CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:VAE( 1 )

3月24日(金)   曇り

金曜日です。Bloisへ出勤する電車の中。今週は、コンサートで日本にいたため休講した3月3日(金)の分の補講をせねばならない。よって今夜は伴奏員のVéroniqueの家に泊めてもらい、また明日一日授業をしてからParisに帰る。
こういう時にはいつもVéroniqueにお世話になる。いつも快く受け入れてくれて本当にありがたい。
もう30年以上Parisに暮らしていて、日本人、フランス人を問わず多くの人に助けてもらってきた。そしてここのところ新たに、国家資格のために数人のフランス人の知り合いに助けてもらっている。フランスは書類の国。国家資格を受験するための書類の大変さと言ったら…。とても私一人では準備できない。
Conservatoireの学長、Jean-Claudeをはじめとして、クラリネットのAlain、そしてBloisで現代音楽の作曲家たちのグループをまとめているJack。Jean-Claudeはとりあえず、自分の学校のことだとしても、AlainとJackには「Chiekoに絶対に国家資格を取らせる!」という、ものすごい意気込みを感じる。
月曜日にBloisの役所関係の人と会って説明を受け、その足でJackと会い打ち合わせ。まずは受験に応募をするための書類をそろえなければならない。
やっと、まずは何をすればいいのかがわかってきて、昨日はAlainが家に来てくれて書類を確かめた。あとはきちんと書き込んでJean-Claudeにサインをもらうだけ。でもそこでAlainが、「揃えて書き込んだ書類には、とりあえずJackにも目を通してもらったほうがいい。」というので、来週の金曜日の授業の合間にJackにConservatoireに来てもらうことになった。
ふぅ。みんなでお騒ぎ。
[PR]
by chie_miko | 2017-03-24 19:02 | VAE | Comments(0)