CHIEKOの無駄口

ブログトップ

<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

12月29日(木)   晴れ

27日(火)、荒木家のみなさんと、Bloisの伴奏員Véroniqueと万貴と私の6人で、我が家で「アンコウ鍋」をした。(写真が無い…。バタバタしていてそれどころではなかった…う先週、Bruxellesのかおりちゃんのところの餅つき機でお餅をついてもらって、冷凍して持って帰ってきていた。
やっぱりついたお餅は美味しい。もちろんVéroniqueは初体験。「美味しい…。」と大感激。
食べて食べて、そしてその後はVéroniqueも一緒に「人生ゲーム」。かおりちゃんのところでするものとはヴァージョンが違う。Véroniqueのためにみんなで通訳。これにも彼女は大満足。アラーキー自身は翌朝仕事だったため、先に帰っちゃったけれど、奥さまの幸子さん、朔子ちゃん、Véroniqueは、どうやら最終のメトロに向かって走ったらしい。
そして今日は荒木家のメンバーと一緒に「CIRKACUBA」(キューバのサーカス)に行ってきた。私と万貴は過去に2度「CIRKAFRIKA」(アフリカのサーカス)に行ったことがある。そして今年はキューバ。俗にいうサーカスの演目だけではなく、音楽やダンスの場面もたくさんあり、エンターテイメントとして、とにかく楽しかった。
初めて行った荒木家のみなさんも、「来年はCIRKAFRIKA!」と。またご一緒できたら楽しいな。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-30 04:06 | Comments(0)

12月27日(火)   晴れ

年末年始は、かおりちゃん宅と我が家では「人生ゲーム」が恒例。Bruxellesでは、かおりちゃん家族と万貴と私。そしてParisでは私たち二人と荒木家のみなさん。かおりちゃんのところと、我が家の人生ゲームは世代が違うので内容が違う。毎年大騒ぎ。
f0042370_1301844.jpg

23日、BruxellesからParisに帰ってきて、Les Hallesの駅を上がったショッピングセンター内のクリスマスのデコレーションが可愛いので、思わず写真に撮った。
f0042370_1314210.jpg
豪華さは日本の大都市のイルミネーションのほうがはるかに上だと思うけれど、Les Hallesのも、いかにもクリスマス!と言う感じ。
f0042370_132556.jpg
クリスマス前の買い物客でいっぱいだった。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-28 01:33 | Comments(0)

12月26日(月)   曇り時々晴れ

21日(水)~23日(金)、VacancesでParisに帰ってきている万貴と一緒に、Bruxellesのかおりちゃんのところに行ってきた。毎年のようにこの時期、Bruxellesに行っている。22日の夜、ちょうどKinésiologieの永田友絵さんとも予定が合ったので、万貴と私、ふたりともセッションをしてもらった。友絵さんのところのクリスマスツリー。
f0042370_713131.jpg
綺麗だったので、写真を撮らせてもらった。
そして今回は、万貴と一緒にBruxellesの歴史博物館へ行ってみることにした。
f0042370_724725.jpg
いざ22日朝に博物館に行ってみたら、「浮世絵展」をやっており、常設展をほっぽりだし、「浮世絵展」に集中しているうちに時間切れ。
そして翌23日、あさイチで再び博物館へ。今度は常設展。
f0042370_744585.jpg
面白いものが沢山あるのだけれど、解説が今ひとつわかりにくいので、余計に時間がかかってしまった。
帰りの電車までにとても見切れなかったので、来年もう一度来ることにした。見応えがあるもの。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-27 07:06 | 旅行 | Comments(0)

12月19日(月)   曇り

Parisに帰って来ました。
昨日のFrançois Rosséの曲「Sonorium d’Angers」のコンサートはなかなか楽しかったです。大掛かりな曲で、それぞれのオーケストラを4つのグループに分け、会場のあちこちに配置。
f0042370_2334269.jpg
歌のパートはEnsemble Centralに一人と、Région 1に一人。私がRégion 1を担当し、Ensemble Centralは生徒のGaëlleに任せた。ギターや歌などはマイクを立てている。
f0042370_2344588.jpg
指揮者はなしで、モニターで時間の経過を表示している。
f0042370_2352413.jpg

全曲で24分のうち、実際に歌っている部分はごくわずか。前半は二人ともバラバラに出てくるのだが、後半18分過ぎからまずは私が、オーケストラのとても薄い音のところから入り、途中からGaëlleが入ってきて、1分40秒間で一気にクレッシェンドし、オーケストラのクラスターにつなげる。
声自体も、マイクで拾った声をコンピューターやらシンセサイザーやらを通して、途中から音色を変えているから自分の生声と、電子音の声がシンクロしてかなり面白いことになっているに違いない。(スピーカーがヨソを向いているので、自分では聴けない…。)
Gaëlleは生徒の中では上の方のレベルなのだが、現代音楽は全くと言ってよいほど経験が無いので、とても戸惑っていたけれど、彼女にとっても良い経験だったと思う。
あ~、楽しかった!
[PR]
by chie_miko | 2016-12-20 02:37 | Spectacle | Comments(0)

12月17日(土)   晴れ

木曜日の夕方、Bloisで4人の生徒にレッスンして泊まり、昨日は朝からリハーサル、午後ゲネプロ、夜コンサートだった。Ensemble Musique d’AvancesもあくまでConservatoireを本拠地にしているので、ゲネプロのときには、小学生や中学生のクラスがゲネプロの一部を見学(聴きに)くることがある。今回も音楽を選択している中学生が50人くらいやってきた。
あくまでゲネプロで、コンサートではないのだけれど、聴衆がいるとやはり本番みたいな気分になり、ちょっと大変。でも、このシステムはとても良い事だと思ってます。
今日は午前中に残りの生徒のレッスンをし、午後は明日のFrançois Rosséの作品のリハーサルだった。明日の朝は10時半スタート。さすがにちょっと疲れ気味なので、今夜はホテルでご飯を食べて、部屋でゆっくりします。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-18 02:08 | Spectacle | Comments(0)

12月15日(木)   晴れ

今、Bloisへ向かう電車の中。今日は15日(木)だけれど、明日は朝からリハーサル、午後ゲネプロ、夜に本番と1日中大変な騒ぎ。いつもの授業ができないので、今日の夕方と土曜日の、日曜日のコンサートに向けてのリハーサルの合間に振り替え所業をします。
Bloisに4泊するし、それにあの町、静かで市内は治安も良く個人的には大好きなんだけど、4月~10月の観光シーズン以外は夜10時を過ぎるとレストランもCaféもすべてが閉まってしまい、打ち上げもできない。100万歩譲って、それでも現地に住んでいて家に帰れば食べ物のある人はいい。ホテル住まいの身としてはお腹が空いたまま何も食べられず、ワインも飲めない!そうかと言って、夕方サンドウィッチを買っておく…、というのはもっとイヤ。仕方が無いので、今回は家に残っていた果物をごそっと持ってきた。
いいもん、ホテルの部屋でひとりで赤い水?飲みながら果物かじるもん…。
明日のコンサート(スペイン音楽の夕べ)で歌うManuel De Fallaの「Psyché」は、歌詞はスペイン語ではなく、フランス語。スペイン音楽って感じでは全然なく、とってもRavelみたい。小品でひたすら綺麗な曲だけど、その分細かなところに神経を使う。みんな忙しくて合わせの時間があまり取れてないので、かなりスリルのある本番になりそう…。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-16 06:47 | Spectacle | Comments(0)

12月11日(日)   晴れ

金曜日は朝7時37分の電車でBloisへ。午前中に、16日(金)のコンサートで歌うDe Fallaの曲(「Psyché」。フルート、ハープ、ヴァイオリン、ビオラ、チェロ+歌。)のリハーサルがあったため。久々に5時起きして電車に乗った。リハが終わり、お昼を食べてからはいつも通りの授業。
今週は16日(金)がEnsemble Musique d’Avanceとのコンサートで、17日(土)が18日(日)のConservatoireのコンサートで演奏するFrançois Rosséの作品のリハーサル。そして18日(日)の夜が本番ということで、15日(木)からBloisに泊まりになる。帰りは19日(月)。
結果的に16日(金)に授業ができないので、15日(木)夕方から夜にかけて数人に授業をし、17日(土)のリハーサル前後に残りの数人の授業をする。
みんなの予定を訊いて、レッスン時間を割り振るのが一苦労…。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-12 05:23 | 授業 | Comments(0)

12月7日(水)   晴れ

昨晩はクラリネット吹きのAlainと、ビオラ弾きの奥様Frédériqueのところにお呼ばれでした。二人はクリスマスの休みに、IT関係の勉強をしている息子さんを連れて日本に旅行に行く。そんなこともあり私と話しがしかったらしく、夕食に呼んでくれた。
Alainは数か月前から日本語の勉強を始めている。彼は考古学の分野での言語学の学校出身で(それなのになぜかクラリネット奏者のなった!)、15か国語話したり読んだりできる。(4種類のラテン語、2種類のケルト語、古代エジプト語、古代ギリシャ語、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語…あとは何だろう…?)昨晩家に行ったら、しっかり辞書とノートを広げて日本語を勉強していた。重要な日本語の動詞を書き出して、それを「肯定、否定、肯定の過去、肯定の否定」という具合にリストアップして、覚えていた。
さすがにたくさんの言語を操るだけあって、日本語の勉強のしかたも、いわゆる参考書や語学のテキストを最初からやっているわけではなく、まずは動詞!と。
しかしまあ60歳も過ぎているというのに、覚えるのが早いこと早いこと!あと10日間勉強して、2週間日本に行って来たら、帰ってきたころにはさぞかし日本語が上手になっているに違いない。
Frédériqueとは東京と、京都、奈良の話。あっという間に時間が経ってしまい、二人に車で送ってもらった。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-08 06:50 | お食事 | Comments(0)

12月4日(日)   晴れ

師走とは本当によく言ったもので…。慌ただしいこと極まりないです。
昨日土曜日は朝から夕方まで、家とマレ地区を行ったり来たり。1日中歩き詰めでした。いつも金曜日にBloisから帰ってくるのが遅いのと、疲れていて、帰りの電車では熟睡しているくせに、家に帰ってきて遅い夕食を軽く食べると何故か、どうしてもすぐに寝られない。ベッドに横になってしまえば、異常なくらい寝つきの良い私なので、きっと寝てしまうのだろうけれど、ベッドに行く気になれない。結果的に寝るのがとても遅くなってしまう。
今週の金曜日もそうで、土曜の朝家を出るのが予定より遅くなってしまった。そのため、全ての予定が後ろ、後ろに。
そして昨日から3日間、マレ地区の中で、オーガニックワインの見本市をやっている。招待状を持っていたので、土曜日の夕方5時過ぎ頃に会場であるCarreau du Templeに行ってみた。なんと、会場の入り口の外に恐ろしい数の人たちが入場を待って並んでいる。混んでるんだ…。まだ行かねばならないところもあったので、とりあえず諦めた。
そして今朝。11時からのところに10時半頃から並んだ。寒かったし、さすがに私の前には数人しかならんではいなかったけど。11時15分くらいに開場されて、しっかり買い物してきました。
家からCarreau du Templeまでは歩いて10分程度。近いから何度往復したっていいのだけれど、今朝、通り道の3区の区役所の前の公園を突っ切ったら、備え付けの卓球台(二つある)で、中国人のおじさんたちが卓球をしてました。日曜日の朝の日課なのか…。さすがに中国人、「わぉ!」って感じに上手だった。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-05 07:15 | Comments(0)

12月2日(金)   晴れ

出勤です。Orléansに向かう電車の中。ここのところ、それなりに寒くてそこそこ天気がいい。こういうのは大好きです。昨年の冬は、あまり気温が下がらずやたらと天気が悪くて、なんだかすっきりしなかった。これから年末年始にかけてどうなるのか…。
そろそろNoëlやお正月にかけての買い物もしたいのだけれど、今月の16日と18日に、どちらもBloisで全然別のプログラムのコンサートが入っているため、なんだか落ち着かない。
16日はEnsemble Musique d’Avancesのスペイン音楽のコンサート。私は1曲だけManuel De Fallaの曲を歌う。フルート、ハープ、ヴァイオリン、ビオラ、チェロと一緒。18日は、今年、Conservatoireにレジデンスとしている作曲家のFrançois Rosséの作品を、たくさんの楽器と、たくさんの生徒たちと演奏する。歌の部分は2パートあって、私と、もうひとりの生徒で分けている。
どちらのコンサートも、ほんのちょっと歌うだけだけれど、やっぱり本番は本番なので。年末に向かって頑張ります。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-02 18:53 | Spectacle | Comments(0)