人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

1月18日(木)   曇り

今日はScottとフランス国立図書館にAntonin Artaudに関する展示会を見に行ってきました。二つの大戦の間に舞台、映画で活躍した役者さん。シナリオを書いたり、映画の監督をしたりだけではなく、たくさん絵画作品がある。絵画作品といっても風景とかではなく、彼の作品はほとんどが自画像。かなり刺激的なデッサンで「危ない~!」って感じ。私は役者さんのことは全く詳しくないんだけど、かなり前にJeanne d'Arcについての古~い映画(白黒で無声)を観たことがあって、Artaudというとその映画でJeanne d'Arcが火あぶりになる前に彼女と延々と話をする神父の役をやった人…というくらいの知識しかなかった。映画もその時代ではかなり抽象的な実験的なものを作ったりしてて。たくさんあった彼の自画像を観ていてゴッホを思い出した。彼もやたらとたくさん自画像を書いてる…。そう思いながら展示会の最後に、いきなりゴッホに関する部分が出てきた。とても好きだったみたい。ゴッホの自殺について本まで出してる! ゴッホ以外にも、かなりいろんな画家たちと交流があったみたいで、その本についてミロがコメントを書いて手紙で送っていたりして。Artaud自身も精神障害に悩んだみたいで、最期は自殺。天才に自殺は付き物ってこと?
by chie_miko | 2007-01-19 00:32 | Comments(3)
Commented by ozatomo at 2007-01-23 02:02 x
そうそう。最近森村桂の「天国に一番近い島」を読んだんですが
あれ実話の旅行記だったのですね。昭和四十年代に書かれた本。
で森村さんのことを調べたら2004年に自殺してた・・・。
すごい不思議な感じがしました!
Commented by chie_miko at 2007-01-24 05:52
「天国に一番近い島」ってひょっとしてニューカレドニアのことでしたっけ?(記憶違いだったらごめんなさい。)森村桂って自殺しちゃってたんだ…。私も知りませんでした。
Commented by ozatomo at 2007-01-28 19:39 x
そう!ニューカレドニアです!