人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

10月27日(火)   晴れ

家に籠っているので話題が無い…。「月に憑かれたピエロ」をさらいながら、いろんな事を思うし感じるのだけれど、そんな事を書いても仕方ないし。1912年の作品で、もうすぐ100年。フランスだったらDebussyの晩年でまさにRavelの時代。一般に「印象派」と言ってDebussyとRavelを一緒にしたりもするけど、この二人の違いは大変なもの。歌い手の立場から歌曲を見てみると顕著。RavelとSchoenberg、作風もアプローチの仕方なども全く違うけれど、やはりそういう時代だったんだなぁ…、な~んて勝手に納得してます。
しかしまあ、ドイツ語とフランス語、口の筋肉の使い方の違うことと言ったら!!! フランス系の音楽を専門のようにしてやってきて、外国人で絶対に訛りはあるものの、フランス人以上にフランス的に、絶対に歌詞がわかるように歌う、ということを常に目指してやってきた。すべての問題が解決できてるわけではないにしろ、フランス語だったらそれなりになんとかなることが、ドイツ語では本当に難しい。ドイツ語を発音する筋肉が全然足りない!
ここで愚痴っていても仕方ないです。練習するしかないですね。
by chie_miko | 2009-10-28 05:34 | Comments(0)