CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:万貴( 31 )

6月20日(土)   晴れ

昨日はOrléansからの電車が10分遅れただけで、ほぼ予定通り帰ってこられました。めでたし。

15日の飛行機で日本に行った万貴は、熊谷で実家の片づけと、自分の銀行口座の整理で頑張っているようです。
永遠に続くであろう?片づけはもちろんだけれども、日本の銀行口座に関しては、今まではすべて父親が管理してくれていたので、これからは万貴自身で自分の口座を管理してもらわなければならない。
万貴の口座も父親や私の口座と同じく、例によって熊谷中のあちこちの銀行にちょっとずつお金を入れてある。そしてこれまた実家から近いところではなく、敢えてとんでもなく遠いところに口座があったりして。「おじいちゃん、本当に何を考えてたんだか…。」と万貴。
まあ、こればっかりは万貴自身が動いてくれないことにはどうにもならないので、是非とも頑張って欲しいと思います。
[PR]
by chie_miko | 2015-06-21 04:10 | 万貴 | Comments(0)

9月29日(月)   曇り時々雨

南仏が大雨。娘の万貴が住むMontpellierの映像をTVのニュースでも映しており、「3時間に270㎜降った。」と言っていた。万貴からも昼間に電話があり、「ものすごい大雨。脇の道路が川になってる!」と。
f0042370_4352141.jpg

「括目せよ!」という件名で写真を送ってきた。
f0042370_4365186.jpg
大変だぁ。
[PR]
by chie_miko | 2014-09-30 04:37 | 万貴 | Comments(0)

7月11日(木)   晴れ

昨日、万貴がMontpellierに帰って行った。今年は5月末まで天気が悪く、寒い日が多くて、さすがに南仏でもダイビングをするまで気温が上がらず、この夏こそ、今までよりも一つ上のレベルの資格を取りたい万貴も、潜りに行けず焦れていた。そしてさっそく、予め予約を取ってあった今日、ダイビングのレッスンに行って来たらしい。
Monpellierから電車で30分くらい行ったSeteという漁港の町。風光明媚で、Vacances地としても有名。海もとても綺麗らしく、潜る度にいろんな海中生物を観る事ができるという。先程電話があり、「今日はタツノオトシゴがいた。」と。「ウミムシには会えなかったけれど、ウミムシの卵がたくさんあった。」
私も興味はあるんだけどなぁ…。
[PR]
by chie_miko | 2013-07-12 04:53 | 万貴 | Comments(0)

7月8日(月)   晴れ

話がさかのぼります。
7月2日に万貴が日本から帰って来て、4日(木)、Faustin宅でバーベキュー・パーティーがありました。ずっとお天気が悪く肌寒かったのが、やっと太陽が顔をだすようになったところ。サラダの差し入れを持って行きました。
10人以上集まって、それぞれがワインかサラダをもってきていて、ゆったりとアペリティフをしたところでお食事。万貴が、大好きな茹で卵が乗っていたサラダに飛びついて食べ始めた…。次の瞬間、「あっ、これ蟹カマ(仏語ではSurimiと言います。)が入っている!」
彼女は蟹アレルギー。昔は大好きで良く食べていたのに、ある時から突然アレルギーになった。すぐに吐き出しに行ったけれど、それからが大変だった。とりあえず水を飲ませて横にさせて。彼女自身、普通は「危ない!!!」と思う時には「これ、蟹入ってますか?」と訊く習慣はついているのに、この時は何故か何も訊かなかった…。
確かにあの晩は、まわり中どちらを向いても優秀な看護師ばかり。でもFaustin曰く、「アレルギーには看護師なんて関係ない。大丈夫か、救急車で病院に運び込むか、どちらかしかない!」しばらく横になって休んでいるだけで、その後に復活できたのはかなりラッキーだったかも。
とにかく大事に至らなくて良かったです。12時過ぎには家に着くようには帰って来られたし。万貴ちゃん、その晩にはちゃんと寝て、翌朝には完全に復活してました。
[PR]
by chie_miko | 2013-07-09 06:20 | 万貴 | Comments(0)

12月19日(水)   曇り

放置しておりました…。特に忙しかったわけではなかったのですが…。ここ数年、クリスマスからお正月にかけてChocolat(トリュフ)を作って、まわりの方々にお裾分けしたりしております。幸いこれが、なかなかご好評おいただいており、いつの間にか恒例になると同時に、少しずつお贈りする先も増えていき…。結果として、この時期、時間があるとトリュフばかり作っていることに。ブログまでなかなか手が回らない。
そんな中、月曜日に娘の万貴がMontpellierから里帰りしてきた。学生の本当のVacancesは今週末からなのだけれど、一週間早く試験が終わったらしい。彼女の大学は、他の大学と比べて極端に休みが少なく、(同じ国立なのに…。)9月は第1週からバッチリ始まり、10月終わりから11月初旬のToussaintの休みも、2月の冬休みも、学校の休暇として定められている期間の半分しかない。なので、今回のように1週間余計に休みがあるのは、とてもとても珍しい。
もともと、とても寒がりな万貴は、「Parisはザブイ~~~。」何言ってるのさ、ここ数日は一時よりもはるかに暖かいのに。
[PR]
by chie_miko | 2012-12-20 01:53 | 万貴 | Comments(0)

6月14日(木)   曇り時々晴れ

随分前の話になってしまいましたが、万貴話題をちょっと。彼女は、5月31日に1ヶ月半の予定で日本に行ったのですが、出発の日に我が家から空港に行く途中での出来事。
20時発のANAに乗るため、ネットで事前チェックインをすませてから、それでも余裕を持って、17時頃に家を出た。持って帰る荷物なんてほとんどないのだけれど、とりあえず大きなスーツケースを持って行く。日本からの帰りには、そのスーツケースが満杯ンいなって戻ってくる。
Chatelet-Les Hallesの駅からRERのB線に乗り、空港まで。そろそろ混み始める時刻。小さなポシェットを斜め掛けした万貴が、大きなスーツケースとリュックを持ち、私は機内持ち込み用のバック(これにはコンピューターが入っている)を引っ張っていた。電車に乗り込んで、お互いそれぞれ乗ったドアの両脇に分かれた。次の北駅でそこそこの人数が降りて乗って、その次の駅を過ぎた頃だったか、(少しすいてきていた。)万貴が身を乗り出して、変な表情で私の方を見ているので、思わず日本語で「どうしたの?」「iPod持って行かれた…。」「えっ!?」
万貴曰く、ポシェットはいつものように身体の前側に掛けていたのだけれど、大きな荷物に気を取られている間に、いつの間にか後ろにまわっており、気が付いてすぐに前にまわしたのだけれど、時既に遅し!ファスナーが開けられていて、iPodだけ抜かれていた、という。幸運なことに、一緒に入れていたお財布や、私が貸した日本の携帯電話は無事だった。
万貴が旅をする時にはいつも、うちの父親が海外旅行保険に入ってくれている。空港に着いて、ANAのカウンターのところにいた係員に事情を説明し、「Policeで書類を作ってもらいたいのだけれど。」と言うと、「出発カウンターのところのPoliceだと、いつも人がいっぱいだし、仕事も遅いので、どれだけ時間がかかるかわからないから、まずは荷物を預けて手続きを済ませて、パスポートコントロールを通る時に、そこで訊いてみたらいい。」
時間には余裕があったので、万貴はすぐに私と別れてそそくさとパスポートコントロールへ。どうやら搭乗時間に間に合うように手続きができたらしい。日本に帰って保険の申請も上手く行ったようで「ほっ。」
Faustinが「大きなスーツケースを持っていて、日本人観光客に間違えられたんだろうね。」と言っておりました。
[PR]
by chie_miko | 2012-06-15 05:21 | 万貴 | Comments(0)

12月20日(火)   曇り

昨日、クリスマスのVacancesで、万貴がParisに帰ってきた。Vacancesの大移動期だし、それに加えて、万貴の乗ったTGVがMontpellier始発ではなく、Perpignanから来たものだったので、Montpellier到着時にはもうかなりの人が乗っており、車両の荷物置き場に、自分の大きなスーツケースを置くのが大変だったという。
まったくもって踏んだり蹴ったり?の旅で、いつもはネットでTGVの切符を購入し、出発数日前には駅に切符を引き取りに行ったりしているのに、今回に限って、出発前に自動販売機で切符を引き取ろうとしたところ、物凄い人数が並んでいて、とてつもなく時間がかかってしまい、車内で食べようと思っていたサンドウィッチ(昼食用)とミネラルウォーターを買う時間が無くなってしまったそう。
結局お昼抜きになってしまった彼女は、Parisの家に着くなり、「腹減った~!!! 喉が渇いた~!!!」とりあえずポットにあったウーロン茶を飲み、バナナをかじって「ふぅ…。」お疲れ様でした。
[PR]
by chie_miko | 2011-12-21 06:41 | 万貴 | Comments(0)

6月10日(金)   晴れ時々曇りにわか雨

昨晩、万貴がParisに来て、今日の飛行機で日本に発った。先週の半ばまで大学の試験で、日本往復をいつにするのかを話し合うどころではなく、急いで飛行機のチケットを取った。
ここ数年、万貴と私は時期をずらして日本に行くことにしている。日本で、二人そろって特別に何かをするわけでもなし、二人別々の方が、父親が一人でいる時間が少しでも減ることになるし。そして今までは私たちにとっても、熊谷の実家に行けば父親がいたのだが、今回は状況が変わっている。
そのために、今朝1時間みっちり、万貴とふたりでミーティングをした。何がどこにあるのか、何をしなければならないのか、から始まって、父親のいるケアハウス「はなぶさ苑」へのバスでの行き方、そして何よりも「節電対策」。きっとほこりの積もっているであろう、家の掃除も。
それでも今回は万貴が7月5日にParisに戻り、9日にMontpellierに帰る。そして私が7月14日にParisを発ち15日に日本着と、ふたりが立て続けに日本なので、万貴が多少何かを残してきても、それほど大変な事にはならないはず。
父親の方も、退院してケアハウスに入ってから約一ヵ月半経ち、それなりに生活にも慣れ、ペースも出来て来たようだ。なによりも温泉が快適なよう。それもそのはず。数年前に心筋梗塞を起こしてからは、一人いる時にお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりすることが不安だったらしく、毎朝1時間半、お掃除や簡単な家事を手伝いに来てくれるヘルパーさんがいる時に、さっとシャワーを浴びたりしていた。今は温泉にゆっくり浸かれる状況になったので、そのあたりはとってもご満足みたい。
あとは、万貴が日本にいる間に、どこまで片付けとお掃除をしてくれるか…、ですね。
[PR]
by chie_miko | 2011-06-11 06:55 | 万貴 | Comments(8)

12月27日(月)   曇り

19日(日)から万貴がクリスマスのVacancesでParisに帰ってきている。Vacances前にとりあえず試験を終えてはいるけれど、Vacances明け(今年は1月3日から学校が始まる。)の2週目から再試験の期間に入るので、現在結果待ちの状態。彼女の頭の中では、いくつかの科目は必ず再試験にひっかかるらしく、この時期、クリスマス、年末年始と、あちこちお呼ばれしたりしてもいるが、その間をぬって、毎日のように目と鼻の先のCentre Georges Pompidouの図書館に通って勉強している。
Centre Georges Pompidouは美術館、図書館とも、毎週火曜日と5月1日(メーデー)が閉まっている以外は、年末年始も祭日もずっと開いている。特に図書館は夜10時まで。入場人数があり、きちんと勉強でき得る人数以上は入れない。と言っても、とても広いので、かなりの収容人数だと思うけど。万貴は先週初めて行ってみて、設備の良さと内容の充実度にとても満足し、ゴキゲンで通っている。
平日と12月25日、1月1日の祭日は12時に開き、その他の土曜日、日曜日は11時に開く。開館前はかなりの人数が寒い中、並んで待っている。万貴もいつも、4時間くらい勉強して帰ってくるものの、開館の1時間半前に並びに出掛けて行く。(我が家から5分くらいしかかからないので、とても便利。)そんなに早く並ばなくても入館はできるけれど、「気に入った席を取りたいから…。」と。
今朝は出掛ける前に、昨日彼女が書きうつしてきたエジプトのヒエログリフを見せてもらった。なんだか漫画みたいで可愛かった…。
今夜はアラーキー家にお呼ばれです。
[PR]
by chie_miko | 2010-12-27 21:24 | 万貴 | Comments(2)

10月29日(金)   曇り

娘の万貴のことについて書こうと思いながら、延び延びになってました。ストの事について書いた時にちょっと触れましたが、万貴はこの9月から、Montpellier第3大学Paul Valeryのホンモノの大学生(考古学科)になりました。
なぜMontpellier?
1)彼女はParisには住みたくない。
大都会はいやだそうで、Parisには私がいるので、必要があればいつでも来られるから、それでもう十分なのだそうです。
2)古い時代(紀元前)の考古学をやりたい。
フランスはあちこちの大学に考古学科があるけれど、中世を主としているところが多く、万貴の本当に勉強したい地中海文明に力を入れているのは、Montpellier大学とAix-Marseille大学、Clermont-Ferrand大学くらいしかない、ということ。Montpellierには、大学3つの他にも高等教育機関や研究機関があるし、とても学生が多く、勉強するのにはとても良い環境。気候もいいし。
9月に大学に登録するなり、すぐさま授業。小テストも。どうしても言葉のハンディがあるので、授業を録音して後から聴きなおしたりして勉強しているみたいです。
そうしているうちにスト突入で、結局もう10日間くらい学校が閉鎖されてしまっているそうで、(学生が閉鎖している!)勉強意欲に燃えている彼女は、すっご~く怒ってます。
大学はとりあえず「来週の木曜日あたりから開く。」という話になっているらしいけど、この閉鎖期間のしわ寄せはどこに来るんだろう…。
[PR]
by chie_miko | 2010-10-30 05:41 | 万貴 | Comments(4)