CHIEKOの無駄口

ブログトップ

5月7日(土)   晴れ

昨日はBloisの授業では休みの生徒が数人いたので、BloisからOrléansまではいつもより1本早い電車に乗れた。と言ってもOrléansからParisまでの電車は、いつも乗るParis行最終の列車しかないので、家に着く時間は変わらない。
それでも、Bloisからの電車に何かがあって遅れることもあるので、早い電車に乗れるときには乗って、先にOrléansまで来てしまう。そしてOrléansでささっとご飯を食べる。
さて昨日。Orléansに着いて、このような時にいつもご飯を食べる駅横の中華レストランに行った。ガ~ン!工事している。単に改装中なのか、お店を閉めたのか…。このあたりは本当に何もなくて、この中華だって決して美味しいわけではなかった。でも、電車を待ちながらささっと食べられるところが他にないから…。
閉まってる…。あたりを見まわしたら、なんと!新しくできた日本レストランが。こういうところの日本レストランはヤバイに決まっている。でも他には何もない。一か八か、入ってみた。
数組フランス人のお客さんが。お店の人たちは例によって日本人ではない。メニューを見ても、お寿司、お刺身、お味噌汁などはあるけれど、結局は中華。意を決して「ちらし寿司セット」を頼んだ。
まずは、ほとんどお味噌の入っていないお味噌汁が出てくる。だってまずはスープだもん。そして野菜サラダ。そしてお刺身の盛り合わせが出てくるはずが、とりあえず生だけど、なんだかよくわからない和え物が出てきた。そしてちらし寿司。ガリがあって、キュウリがあって、鮭と鯛のお刺身が乗っただけのちらし寿司。ご飯も予想通り寿司飯ではなく、普通の白いご飯。お米は…どこのお米かな?とりあえず中華米の感じはしなかったけれど、なんとなく芯のあるような炊き方だった。はっきり言ってまずかった。
なんだかんだ言っても、Parisで食べる日本食はどんなに嘘っぽくても、昔よりはかなりマシになっているように思うけれど、ひとたびParisから離れると、やっぱりまだこんなものなのでしょうね。
困ったなぁ。Orléansで夕食を食べる場所が無くなってしまった…。
[PR]
by chie_miko | 2016-05-08 05:49 | お食事 | Comments(0)