CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 445 )

10月14日(日)  Tunisie2018 旅行計画(VI)  うす曇り

旅行計画の続きです。

旅行会社には、こだわりまくった注文を出し、意見をし、変更し…。さぞかし細かくてうるさい客だと思っているに違いない。でも、どのメールにもとっても迅速にきちんと答えてくれる。携行品や準備をするものをリストにして送ってくれた、ラクダと一緒の砂漠ツアーに関しての細かい質問にも、とても親切に答えてくれた。

あちらの出してくれた金額の半分を銀行振り込みで払い、残りの半額は、旅行の初日に空港に迎えに来てもらったときに現金で支払う。基本的に12食付きで(78日のうち、二日間は3食付き。)、ホテル代、ラクダツアー代、空港送迎など、全て込み。

TozeurまではTunisairの定期便しか飛んでいないので、飛行機代がちょっと高くついたけれど、直接現地の旅行会社にコンタクトをしたために、結果的に安くついている。その分、ちょっと贅沢をしたけれど、万貴と私の二人だけではなく叔母もいるのでちょうどよかった。

お願いした、Tozeurの旅行会社は「Au Coeur du Désert」です。きっと他の旅行会社でもきちんと仕事をしてくれると思いますが、とりあえず、私の経験から。
[PR]
by chie_miko | 2018-10-15 00:16 | Comments(0)

10月4日(木)  Tunisie2018 旅行計画(IV)  晴れ

Tunisieへの旅行計画の続きです。

922日(土)に送られてきた旅行会社からの提案の中に、1226日(水)に想定していなかった『Douzの町からラクダと一緒に砂漠の中に行き、そこで一泊』という項があった。ラクダが荷物を持ってくれるけれど、私たちは歩くのか、ラクダに乗るのか…。

他の修正案と含めて、質問メールを送ってみた。それと同時に叔母と万貴に電話。叔母の直子さんはと~っても元気だけれど、やっぱり81歳。あまり長い距離を、それも砂の上を歩くのは大変すぎる。

私も、四駆で砂漠の中に行ってテントに泊まったことはあるけれど、ラクダと一緒というのは、せいぜい1時間強、夕暮れ時の散歩をしたくらいしか経験がない。興味津々。万貴も大喜び。直子さんも「え~っ?」と言いながらも、まんざらではなさそう。問題は、歩く距離と時間の問題。

土曜日の午後と日曜日は旅行会社が休み。924日(月)の午前中、すぐさま回答と、私の希望に沿った修正案、そして金額が送られてきた。とにかく仕事が早い!

砂漠の中のキャンプ地は、ラクダに乗って1時間半~2時間ほど入ったところにあるそうで、歩いていくわけではないそう。これは決まり!再び細かい質問と、「お支払いはどうやって?」というメールを送った。
[PR]
by chie_miko | 2018-10-04 23:56 | Comments(0)

9月24日(月)  Tunisie2018 計画(I)  晴れ

珍しく風邪を引いて、あまり練習ができないところで、クリスマスから新年にかけての休みの間に、Tunisieに行く計画を立てている。私は4度目、万貴は3度目。今年は日本から叔母の直子さんがやって来て、3人で出掛ける予定。

直子さん、一人娘の響子さん(私の従姉)が亡くなってから、一時はかなり憔悴していたけれど、少しずつ元気を取り戻しつつある。今年の初め頃から、「今度の冬はParisに来たら?一緒にTunisieに行こうよ!」と話していた。

叔母にSaharaの日の出と日の入りを見せてあげたくて、今回は砂漠のOassisの町、TozeurParisから直接飛行機で行くことにした。Tozeurには、夏の間以外は週2便、Parisから飛行機が飛んでいる。(夏の間は暑すぎるからナシ!)

以前行ったことのあるコースでも、どうしても直子さんに見せたい場所をあれこれ考えて自分なりにコースをつくってみた。かなりたくさんの旅行会社でツアーを探したけれど、どうもしっくりこない。そうこうしているうちに、希望の日にちでの飛行機の座席がどんどん無くなっていく。

Tunisieを専門に扱っているような旅行会社とコンタクトを取り、私たち3人の旅行の段取りを頼もうかとも思ったが、ParisTozeur間はTunisairしか飛んでないので、ひとたび飛行機が満員になってしまえば、もうどうにもならない。

16日(日)、とうとう帰りの希望の日、1231日のTozeurParisのエコノミークラスが残り3席になってしまったところで、自分で飛行機を取ってしまった。こればっかりは、どこの旅行会社に頼もうが、満席は満席。旅行の時期が動かせない場合は、まずは飛行機。

これで1224日~31日が決定!
[PR]
by chie_miko | 2018-09-25 05:12 | Comments(0)

9月10日(月)   晴れ

先週の土曜日、昨年から大騒ぎしていたVAEの合格通知がやっと届いた。73日に最終の面接試験が終わり、結果は8月末に郵送されると聞いていたにもかかわらず、ずっと何も届かず…。フランスの郵便事情も必ずしも信用できるわけではないので、不安になり、金曜日に事務局へ電話して訊いてみた。

「ちょうど発送したところなので、明日の土曜日か、月曜日には着きますよ。」

問題なく、全ての基準(判断条件?)をクリアーして合格。ホッと一安心。

まずはConservatoireの学長、Jean-Claudeに電話、そして書類や面接の準備の最後まで付き合ってくれたAlainFrance、心身ともにボロボロになっていた時にも、ずっと励まし続けてくれたVéroniqueにも電話。みんな大喜び。

14日(金)にAlainと奥さまのFrédérique、それからFranceVéroniqueを招いて、我が家でパーティーをします!
[PR]
by chie_miko | 2018-09-11 04:41 | Comments(2)

9月1日(土)   晴れ

久々、本当に久々の更新。7月のVAEの面接が終わってからも、日本に715日に発つまで、ひたすら目まぐるしいばかりで…。おまけにParisの我が家の洗濯機が壊れたり。(これに関しては、日本に発つ前にどうにもできなかった…。)

日本では811日に東京、25日に深谷のEgg Farmでコンサート。プログラムの曲がただただ難しく、大変な騒ぎだった。

過去にさかのぼるけれど、すこしずつ振り返ってブログにアップしていきます。
[PR]
by chie_miko | 2018-09-02 04:15 | Comments(0)

6月1日(金)   曇り

金曜日なので、出勤する電車の中です。今朝も5時起きをして725分発の電車に。どうやら今朝は定刻に出発するらしいけれど、今、深刻な問題が起きている。

数年前から、この類の電車にも座席指定が導入された。(以前は無かった。)まず、日本のように毎回同じ場所に電車の扉が来るように止まってくれる、などという夢を見ることは許されない。電車の号車の順もぐちゃぐちゃだったりする。(TGVは比較的マシだけど。)そして今朝は!

「今朝も号車の順番がぐちゃぐちゃだぁ。」と思いながら、私の席のある3号車を探していた。それぞれの号車の前と後ろに扉のあるタイプ。9号車、8号車、1号車、5号車、6号車…。突然「3」という数字が目に入った。「え?この車両、6号車じゃなかった?」同じ車両の、既に通り過ぎた扉には「6」と書いてあった。でも「3」という表示を見たので乗り込んで、私にあてられた席に行った。当然、乗客の間で「ここは3号車!」「いや6号車!」と。ただでさえ続いているSNCFのストで、みんな面白くなく思っているのに。

先週に続き、今週も言う。「いい加減にしろ!」
[PR]
by chie_miko | 2018-06-01 16:24 | Comments(0)

5月25日(金)   晴れのち曇りにわか雨

今日は久々に電車でBloisに出勤。(4月に日本に行く直前の金曜もストだったし、先週もストだった。)そしてその間に何故か電車の時刻表が変わっている…。いつも使っていた925分発のOrléans行の電車が無くなり、825分発に乗ってOrléansで乗り換えを1時間55分待つか、725分発Tours行に乗って、直通でBloisに行くか…。究極の選択。725分を選んで5時起きをしてAusterlitz駅に来てみたら、例によって「15分遅れ」と表示が。その上、ネットで見た時刻表と駅の表示が違う!ネットで見た825分発も表示されて無いし。どういう事?

そして今知ったけれど、遅れの理由は「機関車部分が接続できていない。」だって。もう15分以上遅れているが、まだ機関車部分が来てないらしい。いい加減にしろ!

何故こんなくだらない事で怒らねばならないのか!と思うと、ますます怒りがこみ上げて来る。あ~くだらない。ク・ダ・ラ・ナ・イ!

どうやら30分遅れで出発するらしい。
[PR]
by chie_miko | 2018-05-26 03:02 | Comments(0)

5月19日(土)   晴れ

昨晩Bloisに泊まって、今日も授業。やはりParisに住んでいるBassonの先生Nicolasが珍しく昨日から来ており(金曜日は彼のレッスン日では無い。)、彼自身もBlaBlaCarに登録しているので、「な~んだ、言ってくれれば乗せてきてあげたのに…。」と。どうやら彼はギリギリにサイトに募集をかけたみたい。私はかなり前もってBlois往復の車を探したので彼の募集の記事を見なかった。「次回Blois往復の車を探すときには、とりあえず電話してみて!」と。

そしてつい先ほど、BlaBlaCarParisPorted’Italieまで送ってもらい、家にたどり着きました。15日、16日の本番の疲れも取れきれないまま2日間の授業で、さすがに疲れた…。


[PR]
by chie_miko | 2018-05-20 05:13 | Comments(0)

5月18日(金)   晴れ

全く更新する余裕のないまま、今になってしまいました。やらねばならない事が多かった上に、SNCFのストのせいでBloisとの往復のオーガナイズをせねばならず、エネルギーを使い切った感じ。

414日~57日、日本でした。426日には両国の門天ホールで稲垣さんとコンサート。いろいろと難はあれ、それなりに楽しく演奏できました。

そして515日、16日と、ParisLa Vieille Grilleでちょっと面白い仕事をしておりました。テノールとビオラ、クラリネット、おもちゃのピアノとテープ、ビデオ、そして私(メゾ・ソプラノ)という、とても変な編成で。今回が初演で、まだまだ問題が多かったのだけれど、どうやら2020年に再演!という話が出てきたらしく、なんだか面白くなってきた。このような、いろんな要素を含んだ作品の演奏は大好きなので、再演できるのはとてもうれしい。

そしてSNCFのストはまだ続く。今日だって、Bloisへの出勤はCovoiturageBlaBlaCarで。そして4月に日本に行くために一度授業に穴をあけたため、今夜はBloisに泊まって明日も授業。その後またBlaBlaCarParisに帰る。もういい加減にしてほしい…。


[PR]
by chie_miko | 2018-05-19 06:03 | Comments(0)

4月12日(木)   曇り時々雨

明日、明後日と再びSNCFのストなので、明日のBloisへの往復ともCovoiturageBlaBlaCarで。そして14日(土)に日本に発ちます。今回は57日まで。426日(木)に両国門天ホールでEnsemble32のコンサートです。

大騒ぎしていたVAEの書類も火曜日に送ることができたし、これでやっと歌に集中できます。また後日、コンサート情報をアップします。
[PR]
by chie_miko | 2018-04-13 03:49 | Comments(0)