CHIEKOの無駄口

ブログトップ

12月7日(水)   晴れ

昨晩はクラリネット吹きのAlainと、ビオラ弾きの奥様Frédériqueのところにお呼ばれでした。二人はクリスマスの休みに、IT関係の勉強をしている息子さんを連れて日本に旅行に行く。そんなこともあり私と話しがしかったらしく、夕食に呼んでくれた。
Alainは数か月前から日本語の勉強を始めている。彼は考古学の分野での言語学の学校出身で(それなのになぜかクラリネット奏者のなった!)、15か国語話したり読んだりできる。(4種類のラテン語、2種類のケルト語、古代エジプト語、古代ギリシャ語、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語…あとは何だろう…?)昨晩家に行ったら、しっかり辞書とノートを広げて日本語を勉強していた。重要な日本語の動詞を書き出して、それを「肯定、否定、肯定の過去、肯定の否定」という具合にリストアップして、覚えていた。
さすがにたくさんの言語を操るだけあって、日本語の勉強のしかたも、いわゆる参考書や語学のテキストを最初からやっているわけではなく、まずは動詞!と。
しかしまあ60歳も過ぎているというのに、覚えるのが早いこと早いこと!あと10日間勉強して、2週間日本に行って来たら、帰ってきたころにはさぞかし日本語が上手になっているに違いない。
Frédériqueとは東京と、京都、奈良の話。あっという間に時間が経ってしまい、二人に車で送ってもらった。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-08 06:50 | お食事 | Comments(0)