人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

9月1日(火)   曇り時々雨のち晴れ

やっと少しずつ生活のリズムを取り戻してきた感じです。今日はジムにも行って来たし。インストラクターのJean、ヴァカンス開けだっていうのにやたらと元気で、明日目が覚めた時にベッドから起き上がれるのかどうか、かなり不安。
来週の月曜日から、コンテンポラリー・ダンスの仕事でカンパニーK-DENZAのメンバーとして、今年もBeauvaisの郊外のFrocourtにあるTheatre des Poissonsでの10月6日・9日の初演に向けて、ほぼ1ヶ月間の仕込み合宿に突入します。少なくとも最初の3週間は、月曜日の朝早くParisから出掛けて木曜日の夕方までバッチリ練習。木曜日の夜にParisに帰ってくる。一応週末はオフだけど、場合によってはParis郊外に住む作曲家、Didierのところへ行くことも。そして私は今年も夜のまかない係。買い出しもあるし。
Regisはずっと私に、今度の作品は昨年の「Voix Publique」を、もうひとり女性のダンサーを加えたかたちで作り直す…、という風に話していた。というか、私はそう理解してた。ところが、Regisがリニューアルした(ばかりの)K-DENZAのサイトを見たら、今度の作品のタイトルは「Voix Publique」ではなくて「Impasse」って書いてある!『前回の「Voix Publique」に続いて…。』ってしっかりコメントもしてあるし。ということは続編??? そうなるとまた、話は全然違うじゃん!恐ろしい…。
今年は女性のダンサーSarahが新たにメンバーに加わる。ボスのRegisは練習の後もいろいろと仕事があって忙しいので、Sarahは時には彼の仕事を、そして時には私のまかない作りを手伝ってくれるそう。4日(金)にTheatre des Poissonsでスタッフ全員の集まりがある。始動開始。
興味のある方。もしよかったらフランス語だけど(当然の話)K-DENZAのサイトを覗いてみてください。
by chie_miko | 2009-09-02 06:22 | K-DENZA | Comments(0)