人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

12月25日(日)   曇り

23日の夜は、Montparnasseの近くの美味しい中華料理「Delibay」(通称「はっかいさんのお店」)で、荒木家のメンバーと万貴と私の5人でお食事…のはずが、荒木家の奥さま、幸子さんが残念ながら病欠で、アラーキーと9歳の朔子ちゃん、万貴、私の4人でのお食事になりました。
中華は大人数でテーブルを囲んだ方が、いろいろ食べられて楽しいのだけれど、とりあえず4人(朔子ちゃんは戦力としてはちょっと弱いけど。)いれば、それなりにいろいろ食べられる。とりあえずメニューは開いてみたものの、かなりのところをシェフのはっかいさんのお勧めに従うことに。
最初にアラーキーと私が頂いたお勧めの「朝鮮人参のスープ」、(Strasbourgから帰ってきたばかりのアラーキーは、「冷え切った身体を暖めるため」に、私はまだ完全に治りきっていない「風邪を治すため」に。)えらく美味しかったです。餃子やワンタン系のものが大好きな万貴はワンタンスープ。再びお勧めの中華風「牛肉のタルタル」もとても繊細なお味で。そして焼き餃子をみんなで一人前。
それから「鱸の煮付け」と辛くない「麻婆豆腐」に「ウナギチャーハン」。もう、どうしてこんなに美味しいの?って感じ。これだけだって結構な量があったのだけれど、みんなでもう一品!と、海老とマンゴの炒め物を追加注文した。本当に、どうしてこんなに、何を食べても美味しいんだろう…。幸子さん、本当に残念でした。
家に帰ってからFaustinとの電話で、「お魚、美味しかった~。」次回彼がお店に行く時に、鱸が入っていればよいのだけれど。
日本そこ、宴会シーズンたけなわでしょうが、こちらもクリスマスと新年は、ひたすらパーティーなので、美味しいものを食べながらも、身体が辛くならないように体調に気をつけようと思ってます。
by chie_miko | 2011-12-25 23:54 | お食事 | Comments(0)