CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2017年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1月27日(金)   晴れ

金曜日です。Bloisに出勤。
毎年、「早く決めなきゃ…。」と思いつつも、いつもギリギリになってしまう、学年末の試験とAudition(クラスの発表会のようなもの)の日取りを先週決めた。そして今年のAuditionのテーマも。
今年のテーマは「humeur」(ユーモア)。基本的にひとり2曲ずつを予定しているが、そのうちの1曲を何か面白い内容のものを演奏することになる。既に、それぞれのレベルに合わせてレパートリーを割り振ってみた。
Conservatoireの事務の方に連絡を取って、学校のAuditoriunも押さえられた。でもまだAuditionのタイトルが決まっていない。今日の授業の時に、生徒たちにアイデアを募ってみるつもりです。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-27 18:52 | 授業 | Comments(0)

1月25日(水)   曇り

先週土日、再びBruxellesに行っておりました。例によってかおりちゃんのところに泊めてもらって。土曜日の夜と日曜日に2回続けて永田友絵さんのところでKinésiolosie(キネシオロジー)のセッションを受けてきた。
昨年はあまり行かなかった気がするけど、今は自分自身で、セッションを受ける必要性を感じている。もう何度かBruxellesに通うことになりそう。
そして今日は久々に電話でVendéeに住んでいる友達、MarcとFrançoiseと話した。ここ1年以上Marcの身体の調子が良くなく、何気に心配していた。昨年の11月~12月に何度か電話をしてみても、家の電話がいつも留守電で、「また電話しよう…。」とメッセージも残さずに切っていた。
今朝また電話をしてみて、今度は留守電にメッセージを残したら、お昼過ぎに二人から電話が掛かってきた。Marcは大分調子がよくなっているようだ。よかった。みんな元気でいて欲しい。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-26 04:16 | Comments(0)

1月20日(金)   晴れ

例によって金曜日、Bloisへの電車の中です。Austerlitz駅の出発が10分遅れるという表示が出ていたけれど、そこまで遅れずに発車するらしい。どちらにしてもOrléansで55分も乗換待ちがあるので、心配はない。
昨晩、寝る前にCanal+の「Undercover」のことを書いてアップした…。そのせいか、どう考えても「Undercover」のストーリーを引っ張っているとしか思えない内容の夢を見た。かなりハードな。そして、朝、6時半にセットした目覚まし時計を知らぬ間に勝手に止めていた!
金曜日は、電車に絶対に遅れないように(電車が遅れても!)、ベッドの脇にあるいつもの目覚まし時計と携帯のアラームを使っている。今朝は携帯の方の音で飛び起きた。普段だったら目覚ましの少し前には目を覚ますのに。
ああびっくりした!
そう大変な思いもすることなしに、無事にいつもの電車に乗れたし、電車も大して遅れずに発車したし、天気もいいし…。寒いけど、寒いのは好きだから。今日も一日頑張ります。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-20 18:44 | Comments(0)

1月19日(木)   晴れ

Parisの我が家には、固定電話とインターネットが一緒になったケーブルTVが入っている。いろいろなオプションがあって、選びようによっては、たくさんの映画のチャンネルが入る。でも私が取っているオプションは映画ではなく、自然やルポルタージュ関係。疲れたときに野生動物の生態だったり、何気なく風景を見ていたりするのに最高。
そしてCanal+も入れている。
元々はFootを観るために入れたのだが、今や6チャンネルに増えたCanal+は、映画やドラマもあちこちのチャンネルで複数回放映してくれるし、TVで観られなくてもサイトにログインすることで、1週間だけでなく、少なくとも1か月、長ければ3か月間何度でも観ることができる。
昨秋から12月いっぱい、「ハリーポッター」の全シリーズをやっていたので、しっかり前部観た。ビデオだと時間のある時に少しずつでも観られるので都合が良い。
そしてちょうど今、BBC制作のドラマで「Undercover」(もちろんフランス語吹き替え)のシーズン1(全6回)を観終わったところ。かなり重たい内容で複雑なストーリーなので、私の語学力で全部の言葉がわかるわけではないけれど、面白かった。
オプションではなく普通のチャンネル、TF1で新しく始まった私の大好きな類のハードな医療ドラマ「Chicago Med」もネットで観始めた。ネットだと途中で止めて辞書を引く余裕があるのがいい。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-20 07:38 | Comments(0)

1月18日(水)   晴れ

高橋源一郎著「ぼくらの民主主義なんだぜ」(朝日新書)を読んだ。とても面白かった。今まで何冊か高橋源一郎の本を読んだことがあったけれど、どれも小説だった。
「ぼくらの民主主義なんだぜ」は2011年4月28日から2015年3月26日まで月一回、朝日新聞に「論壇時評」としての連載を収録したもの。
連載が始まったのが東日本大震災の1か月後で、2015年に終了するまでに日本国内だけでなく、イスラム国の台頭によるテロなど、世界中でいろいろなことが起こった。そのうちのいくつかの事件にも触れている。
ご興味がおありでしたら、読んでみてください。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-19 07:21 | | Comments(0)

1月16日(月)   晴れ時々曇り

昨晩はピアニストの友人、HélèneがAtelier de la main d’or(私もよく歌わせてもらっているBastilleの近くのホール)リサイタルをしたので行ってきた。「De Paris à Saint-Pétersbourg」というタイトルの約1時間のコンサートで、Ravel、Fauré、Rachmaninov、Prokofiev等…。
彼女、室内楽を多く弾いているけれど、まだ若いので、向き不向きや好みは別として、意欲的にソロのコンサートをどんどんやっていくべきだと思う。やっぱり彼女、音が綺麗だ。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-17 05:43 | Spectacle | Comments(0)

1月13日(金)   曇り

今年最初のBloisへの出勤です。先週の金曜日は、本当は授業があったのですが、ピアニストの稲垣さんが日本から来てくれていたため、Bloisの授業を中止にしてParisで合わせをしていました。そのため、今夜はBloisに泊まり、明日朝から一日補講をして夜Parisに帰ります。
今夜はBlois市内に住む生徒の一人、Corrineの家に泊めてもらう。いつもはBloisとOrléansのあいだにある小さなお城の敷地内の貸家に住むVéroniqueの家に泊めてもらうのだけれど、今回は諸事情で無理。なので、前々から「Bloisに泊まることがあったら、是非我が家に来て!」と言っていたCorrineの家にお世話になる。彼女は女医さん。旦那さんは…何してるんだろう…知らない。
彼女たち、昨年ParisのAtelier de la main d’orで稲垣さんとコンサートをしたときに、わざわざBloisから旦那さんと一緒に来てくれていた。確か子供が(もう大きいけど。)2人だか3人だかいたはず。
日本でインフルエンザが大流行している記事を読んだ。フランスでもかなり流行っているらしいけど、今のところ誰からも欠席届が出ていない。みんな元気なのは良い事です!
[PR]
by chie_miko | 2017-01-13 18:52 | 授業 | Comments(0)

1月11日(水)   曇り時々小雨

昨晩、11月に一緒に仕事をした、クラリネット奏者のAlainとビオラ奏者である奥さんのFrédériqueがご飯を食べに来た。彼らはクリスマスからお正月にかけてのVacancesに、コンピューター関係の勉強をしている息子を連れて日本に行っていた。
今回は東京に着いてすぐに新幹線に乗り、京都まで。京都に1週間ほど滞在しながら奈良と大阪も訪ね、年末年始は東京で過ごして1月2日にParisへ戻った。
日本に行く前に、かなりいろいろと調べていったにもかかわらず、カルチャーショックは相当なものだったよう。それでも日本を本当に気に入って、既に、次はいつ、どこに行くかを考え始めていた。
f0042370_735623.jpg

昨晩持ってきてくれた蘭。
f0042370_743013.jpg
「偶然見つけて、面白かったから…。」と、エッフェル塔のChocolatも持ってきてくれた。
これからも、彼らとは一緒に仕事をする機会がありそう…。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-12 07:05 | お食事 | Comments(0)

1月9日(月)   曇り

3日(火)から7日(土)まで、忙しい中をぬって日本からピアニストの稲垣さんが来てくれた。2月18日(土)のカフェモンタージュ(京都)でのコンサートと、3月6日(月)のフェニックスホール(大阪)でのコンサートの打ち合わせとのめ。
正味3日間のリハーサルだったけれど、これをするとしないのとでは全く違う。これからの勉強の課題がはっきりした。
さらうのみ。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-10 07:20 | Spectacle | Comments(0)

1月2日(月)   曇り

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

もう昨年の話になってしまいますが、暮れの30日(金)、久々にコンテンポラリーダンサーのSarahの家に万貴と一緒にお呼ばれしました。Sarahと旦那さんのFred、娘のLouise、そしてやはりダンサーのRégisと奥さんのLaïka、長男のLoris、娘のDanaëも一緒に。結果的に大人数で。楽しかったです。
そして昨日、元旦の夕方、万貴とLes Hallesの映画館に「君の名は。」を観に行ってきました。フランスでは12月28日(水)に公開になったばかり。いやあ、面白かったです。
舞台は現代だけれど、とっても日本的な内容に満ちた内容で。この映画が日本で大ヒットしているということは、どれだけ生活様式が変わっても、どれだけ世代が変わっても、「日本人的な精神というのは決して失われていない…。」と感じて少し安心しました。海外に長くいると、ことあるごとに「日本人」ということを意識させられることが多く、逆に日本で暮らしている日本人の人々に「置いて行かれている」ような気がしていました。でも「君の名は。」を観て、「あ~日本だ…。」って。
そしてアニメの絵の綺麗さといったら!空の色もまさに日本の空の色。日本のアニメ文化って凄いです。

2017年が皆さまにとって素晴らしい年になりますように。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-02 18:06 | Comments(0)