CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:Foot( 109 )

9月6日(火)   曇り

あまりにいろいろありすぎて、ここしばらくFootから遠ざかっていた。そして今夜、TVでWCの予選の最初の試合、対ベラルーシ戦を観た。
EURO2016では下馬評に反して、本当に思いがけず準優勝をしたEquipe de France。EUROのときはあまりに忙しすぎて、せっかくフランスで開催されているというのに、Stadeに行くどころか、TV観戦もできない状態だった。
今夜は心してTV観戦をしていたのだけれど、「う~ん…。」ベラルーシ相手に引き分けるっていうのはちょっと…。
はっきり言って前半はみんな寝ていた感じ。後半は目覚めたけれど、あれだけチャンスがありながら1点も入れられないというのは、はっきり言って問題。確かにスター選手のいる大型チームではない。でもきれいにボールは回せるし、チームとしてきちんと成り立っている。でも決定力がない。
次はブルガリア戦。ここで絶対に勝たないと!
[PR]
by chie_miko | 2016-09-07 05:58 | Foot | Comments(0)

4月17日(水)   晴れ

13日(土)、14時からのAuxerre/Monaco(Monacoは現在1位。Auxerreは9位。)の試合のために、日帰りでAuxerreに行ってきました。2週間前に行った時は寒くて寒くて(ただでさえAuxerreは寒い!)Stadeに行くのにジーンズの下に厚手のレギンスをはき、背中にカイロを張り付けいたのに、数日前からいきなり暖かくなり、駅前の桜が突然咲いていた。
f0042370_544074.jpg

とりあえずValentinのお家に。暖かい中、Yonne河の橋を渡るのも、とても気持ちがいい。Auxerreのカテドラル。
f0042370_5451428.jpg
ここの司教さんだったAbbe-Dechampsが100年以上前に今のFootクラブの基の創始者。
カテドラルを挟んでStadeの反対側にあるAbbaye St-Germain。
f0042370_5462926.jpg
とても古い教会。
試合は…、負けちゃったんです。0-2で。
2週間前のDijon戦と全く違って、とてもとても良い試合でした。みんなよくやった。でも今年のMonacoは本当に良いチーム。来季L1に久々に復帰することは間違いないでしょう。
「ChiekoがStadeに来るととチームは負けない!」というへんな伝説がはびこってしまっているけれど、なんと、私にもウィークポイントがあります。それはイタリアのチーム。ヨーロッパの試合で2度ほどイタリアのチームとの試合を観戦し、2度とも負けている…。
前半で0-2になった時、Valentinが「ねえChieko、Monacoってイタリアから25Kmしか離れてないんだよ…。」確かに!
試合後のインタヴューなどで忙しいValentinよりも先に、歩いてPerrineの待つ家に荷物を取りに帰った。「Chieko…。Monacoって監督もイタリア人だし、スタッフ関係者もイタリア系ばっかり。」早く言ってよ!だったら行かなかったのに!!!
来シーズンは予めPerrineがよく調べ、イタリア色の強いチームとの試合には、私は姿を現さないことに決まりました。
[PR]
by chie_miko | 2013-04-18 05:48 | Foot | Comments(0)

4月3日(水)   うす曇り

昨晩TVでPSG/Barcaの試合を観たけれど、「Footってこういうものなんだよな~。」って。それはヨーロッパトップクラスのチームの試合と、普通のL1の試合だって全然レベルは違うけれど、L1とL2の差というのも恐ろしいくらい。
でもまず、今あるところでじっくりやっていかないと先には行けない!
さてさて前回の続きです。3月29日(金)、AuxerreでのAJA/Dijon話題。
数年前から警備が厳しくなって、Stadeではメディアスタッフと一緒にうろうろしている私でも、試合後のインタビュールームに入れてもらえなくなっていたのが、何故か今回はValentinと一緒に入れてもらえた。
まずはDijonの監督Dall’Oglioのインタビュー。「選手たちがとてもよくやっってくれた。やっと引き分けまでこぎつけたもの。いつか、いつか必ずAuxerreに勝ちたいと思うけれど、まだ足りなかった。でもとりあえずここまで出来たのだから、今夜は満足している。この次は勝ちたい!」この発言を聞いて吃驚。現在Dijonは7位。9位のAuxerreより上にいるのに。チームにも歴史があり、長い間1部リーグにいたAuxerreはDijonからみたら遥かに格が上らしい。
次にAuxerreの監督Casoni。「Bourgogneダービーがホームで引き分けたということについて。」という質問に、「ダービーだろうが何だろうが、ホームだろうがアウェイだろうが、ひとつひとつの試合を大切に戦って行くことが大事。Dijonはとても良いチーム。引き分けで終われてよかった…。」
最後にKapoが出て来た。(彼は今右肩を負傷中なのだけれど、後半最後の20分くらいプレーをした。)彼はCasoniとは逆に「ホームで勝てなかったのは本当にがっかり。みんなとても悔しがってる。Bourgogneを代表するチームは絶対にAuxerre以外には無いのだから。実に悔しい!」
今シーズン、今までAuxerreに行っていなかったのは、Valentin家が引っ越しをしていたりして、うまくタイミングがあわなかったから。
f0042370_2362468.jpg
彼ら、Auxerreの郊外から市内の可愛いメゾンに引っ越した。
f0042370_2373896.jpg
駅からも近いし、Stadeにも近い。5月中旬から日本に行くけれど、それまでの間にもう一度はAuxerreに行きたいと思っている。Allez Auxerre!!!
[PR]
by chie_miko | 2013-04-04 02:39 | Foot | Comments(0)

3月31日(日)   晴れ

29日(金)、Auxerre/Dijon観戦に行ってきました。今シーズン、9月にリーグ戦とCoupe de la Ligueを一度ずつ観に行っただけで、その後は私の都合の良い時にValentin家の方の都合がつかず、今になってしまった。
9月の時はまだ前シーズンの名残があり、そこそこの選手もわりと残っていたし、試合の組み立て方もそんなに一部リーグにいた先シーズンと比べて、そう変わったとは感じなかった。でも、今回は…!
観ました。L1とL2の違い!「L2にはL2の試合運びがあり、L1のときのようなプレーをしても勝てない。」という話はさんざん聞いたけれど、今回行ってみて、「これなんだ!!!」
f0042370_527819.jpg
AuxerreとDijonはどちらもBourgogneのチーム。位置的にもすぐ近くだし、現在Dijonが7位、Auxerreが9位という、本物のダービー。今シーズンの前半に行われたDijonでのアウェイの試合ではAuxerreが勝ったし、Dijonにしてみればなんとしてもリベンジしたいところ。
相変わらず私の姿を見るとスタッフたちが「今日は勝てる!」これって私にとっては本当にプレッシャー。結果は0-0で引き分け。どちらにもチャンスはあったのだけれど、得点に結び付けられなかった。
L1に比べると試合のテンポが全く違う。パスが早く出ない。私にはボールを持ってぐずぐずしているように見えてしまう。パスミスも信じられないくらい多い。そして私にとって一番の罪人はAuxerreのDF、Ramos。今シーズンから移籍してきた選手。パスミスというより、判断ミスが多すぎ。よく無失点に抑えたと思う。
それでもAuxerreでは、今までのように確実に若手が育っている。DFではJullien(20歳)、Boly(22歳)という身長195cmの二人がセンターを守り、FWではNtep(20歳)など。NtepはMFのLangil(25歳)とのコンビネーションがなかなかでした。(得点できなかったのが残念だったけど。)
また続きを書きます。
[PR]
by chie_miko | 2013-04-01 05:28 | Foot | Comments(0)

3月27日(水)   晴れのち曇り

Auxerreのチームのサイトで、今日、「東京のクラブチーム(FC Tokyo)の‐14の選手たちがAuxerreのスタジアムAbbe Deschampsを訪問した。」という記事を見た。彼らはこの週末、Auxerreのすぐ近くの町Sens(サンス)であるトーナメントに出場するために来仏。Auxerreのチームを訪問したという。Sensで試合をするってことは、Parisに泊っているのか、Auxerreに泊っているのか…。
Auxerreのプロのチームは、現在悲しいかな2部だけれど、Auxerreの若手育成のシステムはフランスで一番!そこから上がってきた若手がプロ契約をして、数年地元でプレーをしてから他のビッグチームに移籍して行く。(みんなよくイギリスに行きます。)
FC Tokyoの選手たち、Abbe Deschampsのスタジアムを訪ね、プロの練習を見学した後、チームのブティックでお買い物。そして元監督で現在は若手育成の方の責任者であるGuy RouxとAuxerreの育成コースのメンバーらと親交を深めたそうです。
日本側に通訳が付いてきたって書いてあったけど、「こういう時に呼んでくれないかな~。」な~んて。通訳ひとりじゃ大変だったろうに…。なんちゃって。
[PR]
by chie_miko | 2013-03-28 04:13 | Foot | Comments(0)

3月26日(火)   曇り

今、TVでFootのWC予選、France/Espagneを観ながらこのブログを書いてます。ちょうど今、Les BleusのキーパーLlorisがPKを明らかにとられたはずが、審判のノーホイッスルで救われたところ。(これは後から問題になるかも。)
ここ数年、Stade de FranceであるLes Bleusの試合に行っていない…。以前は皆勤賞だったのに。Domenechが監督になり、あたしにとってのLes Bleusの魅力が失せ、その後のBlancの時代も気が向かなかった。TVでもあまり真剣に観てなかったり…。
監督がDeschampsに変わってから、実は密かに期待していて、先週末のGeorgie戦はTVで結構真剣に観戦。そして今夜。
一時期よりもずっとチームとしての動きがよくなっていると思う。(Benzemaがピリッとしないのがちょっと問題だけど。)これなら来シーズン、またLes Bleusの試合を観にStade de Franceに行ってもいいな…。
今週金曜日はAuxerreです。Dijon戦。同じBourgogneのチーム(すぐ近く)で、今のところ順位も近い。本当のダービーです。もう10日くらい前からAuxerreのスタッフから電話が掛かって来ている。勝ってほしいです。
[PR]
by chie_miko | 2013-03-27 06:11 | Foot | Comments(0)

2月12日(火)   曇り

日曜日に決勝が終わるまで、必死でCAN(アフリカネーションズカップ)をTVで観ていた。数回前のCANはEurosportのチャンネルで放映していたので、昔から入れているケーブルTVで問題無く観る事ができていた。ところがここのところ、放映権がCanal+に移動。Canal+を入れていたこともあったのだが、あまり映画を観ない私には「必要無し!」と契約を切ってしまっていたのだった。
でも、ここ数回続けてCANの放映はCanal+。今年も、CANのグループリーグが始まってから、やはりCanal+が無いと試合が見られないというので、悩んだ末Canal+を入れた。
今回はたくさんの番狂わせが起こった大会。自国が紛争状態のMaliが3位に入ったのは、私としてはとても嬉しかった。日本が震災の直後になでしこジャパンがWCで優勝した時は、日本中が湧いた。Maliだって同じだと思う。決勝トーナメントに残れるなんて、誰も予想していなかったもの。大変な日常の中で、一瞬でも心が明るくなった人たちだって多いはず。
そして日曜日の決勝でNigeriaに負けて2位になってしまったけれど、Burkina Faso。この国こそ、今までCANの本大会に出場しても、過去の歴史の中で2勝しかできなかったという。誰も、誰も、だ~れも決勝まで来るなんて考えもしなかった国。おまけに準々決勝も準決勝も延長で(準決勝はPK戦。)勝ち抜き。決勝のときにはボロボロに疲れていたに違いない。準決勝では、チュニジア人の誤審のせいで、BurkinaのFW、PitroipaがPKを拒否されただけでなく、シュミレーションとみなされ退場。でもこれは誰の眼にも誤審であるのが明らかで、試合直後に審判自身も自分の間違いを認めたため、Pitroipaは決勝戦にも出場できた。が、誤審をした審判は謹慎…という、かなり話題性もあったりして。
せっかくCanal+を入れたので、こうなったらFootでも観ないと損?なので、今、このブログを書きながらチャンピオンズリーグのValencia/PSGを観ています。
[PR]
by chie_miko | 2013-02-13 06:19 | Foot | Comments(0)

9月26日(水)   曇り時々雨

1週間前に再手術した目の調子は、とても快調!ということで、昨晩、Coupe de la LigueのAuxerre/Angers観戦行ってきました。
先週の土曜日のL2、アウェイの試合でGuingamp相手に1-3でリードしながら、最後の20分で4-3と、思いっきりひっくり返されて負け。なんともったいないこと。
こうなると、チームのマスコットとしてはParisでじっとしてはおられず、急遽Coupe de la Ligueの応援に行くことに決めた。カップ戦よりはリーグ戦で良い結果を残す方が大切なのは充分承知しているけれど、クラブの状態がどんな具合なのか、とても気になったから。
f0042370_635841.jpg
いやぁ、凄い試合でした。何しろ前半15分で、審判のむちゃくちゃな判断で(本当に、ホ・ン・ト・にひどかった!!!)AuxerreのMF、Mandjeckが一発退場となり、場内騒然。観衆が怒ったこと、怒ったこと。選手たちも奮起して、すぐにNtep(20歳)が1点先制。その後もみんなよく走り、後半51分にペナルティを奪い、2-0で大勝利!みんなとても良くやったと思う。若い選手が多い分、成長が目に見えるのはなかなか楽しい。
f0042370_645759.jpg

しかしまあ、スタッフ連中は相変わらず私の顔を見ると「やった!今日は勝ちだ!!」昨晩なんて、Stadeの敷地内に入った途端、カメラがまわっているインタビューが始ってしまった。試合前、何度かに渡って撮影されて、さっそく現在Auxerreのチームの公式サイトの中にあるビデオに、「Dans les coulisses d'une qualification」というタイトルで、昨晩の試合経過や選手や監督のインタビューとともに編集され、アップされてます。(試合自体は放映権の問題で映ってません。)多分2~3日で更新されるでしょうが、その後はyoutubeの「A dix, l'AJA sort Angers des 16èmes de finale de la Coupe de la Ligue」でならば、いつでも観られるはずです。20分のうちのあちこちに私のインタビューが散りばめられていて、もう恥ずかしいのなんのって。フランス語だって細かい間違いがいっぱいあるし。
でも、昨晩のような試合ができれば未来は明るい気がします。Allez Auxerre!!!
[PR]
by chie_miko | 2012-09-27 06:10 | Foot | Comments(0)

9月16日(日)   晴れ

金曜日の夜、今季初めてのFoot観戦にAuxerreへ行ってきました。Auxerre/Istre。我が心のAuxerreは今シーズンからL2。ほとんどの試合が金曜の夜か、月曜の夜。
金曜日にAuxerreに出掛ける…、というのは本当に変な感じ。(今まで、L1だった時はいつも土曜日に試合だったので。)おまけに、今年はアルジャジーラ系のチャンネル、beINsportが放映権を取ったので、L1に変化は無いまでも、L2はTV放映時間の関係で、金曜日のほとんどの試合が18:45から。いくらなんでも時間が早すぎる!
f0042370_5552878.jpg
L1とL2って、こんなに違うものなんだ…。想像していた以上に報道関係者はほんのわずかしかおらず、チームのブティックに入ってみたけれど、売っている物も少なくなっていた。
f0042370_55645.jpg
試合時間が早いせいもあり、観戦席もガラガラ。悲しい。
試合自体は0-0で引き分けたけれど、チームの状態は決して良いとは言えない。L1から降格が決まった段階でそれまでの中心選手はみんな他のL1チームに移籍したがり、実際に移籍がかなった選手は仕方ないとして、望んだような条件のオファーが無かった選手たちが、夏の移籍期間終了まで、ずっと「心そこにあらず」だったりで、新たに養成の方から上がってきた若手とうまく調和が取れていない。チームとしての形が全くできていない。ここしばらくL2にいるIstreの方がずっとチームとして成り立っているように思えた。
なんとか頑張って欲しいなぁ。応援に行くから。
[PR]
by chie_miko | 2012-09-17 05:56 | Foot | Comments(0)

5月22日(火)   曇り

昨日の続きです。
とりあえず昨日、3月半ばからFournier元監督に替わってAuxerreを率いているWalleme監督が、L2でも来季続投を発表しました。これはとても良い事!!!
さて、ぐちゃぐちゃになってまった後半戦。とても良い試合だったのに、本当に残念で。試合のリズムがすっかり崩れてしまった。それでもさすがMontpellier。もう1点追加して、1-2で堂々とL1初優勝を飾りました。
Foot観戦でこんなに疲れたのは初めて。Auxerreサポのこういう状態を見るのは、チームがL2に降格するということよりもずっと悲しかったです。
翌日の朝、Valentinからいろいろとスタッフ関係の裏話を聞きました。世間一般では会長のBourgoin氏がひたすら悪者のように言われているけれど、どうやらコトはもっと複雑で、根の深い問題があるらしい。始まりは2005年にAuxerreがCoupe de Franceで優勝した直後、その場で、時の監督Guy Rouxが引退表明した時から始まっている。
なんだか奥歯に物の挟まったような、すっきりしない言い方で申し訳ないけれど、ブログにはこれ以上書けません。これ以上の詳細をご希望の方は、私の方に直接ご連絡ください。日本にお住まいの方は7月10日~9月2日、私の日本滞在中にご説明いたします。
L2ということでほとんどのプレーヤーは移籍していくでしょう。仕方ないです。クラブも上手く選手を移籍させてお金が入るようにし、L2の試合パターンに慣れた選手を手に入れなければならない。Perrineが、「L1とL2では、試合の感じが全く違う。」と言っていた。L2はL1よりもずっとフィジカルなので、L1のようなテクニカルなものはあまり必要ない、と。Walleme監督は、過去において既にLensをL2からL1に引き上げた経験を持っているので、そのことを考えても、彼が残ってくれたのは何よりも喜ばしい。
Auxerre、L2で新たなスタートを切って欲しいです。
[PR]
by chie_miko | 2012-05-23 00:56 | Foot | Comments(0)