人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

2月20日(日)   曇り時々小雨

先月半ば過ぎに、フランスの大学入学に必要な試験、TCF DAPや、DELF、DALFの話を書いたけれど、今年は本当にたくさんの検索がかかってきている。TCF DAPの試験、毎年確か2月半ば頃だったはずだから、試験がちょうど終わった頃かな?しかしこれが、結果が出るまでしっかり待たされる。受験生は、入学を希望する大学を第三希望まで書いてるはずだけれど、第一希望の結果が送られてくるのも3月末頃だったんじゃないかな?
第一希望に合格してしまえば万々歳なのだけれど、もしも上手くいかない場合は、書類がそのまま第二希望の大学に送られる。そこで上手くいかない場合は、その後に第三希望の大学へ。
フランス人、もしくは、外国人でもフランスの教育を受けている人の場合は、毎年6月に行われるバカロレア(通称BAC。大学入学資格試験)を受けるので、フランス人よりも、フランス以外の教育を受けている人の方が、先に大学合否が決まるわけ。
大学入学資格試験に合格すれば、建て前はフランスの国立大学ならどこでも登録できるはずなのに、現実はなかなかそうもいかないらしい。大都市の大学、昔からの歴史のある大学などは、当然入学希望者も多いので、BACでそこそこの成績を取っていないと登録できないところもあるらしい。
前にも書いたとおり、TCF DAPでバッチリ点を取ればもちろん問題無いけど、DELF、DALFの方がやはり評価が高いようなので、フランスの大学を目指す人は、まずはDELF、DALFを頑張った方がいいと思います。
by chie_miko | 2011-02-21 07:30 | Comments(0)