人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

5月12日(金)   晴れ   お酒バトン

ぴかままこと、Berlin在住の森川姐からお酒バトンがまわってきました。私が酒飲みということで、楽しい内容を期待されてしまってるみたい? そんなことも無いんだけど。
Q1.酔うと基本的にどうなりますか?
知りません。本当に。だって考えてみてよ。酔ってる時に自分を観察できるわけないし、まわりで飲んでる連中だって酔っ払ってるんだから、当然、冷静に他人を観察するなんて不可能。ま、ひとつ明らかな特徴としては記憶が寸断~喪失状態になる。でも基本的に明るく陽気なお酒だと思います。眠くなればそのままの姿勢で寝て、突然起きてまた飲む。
Q2.酔っぱらった時の最悪の失敗談は?
私はどんなに苦しくても吐けない体質。だからその手の失敗談はありません。でもね、前回の日本でかなり恥ずかしい事がありました。Mahlerの3番のコンサートが終わった後のこと。横浜のみなとみらいで歌って、オケの皆さんと一緒に打ち上げを軽くすませ、その後指揮者のひさとアシスタントの柴田くんと内輪で飲みなおしをしました。Mahlerは私の全くの専門外でめちゃめちゃ緊張し、日本に行く前もParis郊外でリサイタルがあって、翌日日本に飛んで…とノンストップということもあり、一気に抜けた感じ。オケの皆さんとの打ち上げからず~っと一環して赤ワインしか飲んで無かったのに、場所を替えて3人で飲み始めてすぐに記憶がぶっ飛んだ。一瞬記憶が戻ったのは帰りの夜更けの横浜駅。次に覚えているのは東京駅。最終の新幹線にギリギリ間に合わず、「上野に行かなきゃ~。」って。ひさが「柴田くん、ちえを上野駅まで送って行ってやって。」とひとりで先に逃げた。そして再び上野駅まで記憶が飛んでる。柴田くんが私を電車に乗せてくれた。「大丈夫ですか?」「うん、もう大丈夫。」ってさよならして(まだ最終ではなかった。)電車に乗り込んだのはいいけど、持っていた荷物と大きな花束が滑って落ちそうになったので支えようとしたら、私がズデ~ン!と転んだ。実はその時手を付いて突き指したところがまだ痛い…。情けない…。柴田くん、大変ご迷惑をお掛けいたしました。申し訳ありませんでした。
Q3.最悪の2日酔いはどんな感じですか?
二日酔いはしないんです。大昔、大学生の頃は三日酔いくらいになった事もあったけど、今はありません。翌日起きて、「夜更かしのせいでまだ疲れてる。」とか「まだ酔っ払ってる?」というのはあります。胃が異常に丈夫なの?
Q4.今、冷蔵庫に入っているお酒の量は?
ビールを一滴も飲まない私。残念ながら冷蔵庫には料理用の日本酒以外、お酒は入っておりません。だからビールを飲みたい人は、ちゃんと自分で買ってくるのが我が家でのお約束。
Q5.好きな銘柄は?
とにかく赤ワイン。美味しければどれでも大好きですが、好みとしてはローヌ川沿いの地方のもの。Chateau-neuf du Papeのとっぽい味が一番好きかも。それ以外だったらフランスの南西地方の赤。Bordeauxの中だったらGrave。でもフランスワイン以外だって好きです。常に赤だけど、南アフリカのワインだって悪くないし、モロッコワインのGuerraouaneの赤なんて、太陽の光をいっぱい浴びてる味がする!!! 赤ワイン以外は焼酎が好き。泡盛…古酒…大好き。
Q6.最近飲んだ店は?
フランスではいわゆる「飲みに行く!」ということが無いです。日本でも東京で友人に会って一緒にお食事しても、熊谷まで帰らねばならないので…。だから最近とは言えませんが、熊谷のワインバーL'ami du vin St. James's 〒360-0041 埼玉県熊谷市宮町2-132 Tel: 048-526-2051 (日曜休)、ここは最高です。ワインのコレクション、保存状態といい、ソムリエといい、東京でもこんなハイレベルのお店は知りません。お食事もできます。決して安いとは言えないけれど、内容を考えたらとても納得のいくお値段です。
Q7.よく飲む、もしくは思い入れのある5品
Chateau-neuf du Papeは好きでも、私の経済状況ではいつでも飲めるレベルではないので、特別な時に親しい友人から頂いたりしてます。それ以外の珍しい?ものとしては、森川姐が教えてくれた「ベヒェロフカ」。それからチュニジアのナツメヤシの実から作ったお酒「Tibarine」、同じくチュニジアの「Boukh」、キプロスのオレンジからのお酒「Filfar」、それから、だんだん天気の良い季節になり暑くなってくるとやっぱりPastisです。
Q8.ジョッキを渡す5人
5人はちょっと難しい。せっかくフランスにバトンが飛んできたので、Paris市内で約一名にワイングラスをお渡ししたいと思います。marcelmarcelこと、ピアノの調律師、そして別名「闇の必殺工事人」アラーキー。よろしくお願い致します。
by chie_miko | 2006-05-12 21:57 | バトン | Comments(3)
Commented by ぴかまま at 2006-05-12 22:09 x
早速ありがとさん♪こないだ日本にもベヒェロフカの信者をひとり増やしてきたよん。
そうそう。こないだ酔っぱらった末に高級赤を一本無駄にしたのよ・・・。地下室まで取りに行って開けたのに一口も飲まずに沈没。しかも、取りに行ったことすら記憶にない(爆)。もったいないが結局それで肉を煮たんだよね。さすがに旨かった(笑)。
トラバ送信させてもらったよ〜。
Commented by chie_miko at 2006-05-13 00:30
どうもです。「料理酒は安くても…。」なんて言うけれど、美味しいお酒使えば、やっぱりその分美味しいんだよね。もったいないけど。
Commented by chie_miko at 2006-05-13 00:36
あ、追伸です。上野からは、寝こけていたものの、無事熊谷駅で下車。帰りましたよ、きちんと。