CHIEKOの無駄口

ブログトップ

2007年 04月 28日 ( 1 )

4月27日(金)   晴れ

火曜日の晩、Faustin宅に万貴とお招きを受け、お魚のバーベキューをいただきました。Faustinと万貴と私、従姉妹のMagaliの計4人。最初、Faustinの叔父さんのPierreがちょっと顔を出したので、一緒にお食事するのかな?と思ったんだけど、用事を済ましてすぐに帰ってしまった。
「19時ちょっと前くらいには行けると思う。」とFaustinにあらかじめ伝えてあったのに、門のチャイムを押しても誰も答えない…。彼の携帯に電話してみたら「あれ?Magaliはいない?」「返事無いんだけど。」「ごめん、今買い物してるから10分くらい待ってて。」近くの大きなスーパーで買い物をしていたらしい。どうやら昼間、Ralfがいきなり遊びに来て一緒に昼食を食べたため、午後の予定が全部少しずつ遅れてしまったらしい…。Rendez-Vous無しにいきなり「居るかな?」って訪ねる…っていうの、昔は日本でもよくあったと思うけど、最近は東京などではほとんど失われてしまった習慣じゃないかな?Parisだって普通は無い。でもAntillesの親戚や仲間たちの中ではまだまだこういうことがあるんだ!というのが最近わかってきました。彼らって、例えば買い物も必要人数分以上に買うし、お料理するときもとても余分に準備する。何時誰が突然現れても食事時になったらちゃんと振舞えるように。余ると後日温め直して食べたり、近くに住む友人や親戚の家に持って行ったり。「お料理を持って行く。」っていう習慣も随分と消えてしまったような。だから私も日本の旧き良き時代を伝えるべく?時々はFaustinの家に行く時、何か作って持って行くようにしている。この晩も「ワカメとアボガドとトマトのサラダ」を作って持って行った。(お魚って聞いたから海草と合わせた。)Antilles人、国籍はフランスでも、普通の白人のフランス人とはやっぱり全然違う。
[PR]
by chie_miko | 2007-04-28 04:57 | Faustinとその仲間 | Comments(0)