人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

6月3日(金)   晴れ

アボガドの木です。2週間近く前にFaustin家から我が家に来ました。
f0042370_23445088.jpg
Guadeloupeから家族がParisに来たり、こちらにいる家族のメンバーがVacancesで島に帰っていたりしたときに、よく島産のでか~いアボガドをお土産に持ってくる。食べた後、大きな種に十字の切り込みを入れ、水の入ったビニールコップで水栽培のようにして芽を出させる。
普通はある程度の大きさになったら植木鉢に植え替えるのだけれど、この木はFaustin家の台所で。水栽培のまま大きくなってしまっていた。以前、我が家で種から芽を出させようとして上手くいかなかったことがあり、今回はこの木を里子に貰い受けることにした。
何年か前、Faustin家の台所の水栽培状態のアボガドの写真を、数か月に渡って毎月ブログにアップしたことがあったけれど、(そういえば、あの木はどこに行っちゃったんだろう…。)今回は自分の家で木の観察ができる!
先週、コンサート前で忙しかったのだけれど、水栽培のままだとあまりにも可哀そうだったので、木と一緒にFaustinが持ってきてくれた植木鉢に植え替えた。Parisの気候では当然外には出せないので、家の中で、それなりに日当たりの良いところに置いてある。どこまで背が伸びるのかはわからないけど、可愛がってあげようと思っています。(現在、身長63cm。)
あ、それから、予めお断りしておきますが、実は生りません。気候的なものももちろんだけれど、何よりも、アボガドには雄木と雌木があるそうで、一本だけだと絶対に実は生りません。
by chie_miko | 2011-06-03 23:46 | Comments(0)