CHIEKOの無駄口

ブログトップ

5月25日(金)   晴れのち曇りにわか雨

今日は久々に電車でBloisに出勤。(4月に日本に行く直前の金曜もストだったし、先週もストだった。)そしてその間に何故か電車の時刻表が変わっている…。いつも使っていた925分発のOrléans行の電車が無くなり、825分発に乗ってOrléansで乗り換えを1時間55分待つか、725分発Tours行に乗って、直通でBloisに行くか…。究極の選択。725分を選んで5時起きをしてAusterlitz駅に来てみたら、例によって「15分遅れ」と表示が。その上、ネットで見た時刻表と駅の表示が違う!ネットで見た825分発も表示されて無いし。どういう事?

そして今知ったけれど、遅れの理由は「機関車部分が接続できていない。」だって。もう15分以上遅れているが、まだ機関車部分が来てないらしい。いい加減にしろ!

何故こんなくだらない事で怒らねばならないのか!と思うと、ますます怒りがこみ上げて来る。あ~くだらない。ク・ダ・ラ・ナ・イ!

どうやら30分遅れで出発するらしい。
[PR]
# by chie_miko | 2018-05-26 03:02 | Comments(0)

5月19日(土)   晴れ

昨晩Bloisに泊まって、今日も授業。やはりParisに住んでいるBassonの先生Nicolasが珍しく昨日から来ており(金曜日は彼のレッスン日では無い。)、彼自身もBlaBlaCarに登録しているので、「な~んだ、言ってくれれば乗せてきてあげたのに…。」と。どうやら彼はギリギリにサイトに募集をかけたみたい。私はかなり前もってBlois往復の車を探したので彼の募集の記事を見なかった。「次回Blois往復の車を探すときには、とりあえず電話してみて!」と。

そしてつい先ほど、BlaBlaCarParisPorted’Italieまで送ってもらい、家にたどり着きました。15日、16日の本番の疲れも取れきれないまま2日間の授業で、さすがに疲れた…。


[PR]
# by chie_miko | 2018-05-20 05:13 | Comments(0)

5月18日(金)   晴れ

全く更新する余裕のないまま、今になってしまいました。やらねばならない事が多かった上に、SNCFのストのせいでBloisとの往復のオーガナイズをせねばならず、エネルギーを使い切った感じ。

414日~57日、日本でした。426日には両国の門天ホールで稲垣さんとコンサート。いろいろと難はあれ、それなりに楽しく演奏できました。

そして515日、16日と、ParisLa Vieille Grilleでちょっと面白い仕事をしておりました。テノールとビオラ、クラリネット、おもちゃのピアノとテープ、ビデオ、そして私(メゾ・ソプラノ)という、とても変な編成で。今回が初演で、まだまだ問題が多かったのだけれど、どうやら2020年に再演!という話が出てきたらしく、なんだか面白くなってきた。このような、いろんな要素を含んだ作品の演奏は大好きなので、再演できるのはとてもうれしい。

そしてSNCFのストはまだ続く。今日だって、Bloisへの出勤はCovoiturageBlaBlaCarで。そして4月に日本に行くために一度授業に穴をあけたため、今夜はBloisに泊まって明日も授業。その後またBlaBlaCarParisに帰る。もういい加減にしてほしい…。


[PR]
# by chie_miko | 2018-05-19 06:03 | Comments(0)

4月17日(火)   曇り夕方から雨

15日(日)の午後から日本です。いろいろとタイミングが上手くいって、熊谷駅に17:30頃到着。なんだか死ぬほどお腹が空いてしまったので、駅でそのまま早目の夕飯を食べてから家に帰った。荷物を置いて、さすがにスーパーに買い出しに行くほどの元気が無かったので、隣のセブンイレブンに翌朝食べる最低限のものを買いに。

明日は大阪に稲垣さんとのリハのため行ってきます。今回は一晩だけ。その後は東京に場所を移してリハとなります。

コンサートのご案内です。

Ensemble 32:オリヴィエ・メシアン「天と地の歌」と日仏ゆかりの作曲家

f0042370_21405269.jpg
f0042370_21413702.jpg

426日(木) 開演19:00  

両国門天ホール (墨田区両国1-3-9 ムラサワビル1-1F

全席自由:一般3000円、学生2000円、門天会員2500円(税込)当日500円増

フリーダイヤルでのご予約: Confetti(カンフェティ)0120-240-540 (平日10:0018:00

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


[PR]
# by chie_miko | 2018-04-17 21:42 | Spectacle | Comments(0)

4月12日(木)   曇り時々雨

明日、明後日と再びSNCFのストなので、明日のBloisへの往復ともCovoiturageBlaBlaCarで。そして14日(土)に日本に発ちます。今回は57日まで。426日(木)に両国門天ホールでEnsemble32のコンサートです。

大騒ぎしていたVAEの書類も火曜日に送ることができたし、これでやっと歌に集中できます。また後日、コンサート情報をアップします。
[PR]
# by chie_miko | 2018-04-13 03:49 | Comments(0)

4月6日(金)   晴れ

今朝も5時前に起きて、午前中に学長のJean-Claudeに会うために729分発の電車にm乗り込んでいる。VAEの書類も、もういい加減に終わりにして送ってしまわないと。明日はBlois城でのDebussyのコンサート(2030から)でChansons de BilitisTrois poèmes

de Stephane MallarméVéroniqueのピアノで歌うというのに。おまけにSNCF(フランスの国鉄のようなもの)が強固なストライキを始めたし、もう何が何だかわからない状態。

今日はストの中日なので、ほぼ普通に電車が動いている。次は日曜、月曜と電車が動かない。今日、明日とBloisに泊まりで、日曜日の朝、Parisに帰る電車に乗るはずが、ストでダメ。必死でCovoiturage(日本語に何と訳すのか…。車で移動する人が、同じ目的地に行きたい同乗者を募って一緒に移動する…。)のサイトで、「Bloisの高速道路の料金所からParisのリヨン駅まで」という車を見つけた。料金所までは、ホテルからタクシーで行けばいい。

来週も金曜、土曜とスト。土曜日(14日)に日本行きの飛行機に乗る私は、何が何でも金曜日中に帰ってこねばならない。13日(金)のParisへ帰る車は見つけられ、既にすでに予約したけれど、行きの車がまだ見つかっていない。最悪、前日にBlois入りするしかない…。

もう、あまりにいろいろありすぎて、何が何だか分からない…。
[PR]
# by chie_miko | 2018-04-06 16:14 | Comments(0)

4月6日(金)   晴れ

今朝も5時前に起きて、午前中に学長のJean-Claudeに会うために729分発の電車にm乗り込んでいる。VAEの書類も、もういい加減に終わりにして送ってしまわないと。明日はBlois城でのDebussyのコンサート(2030から)でChansons de BilitisTrois poèmes

de Stephane MallarméVéroniqueのピアノで歌うというのに。おまけにSNCF(フランスの国鉄のようなもの)が強固なストライキを始めたし、もう何が何だかわからない状態。

今日はストの中日なので、ほぼ普通に電車が動いている。次は日曜、月曜と電車が動かない。今日、明日とBloisに泊まりで、日曜日の朝、Parisに帰る電車に乗るはずが、ストでダメ。必死でCovoiturage(日本語に何と訳すのか…。車で移動する人が、同じ目的地に行きたい同乗者を募って一緒に移動する…。)のサイトで、「Bloisの高速道路の料金所からParisのリヨン駅まで」という車を見つけた。料金所までは、ホテルからタクシーで行けばいい。

来週も金曜、土曜とスト。土曜日(14日)に日本行きの飛行機に乗る私は、何が何でも金曜日中に帰ってこねばならない。13日(金)のParisへ帰る車は見つけられ、既にすでに予約したけれど、行きの車がまだ見つかっていない。最悪、前日にBlois入りするしかない…。

もう、あまりにいろいろありすぎて、何が何だか分からない…。
[PR]
# by chie_miko | 2018-04-06 16:14 | Comments(0)

3月30日(金)   曇り時々雨

今日は朝5時起きでいつもより一本早い電車でBloisに出勤。VAEの書類制作が大詰めを迎えており、午前中に学長のJean-Claudeに会うため。Conservatoireの歌のクラスに対する教育指針などを明確に教えてもらい(何と今まで、その類のことは学長からも、Anneからも一度も聞いたことがない!)、書き込まねばならない。

Yaëlの弟子でもあり、中学のフランス語(国語)教師だったFranceと、クラリネット奏者で言語学のマスターまで持っているAlainには全面的にお世話になっている。Franceにはまず、私の書いた「とんでもないフランス語」をきちんとした形に直してもらい、それからAlainが、7月初旬にある面接を想定して、試験官から面倒くさい質問が来ないような言い方に書き直してもらう。

ちょっと前までは、「迷惑かけて悪いな…。」と思いながら、地方に住んでいるFranceとは主にSkypeで、Alainには家に来てもらって作業を進めてきたけれど、ここに至ってはもう、「お願いする」というより「今度はいつ?あんたがやってくんなきゃ、あたしゃどうにもなんないのよ‼」と、ほとんど脅しの世界?に入っている。

早く地獄のような世界から生還したい…。
[PR]
# by chie_miko | 2018-03-30 16:16 | VAE | Comments(0)

3月23日(金)   曇り

例によってBloisへ出勤する電車の中です。今日は今のところ誰からも欠席届が出ていない。本当に全員来るのかなぁ…。

VAEの書類の準備が大詰めを迎えている。413日が締め切りだけれど、ギリギリまで引っ張っていたくない。47日(土)にBloisDebussyのコンサートがあり、その前には郵送したい!と思ってはいるのだけれど。

VAEが勿論、最優先事項。でも7日のコンサートの前に、既に515日、16日のコンサート(初演)の練習が入ってくる。楽譜だってまだ全部もらっていない状態。426日のEnsemble 32のコンサートのための勉強も、結構追い詰められている感じだし。

現在、いつでもMessiaenの曲(426日のため)が頭を巡り、ふと立ち止まってはVAEの書類の内容が頭を過り、疲れているので夜はすぐに寝入ってしまうけれど、たくさん夢を見て明け方目が覚める…。

まずはVAE。書類さえ発送してしまえば、後は純粋に音楽だけ…。
[PR]
# by chie_miko | 2018-03-23 18:50 | Comments(0)

3月16日(金)   晴れ時々曇り一時雨

火曜日に日本から帰ってきました。そして今日は金曜日。例によってBloisに出勤する電車の中。日本ではあまりに忙しくて、ブログのアップどころではなかった。でもひとつ大事件が。

2月の終わり、日本に発つ数日前、熊谷の中学時代からの大親友、みちゃんからのメールで、熊谷の私の家のすぐ近くで火事があったことを知った。我が家の南側、すぐ隣の家の向こう側の細い通りを挟んで同じ並びの3軒が全焼したという…。鰻屋さんと果物屋さん、そしてもう一軒。

225日(日)の夕方、熊谷駅から家まで歩きながら反対側の歩道から生々しい焼け跡を見た。我が家に近い側の通りに面した壁の一部が微かに残っているだけ。その日はもう暗かったし、家の5階の窓からも覗くことなしにシャッターを閉めてしまった。

そして翌朝、シャッターを開けながら見てビックリ!残っていたと思った壁の一部なんて、紙みたいに薄くて、いつ倒れてもおかしくない。1階の運動療法の藤原先生に聞いたところ、明け方4時過ぎに出火。3軒のうち2軒は夜の間は無人。唯一の住人、果物屋さんのおばさん(昨年、おじさんが亡くなった…。)は、偶然その日はお嫁に行った娘さん(私と同い年で小中学校の時に一緒だった。)の家に行っていて留守だったそう。不幸中の幸いとはこのこと?結果的に死傷者はゼロ。本当によかった。

しかし、後から考えれば考えるほど恐ろしくなる。熊谷の冬はとても乾燥しており、風も強い。この季節北西の風が吹くことが多いのが幸いして、我が家の側に被害がなかった。もしこれが春で、南側からの風が吹いていたら我が家も真剣に危なかった。怖い…。

11日(日)、我が家の隣の家の、火事現場に面しているほうの壁や窓ガラスを修理していた。焼けてないけれど傷んでいて、2階、3階の窓ガラスが割れていたし…。

「写真を撮っておけばよかった!」と今になって思うけれど、なんだか、あの焼け跡を見ている間はとてもそんな気分になれなかった…。
[PR]
# by chie_miko | 2018-03-17 08:08 | 熊谷 | Comments(0)