人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

12月21日(火)   曇り

18日(土)、Faustinの仕事仲間とその同伴者(総勢8名)で、レストランでのお食事会をした。こういうことをするのは今回初めてのようだけれど、そのせいか?夕方から大雪。Faustinからは「それなりのレストランなんだから、それなりの服装で…。」と言われており、今回も雪の中、着物を着て行った。
f0042370_815463.jpg
予定では、夕方私がFaustinの家に行き、それから彼の仕事仲間のJean-Marieの奥さま、Veroniqueを迎えに行ってからレストランへ行くはずだった。ところがFaustin、その前の予定がずれ込んだり、雪が降って車の運転が大変だったりで、かなり遅れをとってしまい、結局、Veroniqueのお迎えは別の仲間に頼み、直接レストランへ。Faustinは、雪の中、着物姿で駅から家まで歩いてきた私を見て吃驚。「だって、きちんとした服装で、って言ったじゃない!」
f0042370_824071.jpg
レストランはParis郊外のセーヌ川のほとりにある、「van Gogh」。雪景色も綺麗だったけれど、夏だったらさぞかし気持ちが良いだろう。アペリティフからディジェスティフまでバッチリと。冬によくある生牡蠣とかではない、魚介類のメニューがいろいろあり、あまりソースべたべたではなさそうだったので、私はSaint-Pierre(辞書を引いたら『ニシマトウダイ』と書いてあった…。)を食べてみた。美味しかったぁ。
f0042370_831829.jpg
看護師たちの話はなかなか面白い。彼らは病院勤めではなく、患者さんの家を一軒一軒回って点滴をしたり、抗がん剤を打ったりしているのだが、いろいろなエピソードがあって。助かる見込みのない患者さんが多く、病人はもちろん、そのご家族、そして看護師たちもさぞかし大変だろうと思うけど、看護師たちの明るいことと言ったら。
レストラン、とても美味しかったです。写真は上から「Faustinの鱸」、「Davidのオマール海老」、「私のSaint-Pierre」。写真だと感動がいまひとつ?
by chie_miko | 2010-12-21 08:04 | お食事 | Comments(2)
Commented by marcel at 2010-12-22 06:05 x
Saint-pierreいいですねー。
一度食べてみたいんですが、たまに魚屋で見かけるやつはけっこう巨大で、なかなか買うには至りません(^^;)
Commented by chie_miko at 2010-12-22 06:46
>Marcel殿。
St-Pierreは私も自分で買ったことはありません。昔、イタリアに行った時にも食べましたが、なかなか美味しいお魚です。でも、私が自分でするような料理では、どうしていいのか、あまりイメージが湧きません…。