CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:お食事( 133 )

1月11日(水)   曇り時々小雨

昨晩、11月に一緒に仕事をした、クラリネット奏者のAlainとビオラ奏者である奥さんのFrédériqueがご飯を食べに来た。彼らはクリスマスからお正月にかけてのVacancesに、コンピューター関係の勉強をしている息子を連れて日本に行っていた。
今回は東京に着いてすぐに新幹線に乗り、京都まで。京都に1週間ほど滞在しながら奈良と大阪も訪ね、年末年始は東京で過ごして1月2日にParisへ戻った。
日本に行く前に、かなりいろいろと調べていったにもかかわらず、カルチャーショックは相当なものだったよう。それでも日本を本当に気に入って、既に、次はいつ、どこに行くかを考え始めていた。
f0042370_735623.jpg

昨晩持ってきてくれた蘭。
f0042370_743013.jpg
「偶然見つけて、面白かったから…。」と、エッフェル塔のChocolatも持ってきてくれた。
これからも、彼らとは一緒に仕事をする機会がありそう…。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-12 07:05 | お食事 | Comments(0)

12月7日(水)   晴れ

昨晩はクラリネット吹きのAlainと、ビオラ弾きの奥様Frédériqueのところにお呼ばれでした。二人はクリスマスの休みに、IT関係の勉強をしている息子さんを連れて日本に旅行に行く。そんなこともあり私と話しがしかったらしく、夕食に呼んでくれた。
Alainは数か月前から日本語の勉強を始めている。彼は考古学の分野での言語学の学校出身で(それなのになぜかクラリネット奏者のなった!)、15か国語話したり読んだりできる。(4種類のラテン語、2種類のケルト語、古代エジプト語、古代ギリシャ語、フランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語…あとは何だろう…?)昨晩家に行ったら、しっかり辞書とノートを広げて日本語を勉強していた。重要な日本語の動詞を書き出して、それを「肯定、否定、肯定の過去、肯定の否定」という具合にリストアップして、覚えていた。
さすがにたくさんの言語を操るだけあって、日本語の勉強のしかたも、いわゆる参考書や語学のテキストを最初からやっているわけではなく、まずは動詞!と。
しかしまあ60歳も過ぎているというのに、覚えるのが早いこと早いこと!あと10日間勉強して、2週間日本に行って来たら、帰ってきたころにはさぞかし日本語が上手になっているに違いない。
Frédériqueとは東京と、京都、奈良の話。あっという間に時間が経ってしまい、二人に車で送ってもらった。
[PR]
by chie_miko | 2016-12-08 06:50 | お食事 | Comments(0)

5月7日(土)   晴れ

昨日はBloisの授業では休みの生徒が数人いたので、BloisからOrléansまではいつもより1本早い電車に乗れた。と言ってもOrléansからParisまでの電車は、いつも乗るParis行最終の列車しかないので、家に着く時間は変わらない。
それでも、Bloisからの電車に何かがあって遅れることもあるので、早い電車に乗れるときには乗って、先にOrléansまで来てしまう。そしてOrléansでささっとご飯を食べる。
さて昨日。Orléansに着いて、このような時にいつもご飯を食べる駅横の中華レストランに行った。ガ~ン!工事している。単に改装中なのか、お店を閉めたのか…。このあたりは本当に何もなくて、この中華だって決して美味しいわけではなかった。でも、電車を待ちながらささっと食べられるところが他にないから…。
閉まってる…。あたりを見まわしたら、なんと!新しくできた日本レストランが。こういうところの日本レストランはヤバイに決まっている。でも他には何もない。一か八か、入ってみた。
数組フランス人のお客さんが。お店の人たちは例によって日本人ではない。メニューを見ても、お寿司、お刺身、お味噌汁などはあるけれど、結局は中華。意を決して「ちらし寿司セット」を頼んだ。
まずは、ほとんどお味噌の入っていないお味噌汁が出てくる。だってまずはスープだもん。そして野菜サラダ。そしてお刺身の盛り合わせが出てくるはずが、とりあえず生だけど、なんだかよくわからない和え物が出てきた。そしてちらし寿司。ガリがあって、キュウリがあって、鮭と鯛のお刺身が乗っただけのちらし寿司。ご飯も予想通り寿司飯ではなく、普通の白いご飯。お米は…どこのお米かな?とりあえず中華米の感じはしなかったけれど、なんとなく芯のあるような炊き方だった。はっきり言ってまずかった。
なんだかんだ言っても、Parisで食べる日本食はどんなに嘘っぽくても、昔よりはかなりマシになっているように思うけれど、ひとたびParisから離れると、やっぱりまだこんなものなのでしょうね。
困ったなぁ。Orléansで夕食を食べる場所が無くなってしまった…。
[PR]
by chie_miko | 2016-05-08 05:49 | お食事 | Comments(0)

1月24日(日)   曇り

先週の金曜日は、奇跡的に行きも帰りも電車がきちんと動いてくれた。日本だったら日常のことのはずが、稀にこういう事があると、とても嬉しくなる。
そして昨晩はBloisで伴奏助手をしているVéroniqueとParisでピアノとコンサートがあるときに一緒に演奏しているHélèneの二人が家に招いた。この二人、初対面。女流ピアニストどうしが顔を突き合わせるというのは、普通ならばかなり微妙なところだけれど、この二人だったら多分大丈夫だろうと、思い切って誘ってみた。
特別な料理をしたわけではなく、お豆腐のキッシュと蕪のサラダ、レンコンのきんぴら(これはVéroniqueが大好きなので。)、イカと青梗菜をオイスターソースで炒めたもの、きのこと玉ねぎのお味噌汁というメニュー。
Véroniqueが持ってきてくれた赤ワインもとっても美味しくて、HélèneはHélèneで、とても上品な味のGaletteを持ってきてくれた。女3人で静かに盛り上がって、結構楽しかったです。
これで私は今年4回Galetteを食べて、そのうち3回Fèveが当たった。素晴らしい!
[PR]
by chie_miko | 2016-01-25 04:25 | お食事 | Comments(0)

12月24日(木)   曇り時々雨

20日(日)に万貴がParisに戻って来た。その日の夜、さっそく二人でコンテンポラリーダンサーのMaggieの家にお呼ばれ。彼女の家は我が家から5分くらいご近所さん。
彼女のご主人も元々バレエダンサー。ベジタリアンの彼女、野菜をいろいろとお料理してくれて、とても美味しくいただきました。
翌日の21日(月)はBloisの学校のピアニスト、Veroniqueとそのお友達のStephanieが悪玉コレステロールを減らす食材について質問があると言ってやってきた。Stephanieが習慣的にコレステロール値が高いところで、今年の春に日本に1人で旅行に行き、帰ってきてみたらコレステロールの問題がすっかり無くなっていたという。そして今はまた元に戻ってしまい、これは絶対に日本食に秘密がある!と、私が日常的に何を食べているのかを探りに来た?というわけ。一通り話をしてから、万貴も一緒にはっかいさんのレストラン「Magokoro」へ。う~んこれも、いつもながら美味しかった。
22日(火)は、この日まで20%引きをしていた日本食料品店「京子」にVeroniqueとStephanieが買い物に行きたいというので、ちょうど日本食を買出しに行くつもりだった万貴が二人と一緒に行ってきた。万貴ちゃん大活躍。
さてさて、そして昨日23日(水)は日本人シェフ、Goyaさんのレストラン「Epicure 108」に荒木家御一行さまと一緒に行ってきました。昔、万貴が幼稚園の頃にちょうどお店が開いて、よくお邪魔したところ。ずっとず~っとご無沙汰だったのだけれど、偶然11月に、私のドイツ語の先生Patriziaと「Epicure 108」でお食事をした。「すっかりご無沙汰してしまってすみません。また来ますね。」ここもとっても美味しいので、これからも時々行こうと思います。
今夜はこれから北京サーカスに行ってきます!
[PR]
by chie_miko | 2015-12-25 01:43 | お食事 | Comments(0)

10月31日(土)   晴れ

昨日の朝は2回目の着付けのお稽古。香奈さんのところへお邪魔しました。前回は着物自体の着方と袋帯の復習をし、今回は再び着方と名古屋帯の復習。
この夏、偶然にも熊谷の八木橋デパートで、とても良い状態の着物三枚と帯を信じられないほど安い値段で手に入れられたので、前回、今回と別のその時の着物をお稽古着に持っていった。ちょこちょこと裏技も教えてもらったりして。
そして、夜には飲み友達が集まるとのことで、「ちえちゃんも空いてたらどう?」と。
夜8時までは家でピアニストのHélèneとの合わせを入れていたので、それが終わってから急いで、再び香奈さんのお宅へ。
総勢5人。私は飛び入りだったので、赤ワインを1本持って行っただけ。香奈さんの素晴らしいお料理が美味しくて…。結局夜中の12時頃まで飲んで食べて。楽しい晩でした。
[PR]
by chie_miko | 2015-11-01 05:28 | お食事 | Comments(0)

3月23日(月)   晴れ

21日(土)の夜は我が家で久々に宴を催しました。荒木家御一行様、Bloisで散々お世話になっている伴奏員のVéronique、そしてそのお友達のStéphanieと私で計6人。本当は1月2日に我が家で新年会をするはずが、父親のために急遽日本に帰らねばならずお流れになってしまったので。
金曜日には全く準備ができないので、今回のメインはお鍋。(もう春だけど。)その前に例によって沖縄モズクとかスクガラス、ソラマメを使ったサラダ、まぐろのとろろ昆布〆、レンコンのきんぴら、鴨の味噌漬けなど。今回は全く一人での準備だったので写真はナシ。それでも最後は荒木家の奥様、幸子さんにお鍋に入れる具を切ってもらったり、宴の最中にも大活躍をしていただいた。幸子さん、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
さてさて私は今日から木曜日まで、時々遊びに行ってお世話になっているVendéeに住むお友達、MarcとFrançoiseの家に行きます。今はLes Sables d’Olonneに向かうTGVの中。今は快晴だけど、明日からはどうもお天気が崩れるようで、せっかく海の方に行くのにちょっと残念。また現地からレポートします。
[PR]
by chie_miko | 2015-03-23 23:20 | お食事 | Comments(2)

12月30日(火)   薄曇り

日本で父親が入院している。年が明けて1月末には満89歳になる。歳も歳だし、心配。そうかといって、すぐに日本に帰るわけにもいかない。年末年始ではあるものの、やらねばならないことがあるし…。今できること、すべきことを一つ一つこなしていくしかないのか…。
そんな中でも昨晩は、荒木家メンバーと、真衣ちゃん、娘の万貴、私の6人でトルコレストラン「Le Cheval de Troie」でささやかな忘年会をした。
当初は荒木家に伺うはずだったのだが、彼らのアパルトマンの建物自体に問題続出で、工事が終わらずえらく大変なことになっている。それなら外で…、と、荒木家が全く経験のないトルコ料理に行った。
昨晩、初めてあのレストランでヨーグルトスープを試してみた。トルコ料理特有の酸っぱい味。私は好きなんだけど…。
[PR]
by chie_miko | 2014-12-31 07:28 | お食事 | Comments(0)

7月30日(水)   晴れ

28日(月)、怪しい占い師、秀齊先生(怪しい…は自称。念のため。)に、Parisで頼まれてした買い物を届けた後、お食事に連れて行ってもらった。五反田駅に近いイタリアン、「アリエッタ」。ここ何度か連れて行ってもらっている。
恐ろしく食べた!
秀齊先生、物凄い食通のくせに、量はほんの少ししか食べない。いろいろ頼んで、先生はちょっとずつつまむだけで、あとは全部私の分。マジで食べ過ぎました。最後に出てきたカジキまぐろのソテーなんて、ちょっと味見をしただけで、美味しくてももう、とてもとても無理。結局お持ち帰りをお願いして、お持ち帰りしてきました。
帰りの電車の中、とにかくお腹がいっぱいで苦しくて、苦しくて。とにかく何処でもいいから横になって休みたい…、と真剣に思った。でも、もちろんそんな場所ないし、やっとの思いで熊谷までたどり着き、家に帰ったとたんに倒れこんだ。
お持ち帰りしたカジキは昨晩、温めて、別にソテーしたエノキダケと一緒に、再び美味しく頂きました。満足!
[PR]
by chie_miko | 2014-07-30 21:28 | お食事 | Comments(2)

4月25日(金)   曇り時々にわか雨

八戒さんのレストラン「Magokoro」(日本料理系ヒュージョン)、ここのところ大繁盛で、トリップアドヴァイザーでもトップだし、平日でも予約なしでは絶対に入れないくらい。(週末は2~3日前には予約が必要!)昨秋、お店を開けた直後1か月半くらい、全く人が入らなかったのが嘘のよう。
ところが今度は繁盛しすぎが仇になり、パトロンでシェフの八戒さんが心筋梗塞!!! ここ数日お店を閉めていた。
仕事中に具合が悪くなり、タクシーですぐに病院に行ったらしい。比較的早目に対応したので、まだそこまで大変なことにはならなかったみたいだけれど、心筋梗塞なんて、やっぱり大変だぁ。
今週いっぱい入院しているように!と言われたそうだけれど、お店の事があるので、無理やりシャバに出してもらったらしい。生ものを扱うお店は大変。先程、明日からお店を開けるために仕込みをしている本人と電話で話したけれど、「みんな腐っちゃって…。」と。
お医者さんには「とりあえず退院させてあげるけど、2週間くらいVacancesをとってゆっくりしなさい。」と言われ、「ウィ~~~~。」と言って出てきたらしいけど、いきなり明日の仕込み。ああ…。
以前のMontparnasseにあった「Delibay」が、美味しかったのにあまりうまくいかなかったために、いろいろとお金の問題があったらしく、こんな状態でもなんとか働かないと難しいらしい。経営者は大変です…。
[PR]
by chie_miko | 2014-04-26 06:10 | お食事 | Comments(2)