人気ブログランキング |

CHIEKOの無駄口

ブログトップ

6月16日(火)  Cherchilly I  晴れ

先週の木曜日~日曜日、Faustinの40歳のパーティーのため、Bourgogne地方、Dijonの近くの田舎、Cherchillyに行ってきました。f0042370_19101578.jpgCherchillyはFaustinの看護学校の時からの友人、Fransoiseとそのご主人、Jean-Claudeの持つ昔の大きな農家の建物がある。二人はそこを自分たちで改造してキッチン付きの宿泊所にする予定だったのだけれど、Francoiseの仕事や二人の子供(EvaとEtienne)の学校のためにDijonに住み続ける必要があり、なかなか改築が進まず中途半端な状態になっている。それでも広いダイニングキッチン、3つのベッドがたくさんある広い寝室、そしてパーティーができる広間があり、そしてなによりもとても広いお庭があるので、仲間内で集まって泊まりがけで騒ぐのには最高のところ。
f0042370_19113594.jpg私はまず水曜日の晩にFaustinの家に荷物を持って行き、木曜日は朝からFaustinの買い物に付き合い、午後から週末3日分の食料と数枚のシーツ、掛け布団、寝袋、食料、そしてバーベキューをするための大量の炭を彼の小さい車に積み込み、そして次男を迎えに行き、夕方7時にやっとParisを出発。10時過ぎにCherchillyに着いた。
その晩はJean-Claudeが簡単なバーベキューをしながら私たち3人を待っていてくれた。
ここのところずっと天気が悪かったのだが、週末はOKという天気予報がバッチリ当り、金曜日は快晴。逆に日差しが強すぎて、日焼け止めなしではたとえ日陰でも、とてもとても外にいられない状態。Faustinは朝からバーベキュー用の牛肉、豚肉、鶏肉の仕込み。私はアシスタントでニンニクの皮をむいたり、野菜を切ったり。ラッキーなことにFransoiseの長女、Eva(14歳)がとてもお料理が好きで、私の脇で一生懸命手伝ってくれた。
今日の写真はご近所さんで飼っている牛たち。この辺りは乳牛ではなくて肉牛だそうな。この牛たち、黒人は見た事があっても、黄色人種はどうやら見た事が無いらしい。ずいぶん珍しそうに見つめられてしまった…。
by chie_miko | 2009-06-16 19:13 | Faustinとその仲間 | Comments(0)