日もひょっとしたら14時45分までお腹が空いたままかもしれない。朝早く家を出ているし、朝っぱらから歌っているのでお腹がすくんだよ、ホントに…。
Yaëlの講座の勉強の1年目が終わってちょっと一息!と思ったら、VAEのための資料作りにも追われているし、自分のペースでゆっくり練習したいと思っていてもなかなか思うようにいかない。来年4月と8月の日本でのコンサートのための譜読みも、いい加減に始めないと後で泣くことになる。それでも年末年始は遊びたいし…ね。
[PR]
by chie_miko | 2017-12-16 07:50 | Comments(0)