CHIEKOの無駄口

ブログトップ

カテゴリ:未分類( 420 )

11月18日(土)   晴れ

日本から戻ってきてからは、今週の水・木・金曜日にあったCoaching Vocalの講座の集中講義と研修、試験のために、ひたすら勉強していました。なので昨日、金曜日のBloisの授業は休講。その代講として来週は金曜・土曜と二日続きでレッスンします。
試験は木曜日の午後に筆記、金曜日の朝に実際のCoachingとあって、9月の試験と合わせて、なんとか1年目を合格できました。ふう…。
そして今日・土曜日は、授業ではなく、Conservatoireであるピアノのマスタークラスの通訳のために、Bloisに向かう電車の中でブログの原稿を書いてます。木・金・土と毎朝6時半起きだったけれど、今日は5時半起き。乗り換えなしの直通電車なので寝るしかない。このブログも、いつものようにOeléans駅でアップできないので、もしも時間通りに着いたらBloisの駅からアップします。ダメなら今夜、家に着いてからから。
日本の家の工事の話もあるし、これからはもう少し頻繁にアップできるようにするつもり。
[PR]
by chie_miko | 2017-11-19 04:18 | Comments(0)

10月20日(金)   晴れ

突然ですが、10月22日(日)の飛行機で日本に行きます。11月7日(火)まで。今回は、夏の間に片付けて、私がParisに帰った直後から始まった工事が今日、明日のうちに終わるはずなので、片付けたものを再び戻しに(戻すといっても、ずいぶんといろいろが変わったはずなので、新たに片付けなおす?)に行きます。
で、今日はTousaintのVacances前最後の授業でBloisへ出勤。今日は3人から欠席届が出ているので、その間にYaëlの講座の勉強をしようと思い、お道具?を持ってきた。ふう。お勉強、とにかく大変。日本でも、できるだけ毎日少しずつでも進めていかないと、どうにも追いつかない。歌だって当然練習しなきゃいけない。本業をおろそかにしたら本末転倒。
12月21日に、BloisでConservatoireの演劇の方の分野とのコラボの仕事が決まっている。お題はBrecht。WeilとかEislerとかを歌う。私にとって初めての経験なので、とっても楽しみ。
それもそれなんだけれど、現在、来年夏の日本でのEnsemble32のコンサートの話を詰めていかねばならなくて、日本に出発前に大騒ぎしている。クラリネットの山根さんと稲垣さん、私の3人のコンサート。現代音楽はプログラムが命綱。今回は山根さんが忙しい中、必死で曲を探してくれて。とんでもないプログラムのとんでもないコンサートになりそうです。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-20 17:44 | Comments(0)

10月5日(木)   曇り時々雨

今日は早起きをしてBruxellesまで。以前からお世話になっている永田友絵さんのところへ行き、Kinésiologieのセッションを受けてきた。私自身、時間に余裕もなく、かおりちゃんも仕事でフランス(Parisじゃないけど)に来ているので、セッションを受けただけでとんぼ返り。14時にはParisに着いた。

友絵さん、なんだか益々パワーアップしている感じ。ユーチューブにアップしている動画を教えてもらって、さっそく拝見。また次の動画が楽しみです。
[PR]
by chie_miko | 2017-10-06 02:50 | Comments(0)

9月29日(金)   晴れ

Bloisに出勤する電車の中です。どうやら今日は時刻通りに出発するらしい。(少なくとも今のところは…。)
昨日は午前中、クラリネット奏者のAlainが来てくれて、1次審査を通過した国家の教師資格(VAE)の2次審査のために準備するべき書類について相談に乗ってくれた。そしてお昼には、数年前に既にYaëlのCoaching Vocalの講座を終えたFranceが来てくれて、まずは近くの中華レストランでさっさとランチをし、それからFranceがYaëlのレッスンに行くまで、2時間半ほど、講座の夏の集中講義の1日目の内容とフランス語のチェックをしてもらった。
少しずつでもできるだけ毎日、講座の勉強をしている。だって追いつかないんだもん。集中講義1日目のメドがついたので、やっとこれで2日目の聞き取りに入れる。聞き取って手書きで全部書いて、それを自分なりにまとめてコンピューターに打ち込む。それをチェックしてもらって、それからやっと本当の勉強。時間がかかっても、私にはこれしか方法がない。一緒に授業を受けているフランス人たちと同じ速度でついていくのは不可能。
10月半ばにまた講義があるので、それまでになんとか7月の2日目の聞き取りを終わらせられれば…。無理だろうけど…。
[PR]
by chie_miko | 2017-09-29 17:48 | Comments(0)

9月19日(火)   晴れ時々曇り

7月のYaëlの集中講義の授業内容のまとめが、まだ半分にも至っていない。9月に入って受けた追試の結果がでた。7月の授業の分が全く追いついていなかったので無視して、とりあえずまとめが終わっていた6月までの授業内容を見直して受けた試験だったので、答えを書けない部分がそれなりにあったのだが、それでも書いた部分はそれなりにうまくいったようで、そうひどい点数でもなかった。

どう頑張ってもフランス人と同じ速度でついていくことはできないので、自分のリズムで勉強を進めていくしかないみたい…。
[PR]
by chie_miko | 2017-09-20 05:16 | Comments(0)

9月5日(火)   曇り

829日の朝、トルコ航空でParisに帰って来ました。そして昨日月曜日、YaëlCoaching vocalの講座の試験があったので、時差ボケと闘いながらも試験勉強をしており、ブログもままならない状態でした。7月の半ばに講座の集中講義があり、本来ならその時の最後に試験を受けねばならなかったのですが、私はもう日本だったので、やはり都合で集中講義に出席できなかった二人と一緒に追試を受けました。

2月から始まったこの講座、毎回の講義の内容を把握するためには、私の場合、後からネットを通して送られてくる講義の録音を聞いて、それを全部書き起こす作業が必要。聞きながら直接メモを取るなんて、絶対不可能。まずはわからない単語を調べながら書き起こして、それから内容をまとめないと。恐ろしく時間がかかる…。

それでも6月分まではなんとかまとめてあったけれど、7月の集中講義の分がまったく追いつかなくて、今回の試験は6月のところまでしか勉強していなかった。「もうムリ!」って。

まずは追試組3人がそれぞれ短いテクストを読んだり、歌ったりしたのについて、Coachingの観点から短いコメントを書いた。それから7月に試験を受けた9人のビデオを見てコメントを書く。次に問題用紙の人体図(頭部、舌、喉、上半身)を見て、解答用紙に書いてある部位の名前と結び付けていく。

もうここまでで死ぬほど疲れ切って、最後の5つの質問に記述式で答える問題に至ったときには、はっきり言って思考能力ゼロ。「もうダメ。やめた!」

これは中間試験のようなもので、進級試験は11月。果たしてそこまで頑張れるのだろうか…。


[PR]
by chie_miko | 2017-09-06 05:55 | Comments(0)

8月26日(土)

1か月以上も完全放置してしまいました。あまりにも慌ただしくて。万貴は一足先にフランスへ帰りましたが、私はまだ日本にいます。28日の夜の便でParisに帰ります。
[PR]
by chie_miko | 2017-08-26 21:47 | Comments(2)

6月22日(木)   晴れ

今朝、Paris市の警察署へパーマネントの滞在許可書を取りに行って来ました。ヤッター!ついに本物が手に入った!永住権が取れたということで、これで、例えば長期で日本に住んだとしても、いつでもParisに帰って来られる。
昔、10年の滞在許可書がおりたときにも、友人を呼んでFêteをした。今回も是非、Vacances開け、9月にでもFêteをしたいと思います!
[PR]
by chie_miko | 2017-06-23 05:55 | Comments(4)

6月21日(水)   晴れ

先週の金曜日、Bloisに行く電車が恐ろしく遅れた。お・そ・ろ・し・く…。Orléansまで、1時間5分ほどで着くはずが、4時間40分遅れ。機関車部分の故障だそうで。
結局、替わりの機関車が到着するまで待って接続。その後ノロノロ運転でOrléansの手前のLes Aubraisまで。そこで後続のParisからの列車が先に着いて待っていて、乗り換えBloisまで。
今年度、SNCFとはそこそこ上手くいっていたのに、ここにきて一年分一気に来た!って感じ。伴奏員のVéroniqueが、私が着くまでの間、来た生徒と合わせをしていてくれてとても助かった。
そして昨日は、昨年の秋からずっと準備していた、Parisの私の住んでいるAppartementの生前贈与のためのサインを、万貴と一緒に公証人さんのところに行ってした。なんだかんだで準備に結構な時間がかかってしまったが、やっとひとつ片が付いた。
今日はこれから万貴が日本に行くため、空港へ送っていきます。
[PR]
by chie_miko | 2017-06-21 23:33 | Comments(0)

6月13日(火)   晴れ

8日のBloisでのコンサートを終え、10日に稲垣さんが日本に帰られた。やはりこちらでフランス語のものを歌うのは楽しい。HARAWIのように、とても抽象的なテクストでもダイレクトに言葉が伝わっているのが、歌っている側にも伝わってくる。微妙な反応が返ってくるのがうれしい。
8日(木)のコンサートの後、9日(金)は例によって授業。ただでさえ疲れていたのに、夜11時過ぎにParisの家に帰ったときにはもう死にそうだった。(稲垣さんは昼間にBlois観光をして夕方のうちにParisに帰ってきた。)
10日(土)は、まずスーパーで日用品と食料の買い物をしてから稲垣さんを空港に送り、家に帰ってお昼を食べた後、極限に疲れていたけれどこの日しかなかったので、Porte de VersailleでやっていたBioの見本市に行ってきた。どうしてもワインと蜂蜜を買いたかったので。
そんなこんなで11日(日)はゾンビー状態。限界でした…。
[PR]
by chie_miko | 2017-06-14 04:41 | Comments(0)