CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:Spectacle( 198 )

7月10日(月)   晴れ

前回の続きです。
万貴が中学高校とお世話になったトゥレーヌ甲南のあったSt Cyr sur Loire。Bloisで出会った、そこにお住まいのお金持ちのご夫婦は、夏の間、ご自宅の大きなお庭で週末にSpectacleをオーガナイズするそう。音楽、朗読…分野を問わず。
私たちにも「来年の夏にコンサートを。」と、お声がかかった。お庭なので雨が降ったら中止。音楽でもピアノを使うものはダメ。クラリネット、ビオラ、歌の3人というのはちょうどいい。
万貴が学校にいた頃には、年に数回訪れていたSt Cyr sur Loire。歌いに行くことになるとは。懐かしいというか、嬉しいというか…。なんだか変な感じ?
[PR]
by chie_miko | 2017-07-10 22:07 | Spectacle | Comments(0)

7月9日(日)   晴れ

長らくの放置…。現在日本におります。4日(火)、台風とともに夜7時に成田に着きました。「揺れるかな?」「熊谷に帰る電車は大丈夫かな?」と心配していたけれど、全く問題なく、順調に戻ってこられました。
だいぶ遡って…。
6月23日(金)のBloisのConservatoireの試験は、受けた3人ともうまくいきました。もちろん、こちらの胸が苦しくなるほど、生徒が緊張していたのがわかったし、人前で演奏するのがどれだけ大変なことかは、私自身がと~ってもよくわかっているので、思わず私に力が入ってしまった。でも、これでひとまずホッ…。
その後のクラスの発表会も無事に?すみ、とりあえず2016年~2017年度を終えた。
そしてその翌週、7月1日(土)には再びBloisで、作曲家Dortort氏の奥様でアーティストでもあるMarie-thérèseの個展のVernissageでクラリネット奏者のAlainとその奥様でViola奏者のFrédériqueと一緒に、ほんのちょっとだけだけれど演奏をした。
そして偶然にもそのときのお客様の中に、万貴が中学高校時代を過ごしたトゥレーヌ甲南学園のあったSt Cyr sur Loire在住のご夫妻がおり、万貴のいた学校をとてもよく知っていたので、ひとしきりトゥレーヌ甲南の話で盛り上がった。
ひょんなところで…。世間は狭い…。
[PR]
by chie_miko | 2017-07-09 20:13 | Spectacle | Comments(0)

6月7日(水)   晴れ

明日、8日(木)のBloisでのコンサートのために、今夜から稲垣さんとBlois入りです。なんとしてもMessiaenが難しくて…。大好きな作品なんだけど。楽しく歌えたらいいなぁ…。
[PR]
by chie_miko | 2017-06-08 02:52 | Spectacle | Comments(0)

5月30日(火)   晴れ

27日(土)は我が家の裏にあるラム専門店「A Rhum」を経営するFreddyとEricの結婚式だった。この時の様子はまた後日アップするとして、今日はまた番宣…じゃなくて告知…でもなくて、コンサートのご案内です。

“HARAWI” ~chant d’amour et de mort~
6月8日(木)20H30  à l’Auditorium de Conservatoire de Blois
Ensemble 32 Chieko Hayashi (mezzosoprano)
Satoshi Inagaki (piano)
Programme : Messiaen他


BloisなのでParis近郊の方々にはちょっと難しいでしょうが、近くにお立ち寄りの際には、是非是非覗きにいらしてください。
[PR]
by chie_miko | 2017-05-30 18:00 | Spectacle | Comments(0)

5月19日(金)   曇り

例によって電車の中です。今日は数人欠席がいるので、その間、明日の本番の練習とCoaching Vocalの講座の宿題を先に進めるつもり。
明日の本番に関しては、月曜日にあったリハーサルの時に、あらかじめもらっていた楽譜の間違いが数か所判明したため、訂正して送られた譜面を昨日製本した。今日はその譜面に慣れねばならない。
楽譜を書くソフトが一般的になる前は、新曲の楽譜はすべて手書きで受け取ってきた。出版されているものも、作曲家自身の手書きのコピーがそのまま印刷されていたり。そのせいで?現代曲の仕事を始めてから、いきなり乱視になった私。
今の時代は楽譜を書くソフトで清書された?ものをもらうことが多いけれど、ほとんどの場合、作曲家自身がコンピューターに打ち込んでいるわけではなく、別の人間が楽譜を作る。そこで起きるのがコピーミス。これは結構やっかいで、演奏する側としては目の前にあるものに従うしかないわけで、リハーサルで初めて「それ違う!」ということになる。
金曜日は毎回Bloisから疲れ切って23時過ぎに家に帰る。疲れているのに、神経が興奮しているのか、いつもすぐに寝られない。今日はなんとかして早く寝たい。まずは電車が遅れないこと…。
[PR]
by chie_miko | 2017-05-19 17:43 | Spectacle | Comments(0)

5月18日(木)   曇りのち雨

唐突ですが、番宣…じゃなくて、本番のご案内。
http://ousonmupo.net/ousonmupo_rendez_vous.html
20日。今度の土曜日。ほんの15分の演奏なので、コンサートというほどのものではない。将来的にGeorges Perecの台本を使ってオペラを作る計画があって、今回はその予告編のようなもの。17時から、予約も必要なく入場無料なので、お時間のある方はちょっとだけ覗いてみてください。
そして15日(月)には、午後Paris郊外でこの本番のリハーサルがあって、その足で夜はYäelのCoaching Vocalの授業に行った。最後の方は集中力が切れてきてもうボロボロ。また宿題に追われている毎日です。
[PR]
by chie_miko | 2017-05-19 04:15 | Spectacle | Comments(0)

3月10日(金)   晴れ

Bloisの授業時間中ですが欠席がいるため、家に帰ってからアップできるように原稿を書いています。
今回の大阪、フェニックスホールでのコンサートはマジで大変なコンサートでした。稲垣さんのピアノソロ、ワーグナー/リスト「トリスタンとイゾルデ」の抜粋から初めて、フォーレ「イヴの歌」が前半。後半がメシアンの「HARAWI」。「イヴ」だけで25分以上かかる。「HARAWI」が55分くらい。単純に歌っている時間が長いという問題だけではなく、長い連作が並んでいるということで、その間、全く集中を切ることができない。
3日、4日、5日のリハーサルのあとも、私は真剣に疲れていた。それでも3日は、大阪の叔父の家に泊めてもらっていたので、帰ってから叔母の作ったおでんを美味しくいただいたけれど、後の二日間はホテル住まいだったこともあり、コンビニで買ってきたサラダで夕食を済ませた。疲れちゃって、ものを食べる意欲もない状態。
もちろん、朝食と昼食はきちんと食べましたよ。泊まっていた肥後橋のアパホテルの30階にある「チャオ・サイゴン」というベトナム料理のお店が美味しくて。
コンサート自体は多々あれど、メシアンは多分、今までの中で一番上手くいったと思う。そして、歌い終わった後、お辞儀をして、拍手をいただいて…。最後の曲を歌い切ったところで、「私、舞台のそでまで歩いて行けるのだろうか…。」と思うくらい力尽きていた。(歩けてよかった!)
しかし「イヴの歌」難しい。もう一度、6月8日(木)にBloisでこのコンサートをけれど、もう一度最初から見直します。
[PR]
by chie_miko | 2017-03-11 05:08 | Spectacle | Comments(0)

3月2日(木)   曇り時々雨

火曜日、水曜日と東京で稲垣さんとリハーサルをして今日はオフ。明日から大阪でリハーサル。かなりハードなプログラムなので、身体的にも精神的にも大変。
今日はバッチリ自主練をしようと思っていたのだけれど、なんだか疲れていて。昼過ぎには熊谷の我が家の1階の運動療法の藤原先生(参學スタジオ)に頼んで、身体を整えてもらった。明日からはノンストップ。駆け抜けるしかない。頑張ります。
[PR]
by chie_miko | 2017-03-02 23:25 | Spectacle | Comments(0)

1月16日(月)   晴れ時々曇り

昨晩はピアニストの友人、HélèneがAtelier de la main d’or(私もよく歌わせてもらっているBastilleの近くのホール)リサイタルをしたので行ってきた。「De Paris à Saint-Pétersbourg」というタイトルの約1時間のコンサートで、Ravel、Fauré、Rachmaninov、Prokofiev等…。
彼女、室内楽を多く弾いているけれど、まだ若いので、向き不向きや好みは別として、意欲的にソロのコンサートをどんどんやっていくべきだと思う。やっぱり彼女、音が綺麗だ。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-17 05:43 | Spectacle | Comments(0)

1月9日(月)   曇り

3日(火)から7日(土)まで、忙しい中をぬって日本からピアニストの稲垣さんが来てくれた。2月18日(土)のカフェモンタージュ(京都)でのコンサートと、3月6日(月)のフェニックスホール(大阪)でのコンサートの打ち合わせとのめ。
正味3日間のリハーサルだったけれど、これをするとしないのとでは全く違う。これからの勉強の課題がはっきりした。
さらうのみ。
[PR]
by chie_miko | 2017-01-10 07:20 | Spectacle | Comments(0)